読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

親戚系のお友だち

こちらのモデルになっているネットアイドル猫チコちゃんの飼い主で、妻と猫と息子に囲まれ、動物を追って暮らしているid:complex_catさんのお宅でご飯をごちそうになった。

complexcat.exblog.jp

ネットで知り合ったことをきかっけに、季節のお便りや美味しいものを送ってくださるようになったお友だちが何人かいる。とくべつ立ち入った話はしないけれど、近くに寄れば家に呼んだり呼ばれたり、家族の様子を知らせ合う親戚系のお友だち。

 

c_cさんとははてな村に来てまもなく知り合い、ハイク集落であいさつをするうちに親戚系のおつきあいがはじまり、何かとお世話になっている。知り合って6年になるけれど、お会いするのは今回がはじめて。仕事でご近所にうかがう機会があったので、日頃の感謝をお伝えしたいとご連絡させていただいたのであった。せめてどこか美味しいお店でお食事でもご馳走させていただこうではありませんか。

 

でもいってみたらもちおの食生活を気遣ってくださって、もちお向けにカスタマイズしたc_cさんの得意料理をふるまってくださって、最初から最後までごちそうになるばっかりだったのであった。またお世話になってしまった。

なんていう魚なのか3回聞いたと思うけれど忘れた。もちおが何度もおかわりしてた。

 

お会いするのもはじめてだけれど、webで知り合って初対面で手料理をふるまってくださった方もはじめてだし、ご家族そろって歓迎していただいたのもはじめて。中・高・大と十代の息子さんはそろってニコニコ人懐っこく、もちおもくつろいでいた。初対面の親の友人と食事とか、下見て急いで食べて、終わったらスマホ見て時間潰して、隙を見て自分の部屋行くよね。十代って。なに話していいかわからないじゃん。純朴素朴な息子さん方だったけれど、知力コミュ力高くて感心した。

 

料理の皿やカメラを持ってせっせとはりきっているc_cさん、やさしいはにかみ笑顔の奥さま、好奇心と警戒心のはざまで様子をうかがっている3匹の猫、そして亀とにぎやかな食卓であった。

 

c_cさんのお宅のリビングはお仕事関係の分厚い本と読み物、写真集、猫系漫画本と絵本などが雑多縦横ぎっしりと積み上げられており、隙間には息子さん手作りのなにかかわいいものがちょこちょこ飾られていた。もちおは「俺が子供のころ思っていた知的な生活って、こういうの」とうっとり部屋を見回していた。書斎をこういう感じにしたいのね。猫もいるし、もちおにとって最高のお部屋であった。

 

息子さんたちはクリエイター気質で、絵を描いたり物を作ったりを楽しんでいる。我が家も絵を飾らせてご長男は自作のクレイアニメを見せてくれた。人形かわいい。はよyoutubeに上げてください。

 

近くのホテルで一泊して、次の日わたしは半日ぶっ通しで仕事をし、もちおは近くの温泉で仕事が終わるのを待っていた。もちおは新幹線の距離を家までひとりで運転してくれた。これは相当疲れただろうと心配していたけれど、幸いこれといった疲れも残らず、それどころかいつも通っている整体院で「今日は身体が芯から温かいですね。昨日どこで何をしていましたか?食事は?」と驚かれていた。「知り合いが地元の食材で手料理を作ってくれたんです」ともちおが答えると、「そうですか。やっぱりそういうものは元気がでますね」と整体師はうなづいていた。