読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本ミサンドリー話「ロミオメール」

「教訓:女が悪い」に対抗馬となる「教訓:男が悪い」系フォークロアはロミオメールだと思った。

 

「ロミオメール」は元彼が送ってくる叙情的でメロドラマのような、あるいはポエミーでJ-POPのような未練たらたらの復縁依頼メールのこと。興味のある人は「ロミオメール」で検索してください。ちなみに元彼女が送ってくる同様のメールは「ジュリエットメール」を略して「ジュリメール」と呼ばれる。

 

ロミオメールとは

数えたことはないけれど、匿名掲示板に投稿されるメールは7:3でロミオメールのほうがジュリメールより多い。よくあるロミオメール投稿の流れは以下の通り。

 

・「元彼からメールが来たので名前以外は原文ママでコピペ投稿する」

 「ストーカー化するのが怖くてあえて受信拒否しなかった」など絶縁していない理由

 「友人からアドレスを聞き出した」「ポストに直接投函された」など元彼の執拗さを示す話

 

・メロメロに甘くてヒロイックで頭の悪そうなメールで以下のようなことが綴られている。

 二人の交際期間がどれほど美しいものだったか、いまもその想いは変わらない

 「いつでも帰ってきていい」「ゆるす」「やりなおそう」など、復縁を受け入れる言葉

 ホテル代や食事代、生活費を負担してくれというたかりの言葉

 

・元彼の言葉が嘘八百だという投稿者によるネタばらし

 二人の愛は真実→相手の浮気で別れた

 すべてゆるす→元彼のDVや借金、舅姑のいびりなど非があるのは元彼だという話

 困窮している→ギャンブルや株の失敗、使い込みなど金銭的なだらしなさ

 

・投稿者には現在すばらしいパートナーがおり、しあわせに暮らしている

 「結婚したので復縁は無理」と宣言 →元彼は愕然、または発狂

 「連絡先を教えた人とは絶縁」 →毒親、夢見がちな友人など

 接見禁止令を発動 →法的措置

 

ロミオメールの肝は文章ではなく男の身勝手さ

別れた相手に未練たらたらなメールや手紙を送ることは現実にある。わたしもいぜん元婚約者にあてて、頭が沸いた状態でどっさり手紙を送ってしまったことがある。冷静になってから「あれは悪いことをした」と思った。

 

しかし問題は「現実にそのようなことがある」ということではなく、その話が特に好まれ、テンプレ化してエスカレートするのはなぜかということだ。

 

「勝手に捨てる」系の話では捨てられるものがどんどん高価になり、捨てる女の浅はかさと見苦しさが強調される傾向にある。ロミオメールでエスカレートするのは元彼の身勝手さで、いかに自分に都合よく過去を捏造し、現実を否認しているかという点が焦点になる。

 

なので、コメントが白熱するロミオメールとは元彼が単にポエミーなだけではだめだ。交際期間中に横暴で幼稚でだらしがなく、できれば浮気のひとつやふたつはしており、復縁の動機も親の介護を押し付けたい、隠し子を押し付けたい、借金を肩代わりさせたいなど身勝手さの駄目押しがある。「まったく男は馬鹿で身勝手だ」という結論にいたる話がうける。

 

ロミオメールはなぜ小気味いいのか

異色の女性向け恋愛シミュレーションゲーム「ダウト」をご存知だろうか。これは典型的な才色兼備の女性向け恋愛シミュレーションキャラが実は浮気性だったり、ギャンブル癖があったりとひとりをのぞいて全員ろくでもない性癖をもっており、それを当てるというゲームだ。

 

「これの男性版を作るとしたらどんなゲームになるだろうか」とid:ao8l22さんが書いていた。

ao8l22.hatenablog.com

このなかで「クズ萌え」という言葉が出た。女性は男性のクズっぷりをフィクションで楽しむ傾向があるのではないか、という話。その根底には「やっぱり男ってダメね!」という気持ちがあるんじゃないかと思う。

 

男性は意中のキャラクターに元彼がいたくらいで円盤をぶちわったり本を破り捨てたりするくらいなので、ダウト男性版はおそらく受け入れられないような気がする。しかし恋愛シミュレーションなど関係性を築く対象にする場合は断固お断りだけれど、男性にも「やっぱり女はダメだな!」をフィクションで味わいたい気持ちはあるのだと思う。それが「日本まーん話」系のミサンドリーフォークロアではないだろうか。

 

さらなる「男はろくでもない」裏付け話を求めて、どんどんエスカレートして設定が破綻するようなエピソードが増えていく。「女はろくでもない」もそうだ。人間不信を助長させるような、夢も希望もないような話は人気が集まる。それは現実の裏づけではない。自分たちが信じたい偏見を助長させ、人を信じて傷つくことから自分を守る現代の御伽噺なのだろうと思う。

 

「鬼が出るぞ」 だからお家へ帰りなさい。いうことを聞きなさい。

「男はろくでもない」「女はとんでもない」 だから信じてはいけません。いうことをききなさい。

 

*1

kutabirehateko.hateblo.jp

*1:こころ温まる系お伽噺。