夫を亡くしてセブ島に留学することになった その8 セブ島留学メリット&デメリット

f:id:kutabirehateko:20181109013808p:plain

 

セブ島留学のメリット

渡航費、学費、生活費ともに費用が安い

四週間のホテル代、食費、洗濯と掃除含めて学費は114,000円から。*1教材費その他現地で支払う諸経費が3万円ほど。これに旅行保険と渡航費がかかる。わたしたちは今回チェジュ航空を使ったが、福岡から釜山経由でセブ島まで二人分往復で4万1990円だった。直行便は10万前後で、成田から7万円という人もいた。

 

母の旅行保険は一万円ほど。*2総額約175000円。*3食事をすべて学校で済ませればこれ以上お金はかからない。学校主催のアクティビティ(観光ツアーのようなもの)は日本円にして一回6千円前後なので、現地で遊ぶお金やお土産代を入れても総額20万円前後で済む。

 

そうはいっても20万円は大きい気がすると思うが、日本でホテルなりドミトリーなりに長期滞在して食事をすべて外食で済ませてごらんなさい。とてもこんな額では納まりませんよ。これに週中毎日英会話がついてくるんですからね。

 

また3Dアカデミーには学費が免除になる一芸留学枠がある。今回わたしはこの一芸留学でブロガーとして参加したが、同期にはドローンの操縦者として参加している人がいる。我こそはと思う一芸保持者はぜひチャレンジしてほしい。

一芸留学 | フィリピン留学 セブ島留学 3D ACADEMY

 

長期滞在手続きが簡単

費用が安いので長期滞在がしやすい。VISAの延長手続きも簡単。3Dアカデミーではスタッフが手続きをサポートしてくれるので、長期滞在者も多い。途中一度出国するとお得に海外旅行ができるらしく、セブ島からタイへ旅行に出たりするのだとか。

 

マンツーマンレッスン枠が多い

f:id:kutabirehateko:20181110105738p:plain

これはフィリピン留学の特徴のひとつらしい。講師はでたらめ英語を上手く拾って会話を膨らませてくれるプロで、英語に自信がなくても心配はいらない。これは断言できる。電子辞書を使ったり、スマートフォンを持ち込んで翻訳サイトに丸投げしたりしながら会話を続けることもできる。聞き取りやすいようにゆっくりはっきり発音してくれる。アットホームで超ゆるい。

 

実力のある教師を選べる

英語圏に育ったというだけで英会話講師に採用される白人と違って、フィリピン人が英語講師の座をつかむには厳しく熾烈な戦いがある。彼らの多くは語学力を頼りに地方から都心部へやってきたハードワーカーで、家族への送金など切実に資金を必要とする理由がある。講師はみな笑顔をたやさず柔和な応対をしてくれるけれど、語学についてはきちんとした基準をクリアしているエリートばかりだ。

 

わたしたち親子は3Dアカデミーの講師紹介ページで紹介されているRyleneとRonaldのグループレッスンを受けている。Ryleneは2分に一度のペースで生徒を笑わせながら毎回比較的難しい社会問題を早口で提示して受講者全員に意見を求める。そして難しい単語で自分の考えをすらすら言える生徒の意見も、話がよく飲み込めない生徒の意見も真剣に耳を傾け「つまりあなたの意見は」とごく自然に平易な表現に言い直してグループで共有できるようにしてくれる。母はRylenaの大ファンである。

 

元学校教師であるRonald はこの学校では珍しくでたらめ英語の文法や発音をひとつひとつ丁寧にボードに書き出して正しい発音や文法に直してくる。身振り手振り話し方のすべてが完成されたオネエなので、厳しい踊りの先生に型を習っているような気持になる。そして二人とも話が佳境に入っているときでも「what it mean?」と尋ねるとその場で質問に答えてくれる。

講師紹介 | フィリピン留学 セブ島留学 3D ACADEMY

 

