破れかぶれクンへの手紙

人間ドックを機にがんばって外に出ているはてこです。こんばんは。
だって万歩計のマルコが「このままじゃいつまでたってもお母さんに会えないよ!」と泣くんです、まいにち。
でもさすがにくたびれはててしまったので、今日は半日パソコンに向かってメールの返事を書いていました。
 
少し前に英語チャットに挑戦してみました。
そこで知り合ったアルジェリアの若者がまじめな話を振ってきたのでメールをやりとりすることになりました。
google先生とエキサイト翻訳さんがいれば百人力、怖いものなんてありません。
 
彼のハンドルネームはDesperate。エキサイト翻訳さんのお話では破れかぶれという意味だそうです。
世の中やんならない? と聞かれて、ううん、今はそうでもないと答えたことがきっかけで会話が始まりました。
今日は、私がなぜ今は生きることがやんならないか、ということを英語でがんばって書いてみました。
 
 
Hi,Desperate. Is Algeria in cold? Tokyo is snowing two days.
Do you remember last week?
That day,I had to go to Medical checkup early in the morning.
I'm very sleepy,and cold! It's a bad day for medical checkup.
 
by the way, I thinking of you. why do you Desperate?
I need full story. Are you 20 years old? I'm older than you.
(but please don't ask my age. yes,"Don't ask a lady her age". you know?)
 
when I was 20, I had many troubles and worries.
Sometimes I wanted to die.
Because I didn't know that how to live.
 
now, I have many troubles and worries and few wisdom.
And I know I'll be go on, yes, no hurry.
 
My friend was hurried. I remember her sometimes and I always thinking.
If she is still alive,she was able to learn more like her friend.
 
I wish your happiness. see you.
 
 
太宰治の“新樹の言葉”を読みながら、何年も精神科にかかっていた彼女のことを考えました。
おそらく境界性人格障害だった彼女も太宰治も、急がないでもう少しゆっくりできたらよかったのにな。

広告を非表示にする