自腹仕事のお誘い

こないだ芸能界にたとえて書いたけど、あれ、かなりしっくりくるわ。この仕事。

数年前に一度会っただけの人から、facebook経由でイベント仕事のお誘いがあった。

 

要約すると、参加条件は1枚1000円のチケットを10枚売ること。3000円バックあり。

ここから広告費など諸経費を参加人数で頭割りしたものを引く。

イベントまで毎週打ち合わせに参加してほしい。

当日はお客様が持参されたチケットを現金と同様に扱う。単価は自由。

場所は40人くらい入る居酒屋らしい。

 

えーと。おわかりになっただろうか。わたし、まだよくわからない。

10000円分イベントチケットを売って、お客様としては1000円のつもりで出している、実質一枚300円相当のチケットを受け取って、商売をせよ、と。

そのための準備に自腹で付き合い、自腹で広告作成に協力し、たぶん自腹で打ち上げ*1にも参加してほしいと。

え?いくわけないじゃん。趣味でやってるんじゃないんだからさ。パー券買わない?みたいなノリなのか。なにこれ。

 

参加予定者を見るとわたしの仕事とはまるで関係ない、ずいぶん色々な人が出店の打診をされているみたい。共通するのは「趣味を仕事にしたい!あわよくば起業したい!」と夢見る人々なんじゃないかな、ということ。そしてそれらの人々に「自分はそれで起業してもう成功してるよ!成功するためのセミナーも開講してるよ!」とアピールして弟子を集めるのが仕事なんだろうな、という人々だということ。

 

もうね、芸能デビューしたい人を集めて歌を歌わせてあげるからライブチケット売って!っていうのによく似てる。歌がメインじゃないんだよね。歌わせてやる代と、歌手志望を集めてうちのプロダクションのレッスン費を潤そう、というのがメインなの。

 

 

知り合いの同業者にもこのメッセージは来たらしく、割に合わないよね、と話した。わたしたちは小物なりに一応プロでやっており、お金をいただいて人に教えることもあるし、生徒をとらないかみたいな話ももらう。知り合いに10000円分もチケット売って会場に来てもらって仕事するくらいなら、直接お金をいただいて仕事するよ。

駆け出しのころだったらどうだったかなと思ったけど、いやいや参加条件がめんどくさすぎるよ。顔を広げる機会になりますみたいに書いてたけど、知り合いいなかったら10000円分もチケットさばけないよ。

 

なにぶん変な仕事だから社会的地位は定まらない。持ち上げられすぎることもあるし、趣味の延長だとみくびられることもある。でも遊びじゃないのよ、仕事は。それに今回は遊びにしちゃ時間もお金がかかりすぎるよ。いや、違うか。「何とか仕事に出来ないか」と切羽詰まる気持ちにつけこんで、こういう条件出しているんだよね。あーやだやだ。

 

kutabirehateko.hateblo.jp

*1:後片付けじゃねーの?