読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カラーボックスでキッチンカウンター

日常

※タイトル変更

 

近年かたづけのカリスマといえばこんまりこと近藤麻理恵だけれど、わたしにとって片付けのカリスマは近藤典子近藤典子はカラーボックス使いだったので、一時期我が家にはカラーボックスがたくさんあった。作りつけの収納がない部屋、あっても巨大で仕切りがないクローゼットや押入れをどうにかするのにカラーボックスは便利だった。これは以前住んでいたアパートの台所。

「使いやすいキッチンとはシンクと冷蔵庫とガステーブルの3点を結んだ距離が3.5m以内」と近藤先生は言う。だだっ広ければいいということじゃないのよ。このアパートのキッチンはテーブルを中心に置くことを想定していたのか、壁際までに距離があった。壁に沿って冷蔵庫や食器棚を置くと距離が遠い。それで中心に冷蔵庫を置いて、隣にカラーボックスを並べて食器を収納した。左端が冷蔵庫。トップは耐熱仕様だったのでやかんとホームベーカリーを置いていた。隣は電子レンジ。

冷蔵庫の正面、シンクの側から見たところ。黄色のプラスチックケースに調味料が入っている。隣の棚のいちばん上に茶碗やお椀などいつも使う食器を入れた元靴箱。「カラーボックスの内側にカセットケースを立てて板を載せて棚を増やす」という近藤典子メソッドで下の棚にはトレイに乗せた皿を入れた。中段は保冷箱。このころはまっていた魚柄仁之輔の保温調理に使った。その下は箸とカトラリー類。そのほかの箱は大きめの皿やどんぶり、鍋など調理器具や食器。流しの下に鍋類をしまうのが嫌いなのでこっちにいれてある。英字新聞はプレゼントの包装紙だったもの。

デロンギコンベクションオーブン。このころはお菓子も焼いていた。上の段にお菓子作りのツール、下の段に材料を入れていた。近藤典子にキャスターをつけた家具の便利さを思い知らされていたのでキャスターをつけた。背面をL字とT字で補強してある。コンセントまで少し距離があったけれど、使うときはコロコロ動かせる。

ゴミ箱の下にも植木鉢用のキャスター台を置いた。使うときはそばまで持っていく。これが料理中思いのほか便利。本当に重宝していた。

ゴミ箱の蓋はフックにかける。黄色の手提げ籠はゴミ袋を入れていた。引き出したカラーボックスの背面に封筒をガムテープで貼り付けて、地域のゴミのきまりを入れていた。曜日を確認したり、出し方を確認したりする。

テーブルは板と脚を別々に買ってきて作った。これ、なんていうんだったかな?専用の穴開けで適度な厚みの板に穴を空けれて、ネジつきの脚をねじ込んで使う。脚の長さは何種類かある。近藤典子七つ道具の一つ。

カラーボックスの棚の高さに合わせてテーブルにすると、高すぎて使いづらいし椅子の高さにあわない。背板を抜いて脚の高さに合わせて板をのせた。カラーボックスの背板を抜くのは近藤典子の常習手口。

自作テーブルの下にもキャスターつきカラーボックス。下の段の籠には各種お茶が、上の段には確かティーカップ類を入れていたと思う。上に渡した板にぶら下がっている紙袋にはエコバッグと保冷バッグ。

いたって小さなテーブルだけど、二人なら向かい合ってお茶を飲んだり、ちょっとした食事をしたりするには十分な広さだった。電子レンジの下のカラーボックスには家計簿や薬箱、料理の本などを入れていた。ささやかな場所だけど、家事のためのコックピットという気持ちで使っていた。

 

カラーボックスの表面は紙なので、長く使うと剥がれてくるし、シミがつくと落ちない。長く使うつもりなら組み立てる前に表面にクロスを張ったり、防水塗料で塗ったりしておくといいと思う。スカスカの合板だから軽くて便利だけど、あまり無理にネジをあちこち留めると板が割れる。耐久性にあわせて使わないといけない。でも素材は紙と木だから、鋸で切ることもできるし、最後は燃えるゴミで捨てることができる。自然に返ると思うと気が楽だ。

 

その後なんどか引っ越して、間取りにあわせて、また持ち物の量に合わせてカラーボックスはだいぶ減った。でもときどき自分のお城をカラーボックスで作ってはりきっていたころの画像を見ると懐かしく思う。「このアパートに帰りたい」と言うと、もちおは「あんな地獄のような部屋に戻るのは嫌だ」と言う。大家さんはいい人でよく手入れされた使いやすいアパートだったけど、壁も天井も薄くて暑さ寒さが身に沁みた。特に夏は地獄だった。下に長く住んでいる人は何度か深夜に階段を駆け上がってきて、寝ているわたしたちに「うるさい!」と怒鳴り込んでくるし、隣の部屋に越してきた親子は大音量で音楽を聴いて喜んでいた。住まいって難しいですね。

 

いまの住まいは広いし騒音トラブルもないんですけど、ここしばらく主婦不在って感じ。どこに住んでも家政をあずかる人が元気じゃないとだめね。もちおの奥さん早く帰ってこないかな。

 

 なお近藤本はたくさん読んだけど、この本がいちばん使い勝手がよかった。超おすすめ。