稼がないはてこ

昨晩編集した動画をyoutubeにアップした。その解説をブログで書こうと11時半ごろから仕事ブログを書きはじめ、終わったのは16:30ごろだった。3時間で終わらない流れがそこにある。でも今日は下書きに手を入れたものを含めて3本書いた。

 

途中、外の自転車置き場で、雨の中仔猫が哀れな声でかなり長い時間泣き続けているのが気になって仕方がなかった。こらえきれず窓を開けてみたら、毛並からすると親ではないらしい成猫が仔猫二匹のそばにやってきて、困ったように匂いを嗅いでいた。猫のことは猫にまかせようと思って続きを書いた。

 

すると今度は妹がLINEを送ってきて、そのあと電話をかけてきた。放っておこうかと思ったけれど、近々一緒に行く旅行の話だということはわかっていた。妹は忙しいなか宿を取ったりスケジュールを決めたりと奮闘しているので、結局出た。

 

「何してたの?具合悪いの?」

「ブログ書いてた」

「はw」

 

仕事のブログなんだよ!!!

 

書き終えたらはてなポイントメッセージが来ていた。こないだ書いた例のダイヤリーを、寄稿という形で掲載してもいいですか? というお話だった。前回こういうお話をいただいたのは「被害者はいないという大きな男の人たちへ」のときだった。しかし今回は展開予定のリンクの数がすごい。英訳の可能性もあると書いてあった。マジで?

 

読んでほしいと思って書いたものだからありがたい。でもこれが仕事のブログだったら仕事いっぱい来たのにな!と思った。はてこちゃんはだいたい家にいて仕事しない。

広告を非表示にする