やくざを誤解させる漫画をコンビニで売ること

福岡県警、暴力団雑誌の撤去要請 コンビニ6社応諾
 福岡県内に店舗を展開するコンビニエンスストア6社が福岡県警の要請を受け、暴力団情勢を専門に扱う月刊誌などの販売中止を決めたことが分かった。「青少年が誤ったあこがれを抱く」というのが理由で、暴力追放運動に協力する立場から各社が足並みをそろえた。一方で、県警の要請は「表現の自由」を脅かすという見方も出ている。
 
 福岡県警によると、要請は昨年12月下旬、同県コンビニエンスストア等防犯協議会に対し文書で行った。今年2月には書店団体にも要請した。
 
 文書では、暴力団の組織や幹部などを詳細に紹介する月刊誌や暴力団の抗争を描くコミック誌など数社の数十種類の書籍を列挙した上で、「これらは暴力団を美化する風潮があり、青少年が誤ったあこがれを抱き、暴力団に加入してしまう恐れがあることから、売り場からの撤去を検討すべきだと考えている。ご理解の上、適切な措置をお願いしたい」と要請したという。対象には全国規模で発行する出版社の書籍も含まれる。
 
 これを受けてローソン、ファミリーマートミニストップ、ポプラ、デイリーヤマザキ、サークルKサンクスの6社が販売中止を決めた。ローソンは31日発売予定の雑誌から、ミニストップも4月1日から中止する。ほかの4社はすでに発注や納品をとりやめたり、店頭からの撤去を進めたりしているという。6社の福岡県内での店舗数は、ローソンの339店を筆頭に計912店。コンビニ各社の話によると、うち約半数の店舗で販売されていたとみられる。
 
 同県内で店舗が最も多いセブンイレブン(671店)や、am/pm(75店)は以前から販売していない。ココストアやエブリワンなど58店を展開するココストアウエストは「今後検討する」としているが、担当者は「企業として暴力追放運動に協力しなければならない」と話す。
 http://www.asahi.com/national/update/0325/SEB201003240054.html

福岡県警と県内コンビニ各社は「暴力団の抗争を描くコミック誌など」に「暴力団を美化する風潮があり、青少年が誤ったあこがれを抱き、暴力団に加入してしまう恐れがあることから、売り場からの撤去を検討すべきだと考えている」のね。なるほど。じゃあ作り手の方はどう思っているのかしら。
 

暴力団雑誌の撤去要請「違法」=作家宮崎氏が県提訴−福岡地裁
福岡県警が県内にチェーン展開するコンビニに対し、暴力団情報を扱った雑誌などを販売しないよう要請したことについて、作家宮崎学氏が1日、「要請は表現や出版の自由を規制するもので違法」などとして、県に550万円の損害賠償を求める訴えを福岡地裁に起こした。
 訴状などによると、県警は昨年12月、暴力団情報を取り扱ったコミック73冊と雑誌3誌について、コンビニ各社に販売中止の検討を文書で要請。大手などが納品を取りやめたり、加盟店に撤去を求めたりした。うちコミック1冊は宮崎氏の本を原作としたものだった。(2010/04/01-17:24)
 時事ドットコム

 
宮崎学さん、実名出してたった一人で県を相手取る正々堂々とした姿勢に感心したわ。裁判の行方が気になるところ。

広告を非表示にする