謎の癒しサロンVSスポーツジム

一時期この十年なかったくらい調子がよかったんだけど、先月長丁場*1の仕事が入ったあとでぱったりと何もかもできなくなった。

どのくらい何も出来なかったかを正直に書くと、まともに暮らすハイカーさんたちにドン引きされそうなので、具体的な話は省く。

直接ご依頼いただいたお客様をのぞいて所属先の仕事も休んだ。

夜明けまで眠れず、動機が激しく、小さな音や心臓ががんがん響く。冷や汗寝汗をかく。嫌な感じ。

こういうときはどんどん思い詰める。手近に出来る手堅い改善策に手が付かず、大金はたいて普通じゃない方法でアプローチしなければいけないような気がしてくる。

飛行機の距離でやっている目玉が飛び出すような値段のセミナーとか、何度通う必要があるかわからない謎の癒しサロンなどを検索しては預金残高と比較する。

元気な時はまったく馬鹿らしいと思う。でも何もできないときって、寝ているだけでなんとかしてもらえそうな何かにすがりたくなる。

一度行って帰るだけで春から行きたかったデザインスクール*2の一年分の学費ぐらいかかる。「でもこれで事態が改善するなら」と思う。

 

もうほとんど申込みをしようかな、と思っていたところでこれを読んだ。


うむ。その費用でプールがあるジムに入ってみようかな、と思った。

効果が出ないかもしれないのは謎の癒しサロンも同様だしな。

*1:当社比

*2:去年行こうと思ってたやつ。結局行けなかった。

広告を非表示にする