サウナ通いと水風呂でクーラーをつけずに若返って夏をこえた話

一人暮らしになって文句なしによかったことがひとつだけある。クーラーをつけなくていいということだ。

 

表面積が大きく血肉の乏しい身体にとってクーラーの冷気は天敵である。ぬるま湯から徐々に茹でられた蛙は熱さに鈍く煮えるまで鍋から飛び出さないというが、クーラーで徐々に冷やされた身体もまた致命的な寒さにおちいるまで危機を感じないのか、気がついたときには凍えきっている。

 

わたしはクーラーで凍えるくらいなら暑さにやられて伸びている方が楽だが、もちおは汗かきの暑がりだったので夏場はいつも揉めた。別々の部屋で過ごせばいいのだけれど、妻と別々の部屋で眠ることはもちおにとって暑さ同様我慢できないことだった。

 

そのようなわけで毎年夏になるとクーラーの扱いが悩みの種だった。しかし今年は誰にはばかることなく自分の裁量でクーラーを自由にできる。そしてわたしはこの夏サウナデビューを果たしたのだった。

 

仕事を根詰めて7月に一度倒れて気弱になっていたところにサウナ狂いの友人の熱心な布教にほだされ、藁にもすがる思いで応じたのがきっかけ。以来一日置きにサウナへ通っている。

 

タナカカツキの「サ道」はもちろん、現在はまんきつとペンネームを改めたまんしゅうきつこの「遊湯ワンダーランド」も全巻読んだ。車にはサウナセット、スマホケースには回数券、webではサウナコミュニティにも入り、出張では周辺のサウナ施設を調べて宿を取る。

 

わたしはサウナが大嫌いだった。入浴施設のサウナは横目で見るのみで入りたいと思ったことがない。サウナは熱くて不愉快、水風呂は冷たいから不愉快である。露天風呂の横に置かれた寝椅子に横たわる人を見ると「よく寒くないな」とおもった。表面積が大きく血肉は不足した身体にとって熱が奪われる行為はすべて敵である。


サウナに先立つこと3年前、わたしはもちおの闘病生活に伴走して温泉通いをはじめたときから温冷浴を実行していた。これはもちおに対する義理でわたしにとって温冷浴は楽しいものではなかった。血肉の不足した冷えやすい身体をせっかく温まったところで強制的に冷やすなんて不愉快極まりない。これは苦行である。苦行と願掛けは相性がいいが、もちお亡き後ただでさえ辛い日々にどうしていまさら苦行に励まなければまならないのか。

 

そのようなわけでかれこれ半年サウナ狂いの友人から「サウナ最高」「サウナのあとの水風呂は至高」「サウナ、水風呂のあとに外気浴をすると大麻をキメたときのような快感がある」と毎週のように聞かされてもわたしの心は動かなかった。

 

この友人は元々サウナ好きで休みになるとスーパー銭湯へいって半日過ごすのが趣味だった。だが今年に入ってタナカカツキの「サ道」でサウナの入り方を学び、名店と呼ばれるサウナで俗に言う「整った」状態を経験してから熱の入り様が凄まじくなった。サウナに溺れ、依存し、サウナへの渇望はもはや中毒症状を呈しており、仕事でもプライベートでも事あるごとに会う人、会う人「サウナへ行け」「『サ道』を読め」と布教活動を行っていた。

 

わたしはその都度「おまえは元々サウナ好きだから楽しいだろうけど、こちとら身が薄くて熱さ寒さは堪えるんだよ、読ませたいなら本を送れよ」と受け流してきたが友人は改宗の希望を捨てない。しつこい。何を言っても二言目には「サウナへいけ」とくる。やだね。


しかし7月のある日、わたしは寝不足で根詰めて仕事をしてひどい目眩に襲われ、あまりの気分の悪さに「ここで一人で死ぬのかな」と思いながら夜を過ごした。一晩で2キロ痩せたことに愕然とした朝、原始キリスト教さながらここぞとばかりにサウナをすすめてくる友人の言葉にわたしははじめて心を動かされた。駄目元で試してみよう。もう二度とあんな怖い目にあいたくない。

 

結論からいうと二度目で水風呂の辛さは和らぎ、三度目でハマって足が遠のいていたジムを退会した。サウナには虚弱な寡婦ライフに寄与するメリットがいくつもあった。


サウナの辛さは我慢ではなく入り方で解消された。タナカカツキがサ道で解説しているようにサウナ→水風呂→外気浴の順番を押さえて無理せずまわれば苦しくない。頭が熱くなると苦しいのでサウナでは頭をタオルや手拭いで覆う。それ専用のサウナハットというフェルト帽子もある。

 

上段は熱いので苦しければ下段に座る。慣れるまで水風呂は一瞬でいい。外気浴で休んでくつろぎながらまわる。ちなみに外気浴中は「整った」状態が訪れやすい。

 

