親しき仲にもパーソナルスペース 追記あり

娘や息子と親がいつまで風呂に入るかという話がこんなに物議をかもすとは思わなかった。

 

最初に「3歳の娘が中学を卒業するまで風呂に入りたい」と書いた増田を読んだときは、娘可愛さで頭がおかしくなっちゃってるんだなあ、と思った。親ラリというか。何年かすればいずれ冷静さを取り戻してこれはちょっとおかしいと気がつくだろうから、きついことを書くのは酷だと思った。

 

でもそのあとの「中2まで娘と風呂に入ってた」増田とそのブコメを読んだときにこれは本格的におかしな考えを持ったひとがいる!どうなってるの?と思って、もちおに意見を聞いたのだった。*1

 まさにこれ。

 

家族風呂幻想

今回のことで知ったのは男女問わず、「親子風呂」を美しくほほえましいもの、日本特有の愛情表現として守るべきものだと感じている人が一定数いるということ。日本昔話の歌「にんげんていいな」の二番に「みんなでなかよく ポチャポチャおふろ」という歌詞がある。あったかい布団、美味しいご飯、みんなで入るお風呂。*2*3

 

だからそれを否定されたと感じた人たちは猛反発するんだなと。親子風呂幻想はちょっと母乳信仰に似ているなと思った。「赤子に母乳をあたえる母の姿を親戚みんなでみましょう」とひっぱりだされた嫁と親族がもめる話は家庭板にあふれている。そこでも「性的な目で見ているのではない、そんな風に考えるほうがいやらしい」という反発がある。*4

 

これは文化的なパーソナルスペースの問題でもあると思う。日本は家族間のパーソナルスペースが欧米とくらべて狭い。物理的な意味でも、私的な活動に介入する点でもそうだ。欧米にならう必要はないけれど、いずれ対等な大人になる未熟な人として子供を見るなら、文化的な差異はあっても大人同士でしないことは徐々に子供に対してもやめるべきだ。

 

パーソナルスペースの配慮

これをもっとやさしいことばで上手く説明している増田があった。

anond.hatelabo.jp

増田は5歳違いの妹を8歳から風呂に入れてきたが、妹が小学校に上がる頃にはそれもやめたとのこと。3歳増田、中2増田と区別するため仮に姉増田とする。

親しき仲にも礼儀ありと言うか。入浴に補助が必要ない年齢になった時点で、裸や下着姿は「親にも見せないもの」にカテゴライズされはじめる。

もし、うっかり脱衣所の扉を開けてお母さんやお父さんや妹の下着姿を見てしまったら私は謝るし、逆の立場だったらひとこと謝って欲しいと思う。

他にも「家の中を下着でうろうろしない」「トイレの扉を開けっ放しにしないで」とかも、ぜんぜんいやらしい意味ではなくごく当たり前の慎みだと思う。

から、「リビングに来るのはちゃんとパジャマ着てからにしてほしい」と言った時に「○○ちゃんも色気付いたなあ」みたいな反応をされるととても頭に来るし傷つく。(そういう親戚が実際にいたの)

 姉増田は女友達と温泉にいって裸のつきあいをすることもあるが、泊まりにきた友達と家風呂に入ることはしない。「これは『水着は見せても下着は見せない』みたいな複雑なルール。この辺の機微を解ってくれない人とは私は友達になれないしなりたくない」。

 

「色気づくと」いう考え方

異性の家族を意識することを「色気づいた」と表現するのも日本特有の文化だ。中2増田はしきりに「性的な目でみていない」と主張し、3歳増田は「純な娘に」と書いていたけれど、ようするに「色気づいた」娘と風呂に入るのはNG、という認識があるのだと思う。子供のオムツ替えをしていれば女として見なくなるという人もいたけど、逆、逆。子供じゃなく性別をもつひとりの人間として性を尊重しようよ、って話。

 

幼少期から性差の配慮は必要だと思う。逆説的だけれど、トランスセクシャルの人たちは幼少期から自分の性がどちらかはっきり自覚していたという話からもそう思う。それはジェンダーの押し付けとは違う。

性を曖昧にする家庭で育つと子供はそれを常識として受け取るだけで、自認する性を尊重してほしいというのは幼少期から誰もが思うことだ。

 

そうして男として、女として、互いの性を尊重すること、身体を誇りに思うこと、プライバシーを配慮することを学んで、自分のことも他人のことも尊重できるようになるんじゃないんですかね。id:penguaholicさんが「娘に無性であることを要求している」と書いてらしたけど、親が子に互いの性をあきらかにすることは色気づくこと、いやらしいことと教えるのはろくでもないことだ。

 

異性を感じないフランク関係=一緒に入浴、という考え方の人は少なくとも私は嫌。

>お互いそういうめんどくさいの抜きで、仲良くやろうじゃないかということです。

それは礼儀であって、「めんどくさい」と言ってしまうのは家族間でも個人的には非常識だと思う。

 

ほんとこれ。実際にはそれこそ幼児から老人まで誰もが性欲をもち、性的志向を持っている。それ自体はなんら恥ずべきことでも非難されることでもない。そこを抑圧するんじゃなくて、それを誰にどこまでどういう形で表現するかを配慮することがたいせつなんだよ。

 

グラビアアイドルのおのののかさんが海女を萌えキャラにするのは適切でないと指摘したこともこれ。どこで誰に何を見せるか、それ考えないといけないでしょ。

 

 

追記

親しき仲にもパーソナルスペース - はてこはときどき外に出る

これ!私も、同じようなこと考えてました。家族や母性に幻想を抱いてる人達なんだろうと思います。異文化と出会いさえしなければずっと“家族仲良く”が続きます。そして異文化=嫁だったり成長した子だったりするw

2015/09/12 13:19

b.hatena.ne.jp

雑種家族はその点はやい段階で異文化が混入してくるのでお得感がある。*5継母の孫育てと実母の孫育てには大きな隔たりがあり、妹は双方のいいところを採用しようとつとめていた。

kutabirehateko.hateblo.jp

 

 

*1:あまりに予想外な主張だったので、あらためて話すにはどこから突っ込んでいいのかわからなかった。

*2:欧米在住の日本人が子供と風呂に入って親権を取り上げられそうになると聞くと、「みんなでなかよくポチャポチャおふろ」の日本文化との隔たりから反発を覚える人も少なくないと思う。ちうなみにわたしもそれはやりすぎだと思う派。

*3:「ナニー」というホラー小説で、乳母が乳児を風呂に入れながら、自分も裸になる場面がある。これは彼女の異常さを象徴するエロティックな場面で、欧米の家風呂裸のつきあいがいかに恐ろしいことかよくわかる。

*4:これをどう思うかはもちろん個人差がある。うちの妹はおっぱいほうり出して家族の前で授乳する派だったけど、もちおはそっと退席したよね。

*5:ポリアンナ的な意味で。