反差別はマイノリティを代弁するものではない

f:id:kutabirehateko:20141123155837j:plain

PCのファイルを整理していたらメモが出てきた。何をきっかけにいつ書いたのかわからないけれど、ここに残しておく。

----------------

 反差別=マイノリティの代弁者と思い込んでいる人のことを書いた。こういう人はしばしば特定の問題を批判する意見に対して「おまえの意見は当事者の意見を反映していない、おまえの行為は自己満足だ」と文句をいう。

 

実際には「勝手に当事者の意見を代弁するな」といってくるのは大抵自分も部外者である人間なのだけれど、「自分は部外者であるからこそ沈黙を守ることでマイノリティを尊重しておるのだ」とヘイトの野放しを正当化する。

 

「差別やヘイトに対しては部外者ではなくマイノリティ自身が中心となって発言すべきだ」という意見は一聞に値するように見えるが、マジョリティの蹂躙を受けているマイノリティに「おまえが立ち上がったら聞いてやってもいい、周りは加勢するな」というのは圧倒的に不利な立場からマジョリティを説得しろという無茶苦茶な話だ。

 

また当該の問題の当事者である人物が「おまえの意見は当事者である自分の意見を反映してない、自分の意見が反映されていない以上おまえの意見はマイノリティを代弁するものではない」といってくることもある。「私は女だけどこれが女性差別だと思わない、勝手に決めつけないで」「自分は○○民族だが、この政策は差別ではないと思う。部外者が自分に都合のいい意見ばかり拾うな」という具合だ。

 

これも一考の余地がありそうに見えるが、マイノリティとして属性を共有する者同士で意見がすべて一致することなど当然ありえない。「自分という例外がある以上おまえの意見は完全ではない」とは何も言っていないも同然である。

 

そもそも人権を尊重するとはマイノリティの意見を代弁することでも、マイノリティを保護することではもない。「女はみんな死ね」と思う女性の存在をもって女性の殺害をよしとすることはできないし、自国の破滅を歓迎する国民の存在がその国を蹂躙することを正当化するわけでもない。

 

あらゆる人権問題は究極的には弱者の救済と保護を目的とするものではなく、すべての人の人権を回復させることにある。前述の話とよく似た勘違いで反差別=博愛主義者だと思っている人がいて、「博愛主義者を名乗るならこれも愛せ、あれを否定するな、出来ないならおまえの言動は矛盾している」と決定的な証拠を見つけた名探偵コナンのようにいってくることがある。

 

わたしは差別に反対しているのであって、マイノリティの味方でもないし、博愛主義者でもない。当たり前のことだけれど、人として味方になれるかどうか個人的に気が合うかどうかによるのであって、何らかの点でマイノリティである、弱者であることをもって自動的に味方になるわけではない。個人的な愛情はもっぱらもちおにそそぐので他の人を同じように愛することはできないし、そうする気もない。「マジョリティの味方」でもなければ「偏愛主義者」であるわけでもないのと同じだ。

 

差別に反対するのは自分も含めたあらゆる人の人権が尊重される社会を求めているからであって、猫好きが猫を求めるように条件に合致するマイノリティを無差別に保護し、救済することを求めているわけではない。

 

実際そのような態度で自分を保護し、救済しようとする人物をありがたく思うのは病床と貧苦に喘いでいるときくらいで、たいていの人は個人的な繋がりのある親密な相手以外には干渉されず放っておいてほしいと思うはずだ。

 

しかし差別は個人が静かに暮らすことをゆるさない。

 

人は誰でも意に沿わない意見に反対し、ときにムカつく相手に罵詈雑言を吐き、抵抗し、自分の力で立ち上がり、自由に生きる権利がある。しかし差別はマイノリティにとって何がいいことかをマジョリティが決め、対等な関係であることを認めない。マイノリティの抵抗を個人間の揉め事と暴言の押収に矮小化し、マジョリティの差別を合理化する。

 

こうした状況にわたしはわたし個人の信念と信条をもって反対する。修道女のように行儀よく上品まじめに生きるためではない。