読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

遅咲きPTSD

闘病生活

外が暗い時間に眠れない。
 
っていうか、寝る覚悟ができない。だから睡眠薬なんか飲んでも全力で抵抗してしまう。 
だって眠ってしまったら何か起きてもわからないじゃないですか。
戸締りなんかしてたってね、窓ガラスなんか簡単に割れるんですよ。
 
そりゃもちろん枕元にはいつでも110番できるように電話スタンバってますけどね、寝起きは反応速度も遅くて心配じゃないですか。
東京都っつっても110番通報から30分以内に警察が到着することなんてまれなんですよ。
寝込みを襲って15分も余裕があったらかなりいろいろできるでしょ?!
 
旦那?
 
だって彼は震度4くらいじゃ起きませんからね、非常ベル鳴って起きなかったことが三度もありますからね、武士だったら余裕で寝首をかかれてますよ。
 
まあ昼間だって安全とは言い切れませんけど、昼間はみんな起きてますしね、叫んだら聞こえるんじゃないかなって思うんです。
やっぱり外が明るくなってくるとほっとしますよね。新聞屋さんのだんだんだんっていう足音はどうしても怖いんですけどね。
 
と、いまだついつい寝ずの番をしているんですが、ここ数日性暴力について書いていてはたと気づきました。
 
こ れ っ て P T S D じ ゃ ん!!
 
なーにを今ーさーらー byミスチル
 
最後に警察のお世話になってからもう10年以上経っていると思うんですけど、なんか不思議ですね。
まあ、いま仕事してないんで昼夜逆転でもなんとかなるんですが。これで食べていけるのはほんとありがたい。
 
でもなあ、いつ楽になるのかなあ。