日本人差別がない

 差別がないことに気づかないレベルで差別がない。脇の甘いツーリストが狙われるのは万国共通だけれど、「どうせ日本人だから英語しゃべれないんでしょ」という態度をとられることもないし、街に出て差別語で揶揄されることもない。どちらかといえば日本人が思い上がって調子に乗らないように気を付けなければならない。

 

3Dアカデミーの強み

3d-universal.com

日本人スタッフによるきめ細やかなサポート

「留学中は英語以外使わない覚悟でいけ」と兄がいってきたが、3Dアカデミースタッフの大半は日本人である。校内にいる限り日本人が困るようなことはほとんどないと思っていい。*4

 

空港に迎えにきてくれたのは日本人スタッフで、母が学校のオフィスで訪問医の診察を受けときも日本人スタッフが通訳をしてくれた。母の旅行保険をプリントアウトしそびれてきてしまったが、これもスタッフが転送したメールをプリントアウトしてくれた。

 

こうしたちょっとした問題を英語で説明して解決するのはいい勉強になるけれど、身体が弱っているときや混乱しているときに日本人スタッフが助けてくれるのはありがたい。わたしは現地スタッフがなかなか持ってきてくれないドライヤーを日本人スタッフから個人的に貸していただいてとても助かったし、英語の教材を買うときも意見を聞かせていただいて参考になった。


日本人に馴染み深い味付けの食事が三食出る

f:id:kutabirehateko:20181109013339p:plain

食堂で提供される食事は日本食か、日本食風にアレンジされた多国籍料理である。友人が味噌汁を持たせてくれたが、味噌汁も出る。野菜が多く、ご飯もよそり放題でお腹いっぱい食べられる。昼には南国フルーツが出るので楽しみだ。激辛、激甘、激酸っぱいものは出ない。あまりに日本食なので現地料理を楽しみにしていた友人が画像をみてがっかりしている。

食事 | フィリピン留学 セブ島留学 3D ACADEMY

 

掃除、洗濯など授業以外のケアが手厚い

目が覚めたら着替えて食堂へいって、朝食を食べたら学校へ、終わったらダッシュで食堂で昼食、部屋に戻って昼寝をしたら午後の授業、終わったらダッシュで食堂で夕食。週に二日は部屋に戻れば掃除が終わり、洗濯物が戻ってきている。買い物もせず、料理もせず、掃除も洗濯もせず「お腹空いたね、今日のご飯はなんだろね」と勉強だけやっていればいい環境がどれほど素晴らしいかは家政をあずかる人以外にはわからないかもしれない。控え目にいって最高。

 

校内、寮内、ホテル内でwi-fi常時接続無料

Amazonで従量課金のGlocal wi-fiを買ったが、学校とホテルにいればほとんど使わずに済む。海外で安定したネット接続ができるのはとてもありがたい。校内にある常時接続の学習室も無料で利用できる。こうしてブログも書けるし、仕事のメールもチェックできるし、授業中にGoogle 翻訳も使える。ホテルにも学校が提供してくれているwi-fiがあるのがすばらしい。

 

校内、寮内、ホテル内でミネラルウォーターが無料

寮になっているホテルと校内には各所にウォーターサーバーがあり、24時間冷水と熱湯が出る。水道水はとても飲めないし、毎回ペットボトルを買うのは環境負荷の点からみても気が重いのでこれは助かる。部屋での調理は禁止だけれど、カップ麺なら食べられる。

 

長期滞在に必要な施設が徒歩圏内に揃っている

銀行、ATM、両替所、モバイルフォンショップ、スーパーマーケット、コンビニエンスストア、ショッピングモールがすべて徒歩圏内にある。スーパーマーケットにはちょっとした衣類やリネン類、家電品もある。見かけないのは郵便局ぐらいだけれど、わたしが知らないだけで調べたらあるのかも。

 

