モテ人間夫婦の子育て

どこへいってもモテてモテて仕方がない。肉や魚を買いに店に入れば店主にはポーッとされ、子供をぞろぞろ連れているのに所帯じみていない、奥さんとは思えないと言われ、授業参観では毎回注目の的で後から子供らの噂になる。

 

夫の長年の友人は夫の留守を狙ってやたら家に来るし、家で飲み会を開けば集まった男たちはみな自分の気を惹こうとする。どこで知ったのかいたずら電話も来るし、告白めいたことを言ってくる人もいる。夫は片時も自分を離そうとしないから、子供を病院へ連れて行くことさえ出来ない。

 

小さいころからそうだった。父と兄は姉や妹を毛嫌いして自分ばかりを可愛がっていた。姉と妹との差があまりに大きかったので、母は家に来る客たちに「あの子にかわいいといわないでください」と戒厳令を敷いた。おまえは遊女の生まれ変わりだと母と姉から蔑まれたことをいまも忘れられない。男の気を惹こうなんて気は、これっぽっちもないのに。

 

考えてみたらうちの母は典型的な魔性の女だった。「魔性の女」のイメージが峰不二子みたいな感じだったので身近で気づかなかった。でも一度気付くととてもしっくりくる。はまりすぎるくらい、はまる。

 

母は終戦直後の生まれで、非常に整った日本人離れした顔立ちをしていた。髪はセットしたかのような美しい巻き毛で、天然だと説明するため祖母は何度も学校へ幼少期の写真を持って通わなければならなかった。時代的なこともあり、見知らぬ子供たちから「アイノコ、アイノコ」とよく囃し立てられた。

 

女子高育ちだったが後をつけてくる他校の学生はもちろんいた。大学に入ってからはさらに声をかけられた。誰もが自分をちやほやする。ある日廊下で見知らぬ男子とぶつかった。謝られるものと思って顔をあげると、その男子は「気をつけろ!」と怒鳴りつけてきた。それが若き日のわたしの父だ。

 

父は身長が177cmあり、硬く引き締まった身体をした美男子だった。本当に。父も母も100人が100人とも認める美男美女だった。ここに写真を上げてもいい。でも二人は現在スマホ大好き老人として生きているので、万が一にも画像検索されたくないからしない。

 

母は生まれてはじめて自分を怒鳴りつけた男性を見て大変な衝撃を受けた。「あれが失敗だったのよ。お父さんもお兄さんもぜったいあんな風に言う人じゃなかったから」と母は言う。男らしい、と思ってしまったのだと思う。これをきっかけに二人は知り合い、やがて一緒に暮らしはじめた。母は兄を身籠って結婚した。廊下でぶつかったイケメンと結婚は現実にあるのだ。

 

さて、父と母についてはこれまでブログでもハイクでも何度か書いてきた。この人たちはいまもとても魅力的でファンが多い。母はいまも街で知らない人に声をかけられ、友達になってほしいというようなことを言われる。習い事の席でもしょっちゅうそういうことがある。そしてやたら面倒見のいい女性に可愛がられる。

父はあらがい難い魅力の持ち主で、強烈なカリスマ性がある。もちろん女にモテる。三度結婚し、妻の他に娘と同じ年くらいのガールフレンドがいて、世界中の南の島へダイビングに行く。

 

この二人にはわたしを含めて四人の実子がいるが、父は息子二人と、母はわたし以外の三人と、実質絶縁状態になっている。彼らは突出した魅力と同じくらい人として陥没した面を持っており、若いころからさまざまな迷惑を子供にかけ、言行両面で子供にしてはいけないことをずいぶんやった。いったいどうしてよそ様に好かれるのか、長い間不思議で仕方がなかった。

 

だからわたしはモテる男女、美男美女にあまり憧れず、むしろ「熊が出るぞ」の看板を見るような目で見ているのかもしれない。

 

両親はモテ側の人間だったんだ、と思うと腑に落ちるところがたくさんあった。特に母について。長くなったからまた今度書こうと思うけど、ひとつだけ上げるなら、モテ農夫は異性の親に溺愛され、同性の親と疎遠だったり毛嫌いされていたりする人が多いということだ。父も母もそうだし、農夫系ではないモテ系の人たちであっても、わたしが知っているモテ人間はみなそういう生い立ちにいる。

 

わたしは母には執着されたり毛嫌いされたりした。父からは可愛がられたり束縛されたりしたけれど、溺愛だけはされなかった。つまり父を転がしたことはなかった。これでフラグがひとつ折れたのだと思う。

 

妹と弟は完全にモテ側の人間だ。いま書いていて思い出したけれど、母は誰よりも弟を可愛がっていた。そして父が妹を溺愛していることは我が家にくる人なら誰でも知っていた。

 

子供をモテ人間にしたかったら異性の親、異性の兄弟姉妹に溺愛させることだ。そこで上手いこと相手を転がして言うことを利かせるコツを飲み込めたらモテ側へ行ける。でも完全に飲まれてしまうと外へ出られない。なので同性の親から外に出ずにはいられないような苛酷な仕打ちがあった方がモテ農夫として大成しやすい。

 

そんな子供時代を持った人が安定した大人になれるかどうかを考えればわかるけど、モテ人間の人生は楽ではない。彼らが人を信用せず、対等な関係で人を愛することが難しいのも無理はない。モテ系は非コミュなんじゃないかと思う。

 

kutabirehateko.hateblo.jp

広告を非表示にする