ドアがほしくて舅頼み

仕事場のワンルームは玄関から部屋までひとつづきなので寒い。ドアがほしい。

検索すると枠を作ってポリカーボネイトをはめて引き戸を作る方法が出てくる。

お義父さん、作ってくんないかな。

いや、さすがにそれは図々しいか。

じゃあ本棚の天板を長くして、カーテンレールをつけてもらおう。

 

と、先週思い立ち、舅を招いて「ここをこうして、ああして」と頼んでみました。

高速2時間、下道3時間強の距離ですが、今日持ってきてくれる予定。

 

舅は相変わらずむすっとして嫁と目を合わせない。

わたしと舅は主に図面を通して、また助手席と後部座席で会話をする。

食事を出しても、食べに連れて行っても何もいわない。

お茶でもお酒でもタオルでも「どうぞ」といえば

「あー、すいませんね」と伏し目がちに受け取る。

 

「お義父さん、美味しいですか」

「美味しいとか、美味しくないとか、わからない」

「不味いのはわかりますか」

「不味いのはすぐわかる」

「じゃあ不味くなかったら美味しいんですね」

「美味しいのはわからない」

「これ、不味いですか」

「不味くなない」

「じゃあ美味しいんですね」

「量が少ない」

 

もっとほしいのか。

 

焼酎すきの舅にとっておきの焼酎を出すと「どこがいいのか」と小馬鹿にする。

「親父、これ美味いだろ?」

「俺は美味いかどうかなんてどうでもいいんだ」

「なんだ、せっかく用意しったのに」

 

「はてこさん、もちおがもうやめとけっていうんだけど、おかわりないですか」

「お義父さん、味がわからないっていったじゃないですか」

「いやー、味はわからない」

ツンデレか。

 

義父工房は仕事が早いけれどなかなか打ち合わせ通りにいかない。

「こう使うのでここをこうしてください」

と頼んでも、ちょっと目を離すと作りやすいように仕様変更しようとする。

「そこ違います」というと

「ここはこうするって話したけど?」と強引に通そうとする。

両者一歩も引かず、もちおはいたって呑気にほかのことをしている。

 

先週、舅は息子のために自作した書棚と作業机に囲まれた書斎に泊まって寝た。

舅ともちおは夜通し楽しく飲んでいた。

目が覚めると舅はいなかった。早朝下道でとことこ帰ったようだった。

 

夕方「はてこさん、すぐ親父に電話して」ともちおから電話があった。

「親父が『棚はすきにつけるからな』っていってる」

電話すると時すでに遅し、あれだけ話したのに舅は勝手に仕様変更していた。

ガッデム。

 

予算を伝えていなかったので、今日は謝礼含めて総額いくらになるか、ちょっと心配している。前回書斎作成で渡した謝礼は、一万円だけ受け取って、あとは姑に渡してしまったそうだ。

 

仕事場へ向かう道を舅と二人で歩きながら

「もちおさん、よくなって本当によかったですよ」

といったら

「うーん」

と短く返事した。

鼻を鳴らす犬のような、疲労と深い安堵と感謝の籠った雄弁なうーん、だった。

 

kutabirehateko

今日のダンナ CommentsAdd Starpoolame26Mmc

故郷から訪ねてきた父と書斎で飲み明かす。

「楽しい?」
「うん、オヤジと話あうわ。かみさん大好きで面白くて」

仲良し親子でうらやましい。

 

 

kutabirehateko.hateblo.jp