だけどやっぱりレイプされるのは気持ちいいはず! という人のためのQ&A

受け入れ態勢にないときの性関係はたいへん苦痛だということが信じられない方のためのQ&Aです。
一つ前のエントリーとあわせてお読みになってください。
 
 「おりものシート使ってる女はいつもびしょびしょなんだろ」
  おりものと愛液は別物で、潤滑剤としてはあまり役に立たない。
  これ豆知識な。
 
 「レイプされてる間に濡れてくるからその後は気持ちいいんじゃね?」
 確かになんとか身体を守ろうと膣ががんばってくれることはあります。
   ちんこはにゅるにゅるしたところに挿入できたらそれだけでかなり満足。
  だから濡れたらOKとつい考えてしまいがちかもしれませんね。
  でもね、女はにゅるにゅるしてるところに何か入れてもそれ自体では何ともないのです。
  ちんこに比べて残念な造りかもしれませんね。
 
 「だけど女のほうが強く快感を覚えるっていうからぜったい感じてるはず」
  成功するとたいへん大きな効果があるけどなかなか上手くいかない、というものがあります。
   残念ながら合意の上での性関係においてさえ自慰行為ほどの満足も得ていない女性が大勢います。
   立派なイチモツは女性の憧れの的、というのは男性が好むお伽噺ですが、女性はそれほどちんこをありがたがっていません。
   残念ながらなかなか「くやしい…でも感じちゃうビクンビクン」とはならないのです。
 
 「でもでもレイプで感じたって話は実際あるしね」
  そういうこともありますね。
   特に男性の性暴力被害者はそうかもしれません。
   で? っていう。
 
 「だろ?! だったら気持ちよくしてもらって文句言うなよ」
  あなたさまはいかなる時にも肉体的な快感と満足が直結していらっしゃるのかもしれませんね。
   レイプ加害者は被害者との間に相互満足があったと考え、自分は快感を与えたと思うかもしれません。
  でも無理にある感覚を感じるように強制されるのは苦しくてとても不快で残酷なことなのです。
  くすぐりAVが拷問ジャンルなのはこのためです。
  くすぐられている人は愉快な気分で笑っているわけではないのです。
   嘘だと思ったらあなたの上司を小一時間くすぐってみるといいですよ!

広告を非表示にする