読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

別冊男所帯 X1 preX

もちのすけのレーシック手術後一ヶ月検診で電車に乗ったら、雑誌の広告がたくさんありました。もちのすけはあの本のことを思い出したようです。
「ねえ、はてこさん。“月刊男所帯”はその後どう?」
「春だから、花粉症対策とか、先取りで五月病対策とかやってるんじゃない。“新入学・新卒男所帯デビュー後一ヶ月の山を乗り切れ!”」
「“プチ掃除で汚部屋対策”“40過ぎたらプチ掃除 加齢臭のしない部屋”」
「“プチクリーンで再婚活”“娘とのデートで気を付けたいことTips10”」
「娘?」
「バツイチ男所帯の人向けの記事。元妻と暮らしてる娘と会うときのTips。養育費の話で元妻に会うときの服とか。アメリカのダイエット本に“別れた夫と会うための緊急ダイエット”っていうのがあったよ」
「そうか、独身って言っても色々だね。読者アンケートで家族構成聞いたりしてみると意外に子どもがいる家もあるかも」
「あ、でもこれから結婚考えてる男所帯に幸先悪いから、別の雑誌にした方がいいかな。バツイチ…“エックスワン”とかどうですか」
「“X1”」
「で、離婚を考えてる人用が“プレエックス”」
「“pre X”」
「“pre X”の方は“調停員に好感を与えるファッション講座”“カッときて大失敗! 不利になる言動TOP10”“別居費用、弁護士相談料、診断書etc…Xデーまでの経費”とか具体的な疑問に答える本。巻末に離婚届の見本があって、書き方が書いてあるの。“離婚で解決したこと・しないこと”とか頭を冷やす話や“X回避! 瀬戸際相談所”とか離婚回避の索を考えるコーナーも欲しい。“眠れない夜にさよなら 〜怖くないメンタル・ヘルス”とか」
「生々しいな。でも毎月発行は難しいと思う。“別冊男所帯”でどう?」
「あー、ムックなのね。いいと思う。でも主婦雑誌も毎年同じような特集をやってるからね。離婚世帯の男性が興味があることを繰り返してもいいんじゃないかな。家事、育児、法律、メンタル、恋愛。“何歳までOK? 娘と入る男湯”“シンパパ利用OK 公的保障一覧”“保育園・学童保育終了! 預け先読者アンケート”“みんなどれだけ払ってる? ケース別慰謝料徹底比較”“ダブルX婚…ステップファミリーデビューのいろは”とか」
「男所帯のイメージキャラクターは福山雅治だよね。X1の方は誰がいいかな」
明石家さんまはどうかな。“元妻との距離”とか“遠隔地扶養はさんまに学べ”とか」
 
こういう雑誌があると、孤独死育児ノイローゼも減るような気がします。広告収入も見込めそうだし、なかなか需要の高い雑誌だと思うんだけど、どうかな。
 <関連記事>
 待望久しい男子向け家事雑誌が発売されて三年