生もの怖い

ご飯が作れなくなった。
 
億劫が極まったのかと思ったら、どうも生野菜や生肉、生魚や卵の殻に触ると怖気が走るようになったみたい。
お店でプチトマトを食べたらちょっとやわらかくなっていたのだけど、気持ち悪くて噛めなかった。
 
鮮度の悪い野菜を料理したものもだめだ。
この間目玉が飛び出るような値段のホテルで食事をしたけれど、そこの蒸し野菜がひどかった。
きもち悪い、出したいと思いながら、ご馳走してくれた相手のために心の中で泣きながら食べた。
 
果物も少し味がボケるともう気持ち悪くて食べられない。
バナナもちょっとでも茶色く柔らかくなったところがあると食べられない。
酸っぱくなくてやわらかい蜜柑も食べられない。
 
調子が悪いと謎のこだわりが出て、こういうことが起こる。
私は虫みたいなところがあって、寒いとダメだ。だから毎年冬はなんだかんだで痩せる。春はまだか。
ハワイか伊豆に湯治に行きたい。スパリゾートハワイアンズでもいい。
 
これまでも生ゴミが怖くて触れなくなるということは何度かあったけれど、生もの触れないと困る。
パンは怖くない。ご飯もそれほど怖くない。
切って並べるだけのメニューってどんなものがあるかしら。
 
・パン
・お茶
・がんばってレタスのちぎったの
・がんばってベーコンを敷いた目玉焼き
・ヨーグルトと冷凍ブルーベリー
 
・ご飯
フリーズドライの味噌汁
・冷奴、または湯豆腐
・納豆
・粕漬けかみりん干しのお魚
 
あまり体重の増加は望めないメニュー。みなさんのすてきなアイデア募集中。

広告を非表示にする