さて、わたしは昨年末に深夜の寂しさに耐えかねて24時間営業のジムに入った。真夜中一人きりの家がつらくて人のいるところへいきたかった。顔見知りが出来ればなお嬉しい。

 

しかしジムに来るのは基本的に寡黙でいかついおっさんばかりで22時をまわるとスタッフもいない。緊急事態に備えてセキュリティブザーを下げて利用するよう提案されているが、深夜ひとりでトレーニングをするのは緊張感がある。更衣室やシャワー室の作りも防犯上やや問題があった。

 

一方サウナは深夜営業しているスーパー銭湯の中にあり、営業時間中は必ずスタッフがいて館内を巡回している。利用者は老若男女、家族連れ、友達同士、カップルと多種多様で女一人で出入りしても目立たない。もちろん女湯には全裸丸腰の女性しかいない。深夜のジムとは安心感が違う。

 

またジムではパーソナルトレーナーから有酸素運動を控えるように言われていた。軽い運動や有酸素運動は減量のもとなので、増量と体力向上を目指すわたしは負荷の高い筋トレを中心にメニューを組まれていた。

 

ところがサウナはじっとしているだけで心肺機能が強まり、有酸素運動と同様の効果があるのに痩せない。筋肉痛にもならないのであとで悪夢を見たり気が滅入ったりもしない。もちろんじっとしているだけでは筋トレにもならないが、サウナが空いているときはホットヨガのようにサウナの中でスクワットなど負荷の高いトレーニングを試すこともできる。これは温泉の湯船にはないメリットだ。

 

予想外だったのは十年来のシミが一ヶ月で目に見えて薄くなったことだ。調べてみるとサウナは代謝を上げ、メラニンの排出を促すとあるが真皮に沈着したシミは消えないと聞く。しかしかれこれ十年以上目鼻とともに顔の定位置を陣取っていた5ミリほどのシミが目を疑うレベルでどんどん薄くなっていく。

 

またサウナ上がりの顔は頬も口元もキュッと上がって顔全体が引き締まる。わたしは昔からまぶたが重く、いずれ祖父のように眼瞼下垂手術を受けなければならないかもしれないと考えてきたが、サウナ上がりはお目々ぱっちり、まぶたを開けても額に皺が寄らない。

 

とくに極冷浴と呼ばれる10度以下の水風呂があるサウナではアンチエイジング効果が目覚ましい。毛穴は消えてなくなり、頭皮の引き締め効果か輪郭も違う。

 

そしてもちろん熱さ&暑さ、寒さ&冷たさに対する受容力がめざましく向上する。「サウナは熱いから嫌い、水風呂は冷たいから嫌い、外気浴は寒いから嫌い」だったのに、サウナに順応してくると「サウナは暖かくて気持ちいい、水風呂は冷たくて気持ちいい、外気浴は涼しくて最高」になる。

 

これが高じて自宅でも「夏は暑い→水風呂が気持ちよくてうれしい」「水風呂冷たい→風呂上がりの脱力感が楽しみ」となり、汗をかいては一日に何度も水風呂に入り、上から下まで着替えてさっぱりするという暮らしになった。脱いだ衣類は外気浴がてら残り湯(水)で手洗いする。夏の薄物はすぐに乾く。電気代はもちろん洗剤も水も節約できてエコである。そしてついに一度もクーラーをつけずに夏が終わった。

 

クーラーなし生活を送っていると話すと当然ながら熱中症を心配された。拘束時間の長い都心部での外仕事では自殺行為だが、緑を渡る風が吹く地方の自宅仕事で好きなときに水風呂に入れるなら話は別である。盛夏の熱帯夜はややキツかったが捨て時を逃した保冷剤の山をふんだんに活用してまずまず快適に過ごした。

 

近所のスパ銭はサウナ込みの入湯料が回数券利用で一回500円。一日置きに通って一月7000円。ちょうどジムの月会費と同じくらいだ。またクーラーのための電気代と自宅の風呂を沸かすガス代のための光熱費とトントンくらいではないかと思う。

 

ジムにはないサウナのいいところは泣いていても注目されないということだ。

わたしは露天風呂脇の寝椅子で休むときによく泣いている。

夜の露天風呂はいい感じに暗いし、化粧は落としてあるし、汗だろうが涙だろうが顔が濡れている人に誰も注目しない。

整い気味で心が和らぐといろいろな思いが胸に去来して泣いてしまう。

戸を閉じて隣家に気を使いながら自宅で声を殺してひとりきりで泣くより、裸の女性たちが無防備にくつろぐなか星を見上げて裸で泣く方が悲壮感が薄く、日常感があっていい。

 

ひとしきり泣いたらバシャバシャ顔を洗って手ぬぐいで拭いてまたサウナに入って暖まる。ギリギリまで熱くなったら水浴びをして水風呂に入る。終わりのない脳内会議のやかましさが止み「熱い」「冷たい」「気持ちいい」で収束する。

 

心と体にサウナはいい。超おすすめ。