読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛をえるのに役立つ祈り


「がんばらないと成功しない」は「がんばれば成功する」と表裏一体。でも人生にはがんばってもどうしようもないこともある。生死と愛憎はそれに当たる。だからそこでの恵みは自分の手柄に出来ないと思っている。

生活に気を付けて健康的に暮らすこと、誠実に正直に生きて人の好感をえることはある。けれども人は誰でも自分の努力と関係なく背負うものがあり、それで得したり損したりしているのも事実だ。

ベトナムへ行ったとき、日本人と言うだけで優遇されることが多々あった。父の代理だったので父をよく思う人からも良くしてもらった。一方で横浜に部屋を借りようとしたとき、保証人を母にしたら片親はお断りだと言われた。もう二十代も後半で、母もわたしも所得は十分あったが、契約寸前で会ったことのない大家から断りの連絡が来た。

自己責任、自己責任と言う人は、人が背負うものをだいたい自分と同じくらいに考えている。わたしは首都圏で満員電車を使っていたときも痴漢にほとんどあったことがない。たぶん背が高いから。それだけで萎縮する男性は少なくない。逆に学生が多い町で暮らしていたときはアパートに変質者が何度も来た。女子大生の一人住まいが狙われる地域だった。

状況をよくする手をうつのは大切だ。でも結果を左右するのは努力以外の要素によるところも大きい。

神さま私にお与えください
変えられるものを変える勇気を
変えられないものを受け入れる強さを
そして両者を見分ける賢さを

愛する人に愛される道が見つからないとき、この祈りは役に立つと思う。いまも時々思い出す。