読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

初屋台とんこつラーメン

生まれて初めて屋台でラーメンを食べた。550円。安い。でもちゃんとしたラーメンだった。

f:id:kutabirehateko:20151014223123j:plain

まわりはみんな飲んでいる。でもおばちゃんは笑顔で「おつかれさま」とお冷を出してくれた。かえって申し訳なくなってウーロン茶を頼んだ。150円。モツ煮も頼んだ。300円。なにこれいいの、この値段で?

 

カウンターの奥からこっちを見ている女の子がいる!と思ったら石原さとみだった。三菱東京UFJ銀行前の店。

f:id:kutabirehateko:20151014223117j:plain

隣のおっさん二人は店主になぜラジオを置かないのかと迫っている。スポーツの中継を聞きたいらしい。「らじこがあるやろ」と突っ込まれ、ふーっと二人で不満げに煙草をふかしていた。

 

右隣は地元民と取引先の人らしく、来福側が大声で福岡age、東sageでご機嫌をとっていた。マイクをにぎって話さない人のようで、まわりの相槌がだんだん雑になったころ「この人、話し長いけど落ちがないんです」とずっと黙っていた隣の女性が関西弁でぽつりと言った。「これ!これだから関西は!いっつもこういうんですよ、僕はもう喋らない!ぜったいに喋らない!」と言い終わるか終わらないかくらいで、「あ、そういえば」と次の話をはじめていた。いよいよ雑になる周囲の相槌。

 

「三人入れる?」と後ろから声がして、席を空けたついでにお勘定をすませた。千円だった。悪くない。秋は屋台でラーメン食べるにはいい季節だと思った。おばちゃんが後ろからもう一度「おつかれさま」と声をかけてくれた。

 

kutabirehateko.hateblo.jp