「動悸け!」

f:id:kutabirehateko:20130708213347p:plain

どうということのない雑記blogをまいにちのように読んでいる。*1

わたしも雑記でいいから書こう、と思って今日もいちにち慌ただしく半べそで過ぎた。もう深夜だけど今日の雑記。

 

「GO WILD」という本を送って下さった方がいて、芋づる式に「Born to Run」を読み、もちおと二人で何かにつけて走るようになった。「GO WILD」を送って下さった方には日々感謝している。わたしたちの暮らしはガラッと変わった。心拍計も買って、二人で心拍をチェックしあっている。意外なところで心拍数が異常に上がっていたりして興味深い。

*2

 

今朝は15分瞑想をして、もちおと二人で近くの海岸まで走っていった。松林の間を「トレイルだ、トレイルだ」と通り抜け、防波堤に並ぶ石の上を「トレイルだ、トレイルだ」と渡り歩く。帰ってバナナとブルーベリーとグリーンマグマとホエイプロテインのシェイクを飲んだ。それからわたしは午前中家事をやって、もちおはパソコンを組み立てていた。

 

家の仕事もさることながら、わたしの変な仕事の預かりものが貯まっていて、夜まで半べそでやる。ファイル関係をもちおに手伝ってもらうがぜんぜん終わらない。二、三日ぶっつづけでやりたいけれど、そういうわけにもいかない。わたしはやりはじめると飲まず食わず寝ないでそれ一本でやりたい。ちょこちょこ間が空くと集中力が途切れる。瞑想するとこういう割り込み処理に強くなるというけれど、どうだろう。

 

昨日温泉帰りにBookoffへいったとき、そういえば瞑想本ないかなと思って店員に聞いたら占い・スピリチュアルコーナーへ案内された。わたしのイメージではヨガとかスポーツとか身体作りとか自己啓発とかそっちなんだけど、オカルト扱いなのか、瞑想。結局その店には瞑想関係の本は一冊もなかった。

 

そのあとTUTAYAでいま話題の小学生漫画家、青空チロル先生の「ひめ恋マーメイド」を買って帰る。webで立ち読みして「これは」と思った。初ちゃお単行本。

「きらめけ!」という台詞があった。きらめくの命令形ってはじめて読んだ。「輝け!」とかいっちゃうよね。さすが青空チロル先生の感性は新鮮だ。*3形容動詞の命令形で新しそうなものってほかに何があるか、もちおと二人で考えたけど、適当なものは思い浮かばなかった。

 

ランニングのあとで楽しみに心拍計を見たら計測が止まっていた。「心拍止まってる」「そうか。心拍止まるとやばいな。『動悸け!』っていえばいいんじゃない?」いや、それは違う。

 

結局仕事はさっぱり片付かず、21時前に中断して博多ヨドバシまでハンディプリンターを買いに行く。出先でプリントアウトできたらいいのにと思うことがとても多かったので思い切って買った。

 

もちおが起きてきて「寝なさい」というのでもう寝る。

*1:星もつけずにこそっと読んでいるblogがいくつかあるんですのよ。

*2:現在脳を鍛えるには運動しかない!―最新科学でわかった脳細胞の増やし方を読んでいる。いずれ流れでナチュラル・ボーン・ヒーローズ―人類が失った"野生"のスキルをめぐる冒険へいきつくと思う。

*3:あとで検索したらふつうにたくさん出てきた。わたしにとって身近じゃないだけなのかな?

広告を非表示にする