読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風の谷の姫姉様こと堀井みきさんとミ二マリスト界隈になら何してもいいと思ってる馬鹿

 

 

こういう馬鹿と、馬鹿がほざく事実に基づかない誹謗中傷を真に受けてid:horitsukikoこと堀井みきさんをdisることを正義と思う人がいたら嫌だなと思う。

そして先日書いたエントリーがそういう「こいつらは自分たちと違う劣等グループ」というイメージを後押ししていたら本当に不本意だ。

 

 

馬鹿な増田にムカついたので、蠍座アスペルガー症候群当事者の執拗さで一連の流れをまとめてみたけれど、たかだか一週間の話が一大叙事詩になってしまったので、冷静になるまで保留にする。 

 

わたしが危ないと思ったのは堀井さんに集まる人たちを利用しようとする人が現れること、また堀井さんを偶像視しする人が暴走することだ。堀井さん個人が危険思想を持った教祖、またはかつての与沢翼のようにイメージで人の欲を煽る人物ではないかということではない。

藁売りと溺れる人 - ハイク以上はてダ未満

 

わたしは堀井さんにブコメをもらうまで、あの界隈はホッテントリ入りしたいくつかのブログとブクマを斜め読みする程度しか読んでいなかったが、あのエントリを書いた7月26日から今日まで周辺を自分なりに追ってみた。

 

一連の流れを見て、堀井さんは本当に誤解されていると思った。彼女が人を扇動したり、自分から離れないように圧力をかけたり、誰かを攻撃するために使ったりしている様子はまったく見られない。良くも悪くも彼女は強気にいろんなことを言い切る。それが人の反感を買ったり、憧れた人が集まったりする。その暴走の責任が彼女に求められるのは理不尽だ。でも弁解すること同情をひくことを潔しとせず、言葉足らずで隙が多くてみてらんない。

 

堀井さんが自分で書いたテキストで広告やアフィリエイトをいくら稼ごうが周囲がとやかく言う筋合いはない。堀井さんに会って悩みを聞いてほしい人が堀井さんが提示する額を払うことは詐欺でもなんでもない。大彗星ショッカーさんもそれで立派に仕事を果たしている。

 

ショッカーにはタロットがあるじゃん!と憤慨する方がいるなら、霊感と称して心の赴くままに語ってショッカーさんの数倍の単価がまかり通る業界があることをお知らせしたい。野良稼業で生きているといろいろな商売が不思議な単価で成り立っているのがよくわかる。

 

単価に物言いする人がいるようだが、堀井さんの一時間あたりの適正価値を知る人は神だけだ。神が止めないならわたしらがどうこう言えることじゃない。堀井さんはジャンルでいったら生活必需品じゃなく贅沢品だからね。

 

心無い人の浅はかさで堀井さんの容姿をAKB現役時代の前田敦子を叩く辛辣さと執拗さで叩く人が現れた。人気者は辛い。愛される女へ向けられる嫉妬は醜い。やあね、ほんと!でも堀井さんがバカを相手にせず淡々とブログを更新しつづけ、自分を待っている人に力を向けている姿はあっぱれだと思った。

 

 「捨てる技術」で一世を風靡した辰巳渚は最新刊の中で「捨てない」という選択について書いている。ミニマリズムを卒業して何が悪い。守破離の流れでいったら当然その日は来るだろう。アホか。やりたいやつはやればいいし、やめたくなったらやめればいいだろ。一神教じゃねえんだよ。

 

堀井さんが姫姉様流ミニマリズムの教祖になると「えーやめちゃうの!これからどこにいけばいいの?」となるかもしれない。でも堀井さんという人物がコンテンツになればそうはならない。

 

そのパターンであちゃこちゃ動き回っている人にあやえもんさんという人がいる。

大好きなことでお金を稼いで、独立をする方法

大好きなことでお金を稼いで、独立をする方法

 

もともとゲームを作るのが好きで公開したら人気が出て、そうこうするうちに他のことに手を付けてそっちでも人気が出て…と、いまではあやえもんさんが次に何をするか見るのが楽しみという人が増えてきて、それで食べているそうだ。 

 

バイクとピアノと発動機を作っているYAMAHA。あのタイプの人生。こういうたくましい人の一人になってくれ。これもわたしの勝手な欲だけど。

 

そして虚構増田を書いた馬鹿はブクマ集まって有頂天だろうけれど、後で覚えとけよ。わたし人の評判落として集団で叩かせようとする人、大嫌いだから。