読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「グラフィックボードをオーブンで修理する」をヒートガンで代用した話

最近めっきり書斎から出てこないもちやまさん。仕事で使うアプリの開発をしているのですが、余暇は海外オークションで入手したPC機器を手入れして国内で売りさばくという転売ヤーライフをお楽しみ中です。

 

わたしはこれまでもちやまが自分のジャケットの埃を払ったり、靴を磨いたりしているところを見たことがありません。しかし転売ヤーとしてのもちやまは商品の手入れに余念がなく、書斎からは毎日「ッシャーーー」とエアーで埃を飛ばす音が聞こえてきます。年季の入ったいわくつきキーボードのキーを全部外してアルコールで拭いている姿を見たときはびっくりしました。

 

「パソコン2台買ったんだけど、2台ともグラフィックボードが壊れてたんだよね。それでネットで調べてみたら、グラフィックボードをオーブンで焼くとはんだが溶けて直るって話があってさ」

 

まさか、わたしが寝てる間にオーブンを…?!

 

「でも丸ごとオーブンに入れると周辺の機器も焼けてダメになる可能性もあるでしょ。だから周辺をアルミ箔で覆って、ヒートガン*1で温めてみたんだよ。そしたら、直った!!」

 

それでいくらの儲けが出るのかわかりませんが、もちやまは小躍りして喜んでおりました。書斎は倉庫じみて来ましたが、なんだかとても楽しそうなので、たぶん身体にいいだろうと思ってほのぼのと眺めております。

 

なんかここ数日「パソコンなんて1万円もあれば買える」と大騒ぎしている人たちがいますが、そういうのはもちやまみたいな目利きが知り合いにいる場合で、素人は電機屋へいって店頭にある商品を店員にいわれるまま買うんじゃないですかね。そこでオプションがどうとかプロバイダーがどうとかいわれて混乱したお年寄りが高額な契約させられたりしてるわけでしょ。

 

「あら!パソコンほしいなら見繕ってあげる、中古でよければプレゼントしてもいい」って人はいないのか。

 

ちなみにわたしのファーストPCは1999年に、知人の会社の人から買いました。windows95を98SEにアップデートしたもので、本体のみ、OSCD-ROMなし、ディスプレイなしで3万円でありました。いま思えば馬鹿な買い物でした。ディスプレイどうしたんだったっけな? たしか別の知人ルートで1万円ちょっとで買った気がします。そのPCはwindows95から98SEにアップデートすると電源長押しでも反応しなくなり、コンセントを抜かない限り操作不能になるというバグを持っておりましたので、OSも結局買うことになり、あれやこれやで最終的に当時の月収を上回る額になりました。素人が中古を買うと高くつくぞ!

 

OSを10回以上再インストールして、最終的には半ギレになった知人から電話越しに手取り足取りクリーンインストールパーティションの仕切り方を教えてもらって解決しました。後年サポートセンターで働いたとき、まさにこのバグの説明があって、これかああああ!!と思ったことでございました。でもこの経験があったからこそサポセンに入社できましたし、ネットを通じてもちおとも知り合ったしで、禍福は糾える縄の如しでございます。

 

例のアニメーター志望ワンピースファンの苦学生の方にとって、このネットリンチの煽りが人生に瓢箪から駒的変化を起こすことを祈る今日この頃です。我が家は現在日本のサラリーマン平均年収を大きく割った給与から傷病手当金を受けての生活ではございますが、いまやわたしも家にパソコンが何台あるか把握できない暮らしをしております。

 

もちおがオークションでいくら儲けているのかわかりませんが、最近は一杯2500円もするジャコウネコのウンコから取り出した豆で淹れたコーヒーを飲みにいってはほくほくしているので、けっこうしあわせにやっていることは間違いありません。

 

kutabirehateko.hateblo.jp

*1:ドライヤーの強力なやつ