松苗あけみ「純情クレイジーフルーツ」最終回のうろ覚えなネタバレ

「純情クレイジーフルーツ 最終回」で検索してこられる方がいらっしゃるようなので、これから記憶を頼りにネタバレをします。覚悟してください。

純情クレイジーフルーツ - Wikipedia

 

これが最終巻。

続編と書いてあるけど、もともと前篇後編で単行本が出て、人気があったから続編として9巻まで続いたんだよね。「ぶ~け」懐かしいぜ。

まとめ読みはこちら。文庫になってるのね。意外に高くてびっくりした。

続・純情クレイジーフルーツ 全5巻完結

 

卒業まで

実子

実子こと吉原実子は小田島先生の家でおさんどんをしていて、酔った小田島先生と同じ布団で寝てしまう。目が覚めた二人は一線を越えたのかどうかがわからず大騒ぎになる。小田島先生は超えても越えなくても生徒と同衾した以上責任をとろうとプロポーズ。いよいよ小田島先生の実家へご挨拶、という段になって実子が「小田島先生への思いは父親への憧れだったかもしれない。結婚が怖い」と言いだして白紙に。教師と生徒として卒業を迎える。小田島はその後古典文学研究かなにかで海外へ行ってしまう。

 

卒業後

みよちゃん

みよちゃんこと桜田みよ子は麻呂顔なのに性格のいい梨畑が引き続き美人にモテてモテてモテまくるのでヤキモチを焼き、「もーそんなに心配なら結婚する?」「するするー!」と勢いで結婚。梨畑くんそっくりの双子を生む。桃苗と電話中のみよちゃんの後ろには双子を両脇に抱え「ほらほら三つ子~」とふざける梨畑くんの姿があった。

 

桃苗

桃苗こと桃苗あけびは苺野くんとの交際を続け、確か漫画家か作家になった。苺野君は桃苗が遠くへいってしまうように感じ、二人は別れを決意するが別れて歩き出すなり「やっぱりいや~!」と桃苗が戻ってきて二人は結婚。子供をおぶってみよちゃんに電話をかける桃苗の背後には超ド級美女苺野母が姑として君臨し、「あけびさん!長電話は」と文句を言っていた。同居なのね。作家の仕事を続けたかどうか覚えてない。

 

沢渡くん

沢渡くんこと沢渡杏子は長身と日本人離れした中性的な顔立ちを活かして国際的なファッションモデルになった。厳しいレッスンに耐えいよいよ女性的な丸みを失う沢渡くんだったが、化粧した顔は美女そのもの。街中のポスターを見る女性たちが「沢渡杏子ってきれいだよね」と話す姿をみよちゃんと桃苗は複雑な顔で見ていた。しかし沢渡くんの夢は昔とかわらず「平凡なお嫁さん」で、「あたしも結婚したい!」と騒ぐ沢渡くんにみよちゃんが「有名なファッションデザイナーにプロポーズされたんでしょ」と突っ込む。沢渡くんは「あたし日本人じゃなきゃイヤなの!」と泣き崩れていた。

 

実子

OLとしてろくでもない恋愛を繰り返し、すっかり擦れてしまった実子。(枕をともにした男の横で不幸そうな実子が「でもやっっぱりあたし不感症だった」とひとりごとをいう場面があった。これが足つぼマットと吉行淳之介の不感症指南 に書いた話)そんな実子のもとにある日(たしか桃苗→みよちゃん経由で)小田島先生が帰ってきたという話が舞い込む。

小田島先生はとつぜん姿を現した実子に驚くが、出会ったときから所帯じみていた実子が正真正銘の擦れたOLになってしまったことにある種の責任を感じ、うっかりプロポーズ。実子は二つ返事でOK。(こうなる前にOKしろよ)と思っている小田島先生と(先生やっぱり私がすきだったんだ)とうれしがる実子。二人はチャペルで仲間たちに祝福されながら結婚する。

なお小田島先生はアメリカでジーン・ターナーという女子高生と結婚していたとwikiにはあるが、わたしの記憶にはまったく残っていない。あったっけ?続編の話かな。

 

梅本

梅本こと梅本竹子は報道系の女子アナとして活躍。バリバリのキャリアウーマンとして暮らしている模様。お見合いでファーストキスを奪われた花椿くんのことは相変わらず好きらしく、花椿くんのニュースを誇りに思って報道する様子がテレビに出ていた。

 

花椿くん

実子に想いを寄せてストーキングを繰り返していた美形の獣、花椿ひろみはエリート警察官になり、総理大臣をかばって弾丸に撃たれ一躍有名人になる。命に別状はない模様。

 

最終回以降

最終回以降の四人が大人になってから どんな生活をしているのかがこちら。

 

これは読んでないからわからない。どうなったのかな?松苗あけみ自身「純情クレイジーフルーツ」連載終了後に結婚して、ちょっと作風が変わったよね。

当時は画集も買って、高橋源一郎の小説のカットだとかちょっとしたものを見つけてはいちいち歓喜していた。夢中だった。でも少し間があいて、大好きだった「山田くんと佐藤さん」を読み返してみたら、あのときの気持ちにはもう戻れないことがわかった。

でもこれ書いててまたちょっと読んでみたくなったので、今度漫画喫茶にいったら探してみようと思います。

 

ちなみにこのエントリが検索でヒットするらしい。特に求める情報がなくて悪かった。

kutabirehateko.hateblo.jp

広告を非表示にする