読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サバイバー神輿を担ぐ自称支援者にもっと落ち着いてほしい

  

 もしもわたしがロースおじさんだったら、「ハイ中止~~~~!!!! いい人ぶってフェミニズム理解者アピールする男が出没したから今日のブログは中止~~~~~~!!!この手の男が人里に出没しないよう林野庁にパトロールを強化してくれって再三要請しとるんやけど、まだたまーに見かけるんよね。」といっても誰も罵倒したとかいわないでくれていいのになあと思った。 

この人はわたしがぜんぜん言ってないことを非難しているので、わたしの知らない何かを読んで憤っている可能性もあるけれど。

 

イミに書いたこと

わたしはイミことid:erousuが、ネタには強いはてなユーザーでさえドン引きするような俺伝説を、赤の他人も同然の十代の女の子に酒を飲ませて*1酔って眠っているところを無理に起こして手にぎり膝枕で語る無神経さを非難した。

また性暴力加害者であり性犯罪歴持ちのイミが彼女の深刻な性暴力被害を「僕には何もできませんが、がんばってほしいなあと思います」と他人事のように語る鈍感さを非難した。

そして個人的な性暴力加害歴を逃れられないカルマかなにかのようにヒロイックに語り、ラスコーリニコフ気取りで「ゆるされた」と語るのはやめろと書いた。

男子の性衝動をカルマか何かように特別視する風潮

 

屋上娘に書いたこと

いっぽう屋上娘に対しては、あなたはおそらくまだ十代の学生で、えらく危なっかしいから自分を過信するなと書いた。

深夜に赤の他人同然の男と二人きりになり、他校の屋上で酒なんか飲んだら何が起こるかすら予想できないんだから人の面倒見る前に自分のことを考えろと書いた。

また人の役に立ちたいのはいいけど、イミは酒飲んで膝枕で話きいて泣かせてやるくらいではすまない問題を抱えているのだから、人の役に立ちたいなら他をあたれと書いた。

屋上で話を聞いた女の子へ 

 

被害者バイアスで目が曇るひと

「人を見抜く目がなくて世間知らずで何が安全かも判別できない可哀想な被害者」とharu0721は書くが、十代の女子がうかつなのは当たり前で、過去に性暴力被害経験があるかないかは関係ない。

十代の女子が年長の女性から「気をつけなきゃだめよ」と言われている姿を見て、ことさら彼女の古傷をほじくりかえし「被害者を無力化している!」と騒いでいる91年生まれのこの男もやはりそうとううかつだと思う。しかしうかつであっても成人している男には特別な配慮が必要だと思う理由がわたしにはない。

 

haru0721は「二次加害だ!被害者の行き場をなくす行為だ!」と大騒ぎしているが、モテ男イミ*2の「僕の秘密を話すから12時に屋上でね」というロマンチックな誘いにほいほい出かけていったごくふつうの十代の屋上娘に「みんなきみを被害者だって思ってるよ!」と誰がレッテルを貼っているかというと、haru0721*3が貼っているのである。

 

イミはブログを非公開にする直前に「学生科へ相談にいこうと思う」と書いていた。周囲から適切な機関への相談をすすめらたことを受けたのだと思う。これはよかった。カウンセリングは知人に話を聞いてもらうのとは違う。ひっぱたきたいほどの自意識に悩まされているというイミが、友人、知人の反応を気にせず率直な話ができるわけがない。誠意があっても屋上娘では力不足なのだ。

 

しかしおっちょこちょいのお祭り気質なharu0721は覚えたばかりの言葉をおかしな風に使いたがる。イミっぽい。

サバイバーであるとは性暴力被害者であることを否定するものではない。戦いを生き抜いたことは戦いで甚大な被害を被ったことを否定するものではない。haru0721は「サバイバー」に現実離れした期待をよせている。サバイバーだって人間なのだ。

 

「サバイバー」への新たな呪い

 

 エンパワメントとは全能感をあおることではない

西尾和美はアダルト・チルドレンと癒しの中で、父親からの筆舌につくしがたい性暴力を生き抜いた女性の経験をあげている。彼女はカウンセリングをかさねて無力感と罪悪感から立ち直り、正当な怒りを覚えるようになる。その過程で「父親に会いにいって直接糾弾したい」と息巻きはじめる。西尾は彼女が回復の過程で我を忘れ、ファンタジーを描き始めたことをいさめる。彼女はまだそれに耐えうる状態ではないと西尾は判断した。

 

重い無気力にさいなまれてきた人は、明るい兆しが見え始めると、それに過剰な期待を抱いてはっちゃけてしまうことがある。そんなとき人はすべての人間がもつごく当たり前の弱ささえ忘れ、あるいはそこから目をそむけようとする。*4

 

実際にはこれは一種の躁状態で、躁はうつよりも危ない。これをよく知らない人が横から「回復だ!サバイブだ!ハラショー!」と煽るのはものすごく危ない。煽られたほうが期待にこたえようとしてしまうからだ。このような無責任なお祭りさわぎは真のエンパワメントではない。回復は静かで地味で、本人でさえよくわからないほど繊細な過程でおきる。

 

 サバイバーを神輿に担ぐことの弊害

 屋上娘の過去がどうであってもわたしはイミのような男のまわりをちょろちょろすると痛い目を見ると書いたと思う。この子が自他の境界が曖昧で警戒心が薄いのは最後の段落に入る前から明らかだ。それを若いうちに他人から指摘されるのは*5悪い経験ではない。

 

その状態だったらharu0721は横からわーわー騒がなかっただろう。彼が太鼓を叩きたがるのは「被害者支援に携わるフェミニズムに敏感な俺」の被害者バイアスにひっかかったからだ。屋上娘は彼にとって「支援すべき」対象だからで、それをサバイバーと呼ぼうが被害者と呼ぼうが違いはない。彼は彼女をただのあたりまえの弱さをもつひとりの人間としてみていない。

 

さらに言えば彼はイミをただのごくふつうの勘違い大学生としてではなく、”支援すべき加害者”として持ち上げ、受容すべきだと騒いでいる。イミの言い分に利があるならイミの言説を支持すればいいのであって、イミを”加害者”として受容せよというharu0721はイミの人格や尊厳をどう考えているのかと思う。おまえのヒロイックなオナニーにつきあわされるイミと屋上娘が気の毒だ。

 

 haru0721は屋上娘にレッテルを貼るのをいますぐやめろ。そして屋上娘をただの十代女子としてうかつなことをやったり、知らないおばちゃんに怒られたり、むかついたりする自由を侵害するのをやめろ。何年やったかしらないが現場を知ってる俺気取りでいるといいことない。俺らの常識から離れた第三者に一連の流れを見てもらえ。

 おまえんちに鏡があったらそれをよく見て自分のTweetを100回読み直せ。

 

あと、イミにも言ったけど、屋上娘は話があるならイミを通さず直接いいにおいで。

kutabirehateko.hateblo.jp

hase0831.hatenablog.jp

*1:あれ?この子、未成年飲酒だったのかな?

*2:小・中・高と別々の恋人がいて、高校で彼氏持ちをそそのかして童貞卒業し、大学では無関係な部活の人気マネージャーに泊まりに来てと頼まれ、Tweetしてるだけでお姉さんからお茶に誘われるイミの俺伝説。

*3:蟹座だよ!と言いたいのかプロフィールにあるように自慰行為を仄めかしているのか不明。

*4:親の保護がえられなかった子供が自分を強いと思い込むのもこれ。

*5:うれしいかどうかはともかく