「据え膳食わぬは男の恥」 それはあなたのお膳?

これ、救われないのは後輩だと思う?それとも襲われた女の子だと思う?

※追記:交渉の段階で拒絶されたそうです。

 

 たぶんここが出元だと思うんだけど、Twitterのタイムラインがここ数日「女性が男性を家に上げるのは肉体的に親密な関係になることをOKしたサインと考えることは妥当か」という話題で議論になっていて、はてなにも火が燃え移っている。

anond.hatelabo.jp

議論になっているということは応否があるということで、それが議論になること自体がちょっと信じられない。今日は女の子の部屋に上げてもらったり泊めてもらったりしたとき、あるいは女の子が家に来たり泊まったりしたとき、セックスがOKかどうかをどうやって判断したらいいかを書きます。

 

OKとNG、途中からOKになるときとNGになるとき

まずは人の家にいったら相手の持ち物を尊重することだ。「この家は茶も出さないのか!」ではなく、要求があれば「恐れ入りますかお茶をいただけますか?」と聞くのがふつう。

 

「最初にセックスOKかどうか女性の方で明言して 、その後変更しないでほしい」と増田はいう。しかし少し前にうしじまいい肉さんがいっていたように事態が進展してから「こりゃダメだ」と思うときもあるし、逆にそんなつもりじゃなかったけどいいかな、と思うこともある。

 

家に呼ぶからには必ずご馳走が用意されていると期待するのは現実的ではない。「そろそろご飯の時間ね、あるものでよければ食べていく?」ということもあるし、「食事は外ですませてね」ということもある。軽くつまむものを出したけれど、食べ方があまりに汚いので食事は出すのはやめるということもあるし、食いっぷりがいいので腕を振るう気になるということもある。

「でも聞くのはバツが悪い、空気なんか読めない」という人は食事にも段階があることを考えればいい。

 

セックスには段階がある

出会って4秒でセックスというAVのシリーズがある。これがシリーズ化されるのはほかのAVは手前に数分、数十分の経過があるのがふつうだからだ。一般的にその段階は一時間かもっと長くかかることもある。なので日ごろAVを挿入場面まで早送りしている人は、その前の部分を参考にするといいと思う。

 

これは食事をするのと同じだ。テーブルにご馳走がある。「据え膳食わぬは男の恥」「手を出さなかったら草食系と言われる」と書いていた人たちがいたけれど、もちろんあなたのために用意された食事なら感謝して行儀よくいただくのがいいと思う。まず手を洗い、テーブルにつき、食膳の祈りなり感謝の言葉なりをのべ、カトラリーを手に一口いただく。ご馳走してくださる方に感想をのべる。相手の様子もみて会話を楽しみながら食欲を満たす。

 

セックスで考えるなら、シャワーを浴びる、ベッドへ移る、「すきだよ」とか「こうしたかったんだ」とか相手への気持ちやセックスをすることへの意気込みを語る。先日紹介した小室友里先生は具体的なくどき文句をいろいろ書いておった。また「ホテルの部屋に入ったらまずチョコレートなどを用意し、飲み物を頼む」「ベッドに腰掛けさせ、額をくっつけて『さきにシャワーを浴びる?』とたずねましょう」と書いていた。*1

小室友里先生が語る「3回のデートでベッドインするテクニック」は有効か

 

ベッドに腰掛けさせて額をくっつけるというのはレイプではない。この段階で「え、なに?」という反応をされたら、今日はあなたに用意したお膳はありませんということ。「据え膳食わぬは」と心配することはない。場合によっては額どころか身体を密着させ、いっしょに眠ろうとしているかもしれない。それでも今日はそんな気分ではないということもある。この増田がいい例だ。

同僚と一線を越えてしまった

 

「そこまでいってそれはないだろ!!」と思うかもしれない。けれどもたとえ恋人同士だろうが長年連れ添った夫婦だろうが合意なしに関係を結ぼうとするのは立派なレイプなのだ。まして関係が微妙な相手に期待に応えるよう強要はできない。

 

ちなみにこういうジリジリは男性だけでなく女性の側にも当然ある。相手が渇望する姿を見て楽しんでいるというタチの悪い男もいる。

ネットで釣って振るために生きてる

 

家に呼んでもらったら食事を出してもらえるはずだ、まだ用意がないみたいだけど、冷蔵庫をあけてこちらが料理するかとはふつう考えない。こっちは腹ペコなんだ!と思うかもしれない。だからといって他人の家で腹を満たそうと考えるのはやはり相当図々しい。ご馳走をあてにして空腹ででかけるのはおすすめできない。

 

女性は提供する側ではない

女性がセックスに合意することを「やらせる」「やらせない」という言葉を使う人がいる。でも女性は「やらせて」いるのではない。セックスは双方が合意の上で参加するものだ。スポーツでもゲームでも共同作業をするものは「やる」「やらない」であって、競技に参加しないことを「やらせない」とはいわない。

 

食事にたとえるなら「食べさせる」「食べさせない」だけれど、実際には女性も食べる側であり、男性もまた食べさせる側でもある。だから食べてみてこれはあかんと思えば「いらない」となる。無理に食べると具合が悪くなるからな。

 

男性はおあずけをくらうばかり、女性は提供するかどうかを決めるという図式で考えると不満がたまる。とくに腹をすかせているときは。でも女性は食い物ではない。あるいは女性だけが食い物ではない。男性を家に招いたらお釈迦様のために焚き火に身を投げた兎みたいに身体を張らなければならないと考えるのはやめていただきたい。

 

どうしても食べたいなら食欲をそそる雄をめざしてはどうか。ルッキズムだ、恋愛強者優遇だと思うかもしれないけれど、女性だって選ばれないことはあるし、肉体的メシマズを相手に強要するのは暴力なのだ。だいたいはじめるまえに意思の疎通がはかれないならはじまってからもあまりいい結果は期待できないと思うよ。

kutabirehateko.hateblo.jp

*1:ホテルへいくまえの段階で手ではなく腰に手を回して嫌がられないかどうかを試せとも書いている。

広告を非表示にする