お楽しみ施設も徒歩圏内に揃っている

ファミレス、各種レストラン、カフェ、バー、ジューススタンド、アイススタンド、花屋、ネットカフェ、屋台、そして博多ラーメンなどすべて徒歩圏内にある。ロケーションに期待しなければ徒歩圏内でのお楽しみは完結する。タクシーで少し遠出すれば高層ビルの最上階とか砂浜と水平線とかイルミネーションに彩られた公園とかを眺めることも可能。

 

無料のフィジカルトレーニングメニューが豊富

f:id:kutabirehateko:20181110111930p:plain

3Dアカデミーは学校隣のモールにある一式揃ったマシンジムと契約を結んでおり、生徒はこれを無料で利用できる。また校内には卓球台、屋上にはバスケットコートがあり、夕方開催されるヨガやズンバのクラスを無料で利用できる。

f:id:kutabirehateko:20181110113400p:plain

格安フィリピン留学で人気の『3D アカデミー』徹底取材内容まとめより

学校まわりはウォーキングに不向きな環境だけれど、身体を動かしたければ校内でできることがたくさんある。参加希望者はトレーニングウェアとシューズを持参することとあったので張り切って持ってきたが、まだ一度も参加していない。学校終わったら寝たい。

ç¡æãªãã·ã§ãã«ã¯ã©ã¹ï¼ã¨ã¬ï¼

近々他校も交えてバスケットの試合をやるらしい。バスケットボールの試合に出る台湾人の生徒は前日友達と車を借りて登山をするといっていた。まぶしい。

 

週末・週中ごとのバラエティー豊かなアクティビティ

f:id:kutabirehateko:20181105214412p:plain

ジンベイザメと泳いだり、島を訪ねたり、小学校へボランティアにいったりと週末ごとにさまざまなイベントがある。参加費は3000~4000ペソ。約6000円~8000円と一般のツアーより安いし、日本人スタッフが同行するのでひとりで留学してきた生徒でも学校のサポートで安全に観光ができる。

f:id:kutabirehateko:20181110112524p:plain

ボランティアで田舎の村を訪ねるツアーは参加費400ペソ。約800円である。

 

週中には一芸留学生による講座も開かれる。先週はビジネスセミナーで、今週はドローンの操作を学ぶクラスが開かれる。英語で講座ができるなら誰でも挑戦できるので、開催する側として参加することもできる。

 

セブ島留学のデメリット

授業の指針となる課題がない

これもフィリピン留学の特徴らしい。フィリピンでも韓国人が経営する英語学校は進学校のような厳しいカリキュラムが組まれていると聞くが、他はどこも受け身な生徒には全般的にゆるいようだ。マンツーマンレッスンが顕著な例だけれど、講師は授業の課題を決めてこない。受け身でボケっとしていると1コマ50分を雑談で終えることになる。楽しいけれど英語力が上がるかといったら微妙なところだ。「彼女はいるかとかプライベートな話ばかりで、正直授業料を払う価値があるのか疑問に思う」といっている生徒もいた。

 

しかし母はこの雑談をずいぶん楽しんでいるようだ。講師は英語しか話さないし、母の日本語は通じないので何が何でも英語で話すしかない。その英語がちゃんと通じる、講師の話の意味がわかることが母にとっては大きな収穫である。授業を終えるとあれこれノートに英語でメモしている。

 

わたしは仕事で使う会話をでたらめ英語で提示して、webやkindleで英語の資料を拾いながら言いたいことを講師に伝えている。こちらが言いたいことを講師が十分理解したらそれを正しい言い回しに直してもらい、それをメモしてロールプレイをする。午前中に4人の講師をまわるので、前の講師と作ったメモをもとに次の講師のところでロールプレイをして、続きの部分を作る。つまりマンツーマンレッスンを個人用のビジネス英会話の作成に充てている。

 

しかしこのやり方だと文法など根本的なことが学べないのがネックで、英語を学びにきているのに「言いたいことが話せるように英語を学びたい」と本末転倒ないら立ちを覚えるようになった。グループレッスンの講師のひとりが元高校教師で、唯一文法に力をいれる授業をしていたので、今日彼におすすめのテキストを教えてもらって買った。明日からはこれもマンツーマンレッスンで課題にしていきたいと思う。

