wattoさん後援でヒメネーにサンタ業を依頼した話

※記事の終わりにヒメネーレポを追記しました

去年留学中に力尽きてブログ更新が滞っていたあいだ、留学先の学校主催でセブのある小学校を見学にいった。裸足の子がけっこういて衝撃を受けた。調べてみたら見学費*1として徴収された額の数分の一でサンダルが買える。徴収された見学費は見学者たちの交通費と低学年の子供らへのプレゼント(お菓子と塗り絵と質の悪いクレヨン)になったらしかった。こういっちゃなんだけど、こういう切実なニーズがあるのなら駄菓子と塗り絵より靴や鉛筆をプレゼントしたかった。

 

後日マンツーマンレッスン中にシンという名の若い先生にその話をした。ミンダナオ島出身の彼女は電気の通わない村に住む家族に仕送りをしながら休暇を利用してはセブの孤児院で教師のボランティアをしているという。

f:id:kutabirehateko:20191225232721p:plain

クリスマスに食べ物を配るシン先生

 裸足の子を数えて靴をプレゼントできないかと伝えたところ、先の小学校の先生に連絡をとってくれた。全校生徒中裸足の子は101人。靴よりスリッパ=ビーチサンダルが安い、そしてサンダルはコロンストリートというマーケットで買えば安いだろうという話だった。

 

「でもコロンストリートは危ないから日本人ひとりで行ってはだめ。私が一緒に行く」とシン先生はいった。というわけで、後日二人でジプニーに乗り、コロンストリートで靴屋をほうぼう見てまわり、最後に卸しの靴屋を見つけて101足のサンダルを買った。

f:id:kutabirehateko:20191225231939p:plain

 

f:id:kutabirehateko:20191225232010p:plain

卸売らしき店。セブでは珍しい清潔さ

小学校に入ったばかりの小さな子から大人になりかけの子までさまざまなサイズと色のサンダルを買った。2954ペソ、6000円くらい。空港近くのマッサージ店一回分と同じくらいだった。自分で言い出したこととはいえ、「全校生徒にサンダルを買う」と思うとお金が足りるかどうか心配だったが、101足のビーチサンダルが6000円弱で買えた。

f:id:kutabirehateko:20191225232130p:plain

領収書

サンダルを届けたのは日曜日で学校は休みだった。後日サンダルを受け取った子供たちが神妙な顔で並んでいる写真が何枚も送られてきた。ビーサンの寿命は3か月くらいということだったが、雨季の足元がいくらか快適になればいいなと思った。

f:id:kutabirehateko:20191225233401p:plain

ブログ掲載許可済

 

さて、去年に続いて今年もひとりのクリスマスである。あの子らはどうしておるんじゃろうな。今年はセブにヒメネーこと堀井みきさんが滞在中である。かんどうさん、わたしに続いて一芸留学者として今年の春に3Dアカデミーで学んだヒメネーは秋にセブ島へ移住した。わたしも冬の寒さをセブでしのごうかと考えていたのだけれど、仕事の始末をつけらず、ずぐずぐずしているうちにホリデーシーズンに入ってしまった。こんな飛行機*2が高い時期に移動するのはサラリーマンだけである。

 

フィリピン人にお金を送るのは大変だ。あちらで知り合った先生方になんとか個人送金して英語のレッスンをつけてもらえないかと考えたが、なかなか難しい。でもフィリピン在住の日本人が日本で開いた銀行口座に送金するのは簡単なんですよ。というわけで、ヒメネーに「去年世話になった先生を紹介するので、ビーサン買って小学校に届けてもらえないか」と聞いてみたところ、おまかせあれと快諾してくれたのでひとまず一万円を送った。

 

去年裸足の子供をカウントしてくれた先生にfacebookで再調査を依頼したところ、今年の裸足っ子は175人いるという。セブの物価がどのくらい上がっているかわからないが、一万円では足りないかもしれない。ビーサンもこれだけまとめて買うと重いのでマーケットから山の上の学校まではタクシーを使ってほしい。協力してくださる先生方とヒメネーにもお茶代くらい送りたい。加えてシン先生は現在妊娠中だという。妊娠中だというけれど、結婚したという話はない。これは何にしても物入りなのではなかろうか。やはりあと一万円くらい送った方がいいな。

 

ここでふとわたしはシン先生を知るもう一人のはてなーを思い出した。id:wattoさんである。わたしは留学中、シン先生にamazon wish list の作り方を教えた。シン先生は彼女個人のほしいものリストと彼女が支援する子供たちのためのリストを作った。この話をTwitterで流したところ、はてなあしながおじさんことid:wattoさんが(多額の送料をものともせず)せっせとリストをポチって教科書やらノートやらを送ってくれたそうで、後日彼女から感謝のメッセージが届いたのだった。よし、id:wattoさんにも出産祝いに一枚噛んでもらおう。ということで、はてなでいちばんあしのながいおじさんであるid:wattoさんに連絡した。

 

わたしはシン先生に彼女と赤ちゃんを祝福している人がいると伝えたかった。内訳を伝える必要はないので金額はどうでもよかった。マニラの日給が1800円くらいと聞いているので、千円くらいご祝儀を出してくれたらいいなと思った。しかしやはりはてなでいちばんあしのながいおじさんはそのくらいでは妊娠出産とその後の暮らしに足りないと思ったのか、だいぶ予想を上回る額を振り込んでくれた。おかげで175足のビーサン、行きのジプニー代、帰りのタクシー代と重いサンダルを運んでくれた運転手へのチップ、カウント係の先生へのクリスマスボーナス、ヒメネーと買い物班がジョリビーでお茶をする代金、諸所手数料しめて7500ペソ(約15000円)をカバーしてなおセブでは十分な出産祝いを用意することができた。

f:id:kutabirehateko:20191225234648j:plain

ちなみにヒメネーにはサンタ代行代として先生方と同額の謝礼を提案したが、それはシン先生のお祝いにしたいと受け取ってくれなかった。それどころか先生方へのクリスマスボーナスを手書きのメッセージカードとともにデコった封筒にいれて渡すというサンタぶりを発揮してくれた。幸あれ。

 

画像はヒメネーがいろいろ撮ってくれたと思うので、機会があればヒメネーのブログの方で公開されると思う。

f:id:kutabirehateko:20191226001552j:plain

ブログ掲載許可済なすっぴん

 

「長い話になるからいつか時間があるときに書こう」と考えているあいだに一年過ぎてしまった。なるべく簡潔に起きたことだけ手短にと思って書きました。ひとりのクリスマスではあったが遠い南の島で「ビーサンやったー!イェーイ!」と小躍りする子供らがおるんやったら生きとってよかったよな。メリー・クリスマス。世界に平安と喜びがありますように。

 

ヒメネーのレポートはこちら

ameblo.jp

*1:確か600ペソ=約1200円

*2:「このご時世に個人の娯楽で飛行機乗っていいのか?!」と考えあぐねているあいだにホリデーシーズンに入ってしまったところもある。