 

生徒、講師とも国籍に偏りがある

おそらく8割が日本人なので食堂にいると日本語ばかり聞こえてきて日本にいるとしか思えない。安心できる要素でもあるけれど、多国籍の交流を持つという点ではフィリピン留学は弱い。よく知られているように日本人は一度グループになるとメンバーを固定する傾向があるようで、同室、同期入学、同郷、同世代でグループを作るとそこから抜け出すのは難しい。

 

しかし親元を離れたばかりの若者が異国で不安と興奮を抱いて集まれば群れるのは無理もない。合宿免許の寮と似たような雰囲気である。幾多のロマンスとドラマが生まれては消えているに違いない。

 

ちなみに「日本人は日本人同士で群れたがるけれど、それでは英語が上達しない。私は絶対に日本人と群れない」と熱く語っていた母は片時も離れず娘のそばにいる。

 

深刻な環境汚染

f:id:kutabirehateko:20181109014121p:plain

水はとても飲めないし、マスクをせずに往来を歩くと排気ガスで舌が痛くなる。喉を痛めているスタッフや講師は多い。わたしはホテルに戻ったら毎日鼻うがいをしている。

 

公共交通機関の利用が難しい

現地の人々の通勤通学を含めて移動はほとんど車かバイクで、電車やバスをみかけない。公共交通機関を乗り継いで遠出するのが好きな母は学校とホテルの往復に専念している。

 

風呂に浸かれる場所がほとんどない

f:id:kutabirehateko:20181109013452p:plain

蒸し暑い島なので身体がむくむ。こんなに風呂に浸かりたいと思ったのは人生ではじめてだ。しかしセブ島にはバスタブのあるホテルがほとんどない。セブ市内に銭湯もあるらしいけど、混浴だそうです。水着を持ってきたのでいってみようかと思ったが、こちらが水着を着ていてもおっさんらがふるちんだったらそれもくつろげないなと思ってやめた。

 

聞くところによると日本人が経営するホテルには数少ないバスタブがあるそうで、最近できた東横インには東横イン方式の、あの例のバスタブがあるそうです。風呂に入るためだけに東横インへいこうかと思うくらい、風呂に入りたい。バケツに電気ポットで湯を張って足を付けてしのいでいる。ちなみにT’shi Hotel にはシャワーホースもない。

 

エアコンがうるさい

調べてみるとセブ島のエアコンのやかましさは世界的に有名なようで、エアコンをつけっぱなしで暮らすのはかなりしんどいと思う。しかし窓を開けると排気ガスもすごいしデング熱を媒介する蚊が入ってくるので風を通すわけにもいかない。自宅ではいつも窓をあけて暮らしているので窓が開けられないのもつらい。

 

わたしは暑さに強いのでほとんどエアコンをつけない。暑がりな人はセブの暑さはきついだろうし、微調整の利かないエアコンをゴンゴンつけて騒音に耐えるのはつらいと思う。ちなみに東横インセブ島で唯一の静音エアコンだそうです。さすがの東横クオリティ。

 

3Dアカデミーのデメリット

校内に段差が多く、エレベーターがない

昭和20年生まれの母は娘より健脚だけれど、学校周辺は道路状況が悪く、はじめの数日は思わぬ段差に足を取られて危なかった。これに加えて校舎は4階建てでエレベーターがない。わたしたちが授業を受ける教室はたまたますべて二階だったが、食堂は四階にあり、一日三回階段を上り下りしなければならない。食堂棟にはエレベーターがあるのだけれど、生徒は利用禁止なようだ。我々にはいい運動になるが、車椅子利用者など足腰にハンディがある人には厳しい。

 

騒音が激しい

f:id:kutabirehateko:20181109013251p:plain

都心部にあるので利便性には優れているが、往来が激しく一晩中静かになる時間がない。スコットランドから来た講師は眉をしかめて「この国に静寂はない。私は毎晩イヤフォンでヒーリングミュージックを聞いて寝ている」といっていた。言うまでもないけれど、この国にも静寂はある。しかしセブ市は眠らない町のひとつみたいだ。

 

母は「うるさくて眠れない」と訪問医に睡眠導入剤を出してもらった。しかし母はもうずっと福岡でも眠れないのだ。わたしは毎晩ぐっすり眠っている。ブログを書いたりあれこれやるので寝るのが遅いのが悩み。もっと長時間眠りたい。

 

若者が騒がしい

平均年齢20代前半でみな解放感と興奮と不安を抱えているので校内は常時学園祭状態。食堂がやかましすぎて向かい合って話をするのが難しく、いつも母と並んで座っているが、それでもしばしば母の声が聞き取れない。気になる人に近づいて静かに話すどころではない。

 

4人部屋、6人部屋では生活リズムや騒音の感覚がちがう生徒と同室になるといろいろ厳しく、同室メンバーで仲良くやれても夜に廊下で騒ぐ生徒がいたりと大変なのだそう。とはいえ騒いでいる側にとってはこのゆるく楽しいお泊り合宿気分こそこの学校の最大のメリットなのだろうから一概にデメリットとはいえない。大人はさっさと退散して一人部屋に籠って寝る。

 

徒歩圏内に名所旧跡・観光地がない

「海沿いでビーチがあると思った」とロシア人の生徒ががっかりしていた。セブ島といえば白い雲、青い海というイメージがあるが、空港があるマクタン島まで車で40分。事前にGoogle map で確認すればわかるが、学校の近くに名所旧跡はない。観光したければ週末のアクティビティに参加する。自力でいくならタクシーを使う。タクシーを使えば大きなショッピングモールはあるそうで、ITパークというところへいくとかんどーさんが開いたたこ焼き屋さんもあると3Dアカデミー社長の森田さんがおっしゃっていました。

 

けどまあ授業を三日受けてみて思うのは、青い海と白い雲はなくても勉強はできるし、生活するには困らないということである。わたしの住まいは福岡の端っこでとくに景観のいいところではない。それでも徒歩圏内に郵便局とバス停と駅とスーパーマーケット、ATMとコンビニがあるので生活するには便利なところだ。3Dアカデミーは観光ホテルではなく長期滞在者向けの学校なのだ。

 

いまの感想

3Dアカデミーは手元不如意で英語がおぼつかない日本人がはじめて長期滞在するにはとても便利なところである。授業がはじまり、英語学習に焦点があたってくるとそれがよくわかった。

 

しかし観光目的で訪れるには不向きである。またTOEICスコアを上げるなど特定の目的がなく、学習プランがない人にもフィリピン留学は不親切なところがある。費用がさほど変わらないマレーシアなんかは課題に沿ってちゃんちゃん進んでいくらしい。ただ3Dアカデミーでは学習プランの立て方もスタッフに日本語で相談できるんじゃなかろうか。

 

母もわたしも疲れてしまって、今日から授業を一コマ減らしてもらった。柔軟な対応をしてくれるのがこの学校のいいところだと思う。事前でも、入学してからでも、いろいろ相談してみるといいよね。せっかくの機会だから。それじゃおやすみなさい。

*1:母はわたしの紹介で1割引き適用で総額189000円。T'say Hotel一人部屋ELSコースは4週間で195,000円。シャワーホースがあり学校に近いHotel Prestigioの一人部屋ELSコース4週間は22万円。内部寮6人部屋が最も安く114,000円。詳しくはこちら。紹介者割引を受けたい方はコメント欄にメッセージをください。

*2:わたしは旅行保険をカード付帯のものにしたので追加はない。

*3:六人部屋4週間、ELSコース

*4:ちなみに二番目に多いのはフィリピン人、三番目は台湾人のようだ。