美人と美人意識の高い人

私は人を美人かそうでないか、自分の中でかなりくっきり区別している。
でもあることをきっかけに、これが剣呑な話題だということがよくわかった。
そして今回美人って…という話題で一悶着あることを知ってさもありなんと思った。
 
  雨宮まみ「美人という職業」(http://d.hatena.ne.jp/mamiamamiya/20080328

北原みのりよしもとばなな」(http://www.lovepiececlub.com/kitahara/2009/12/post-188.html

ohnosakiko「『ブスなのに何故』問題」(http://d.hatena.ne.jp/ohnosakiko/20091223/1261494706

  キリンが逆立ちしたピアス「美人とは誰のことか?」(http://d.hatena.ne.jp/font-da/20091224/1261639347
  
だいぶ前のことなんだけど、私はある宗教の人からある経典を教えてもらっていた。
変な書き方だけど、他になんて言えばいいのかな?
 
その経典には美女がたくさん出てくるけれど、大事なのは心だということだった。
神が見るところと人が見るところは違うのです。なるほど。
 
あるとき、その宗教の人がうちに来ているのを見に、私の友だちがやってきた。
宗教の人は友だちに笑顔で挨拶をした。
 
その様子がとても優雅でほんとにきれいだった。
 
私は突然美女に変身した彼女を見て、いったいどこがきれいなんだろう、と考えた。
目? 鼻? 輪郭? 顔のパーツの一つ一つとそのバランスをしげしげと見た。
彼女の顔のどこをとっても美人と言えるパーツはなく、バランスも平凡なものだった。
唯一長くて自然に明るい色の髪は綺麗だったけれど、とつぜん目の覚めるような美しさを発揮したのはそこではなかった。
 
今思うとあれは彼女の立ち居振る舞いの優雅さだったのだと思う。
そうか、内面の美しさってこういうのをいうんだ。すごい。
神は心を御覧になる。宗教やってるだけのことはある。
  
話はここからなんだけれど、私はそれを後日そのまま、ほんとにそのまま彼女に伝えた。
私は小さい頃から良くも悪くも率直な褒め言葉をすぐ口にする方なのだ。
 
大変な事になった。
 
内面を重視することを強調していた彼女は予想に反して明らかに感情を害した様子だった。
その顔を見て私は初めて気づいたのだけれど、彼女は自分を美人だと思っていたのだった。
かねてからお綺麗だと思っていましたが、あの日は本当にお美しく、が正解のようだった。
それから彼女は折に触れて自分のモテ話をするようになった。
  
高校時代、通学中の後ろ姿を好きになったと見知らぬ学生に告白されたこと
大学時代、写真部の男性に読書週間用ポスターのモデルを頼まれたこと
色の白いのは七難隠すからと肌の白さを褒められて育ったこと
 
「もらったラブレターは両手両足で数え切れない」と話していたことも聞いた。
実際モテたんだと思う。彼女を好きになった男性は彼女の容姿を熱心に褒めたと思う。
でもこの人はやはり美人ではなかった。お洒落上手で人の心を掴むのが得意な人だった。
 
美人とモテるは記憶力がいいと頭がいいくらい違う。
頭がいい人が記憶力が優れているとは限らない。
  
そんなわけで爆風スランプの“美人天国”の定義はちょっと違うかなと思う。だって美人だからってモテるとは限らないし、モテるから美人とも言えないから。
よくも悪くも魅力と美貌はイコールじゃない。
 
だけどさ。
美人って言われると喜ぶ人が多いから、この人に好かれたいと思うとつい言っちゃうんだろうね。
お金持ちにご立派っていうみたいに。
 
だから人の心を掴むのが上手くて十人並みの顔立ちなら美人と言われる機会がある。
言われた側は自分を美人として考えるようになりがちなんじゃないだろうか。
 
(逆に対人関係を作るのが苦手な美人はあまり褒められることがないと思う。
 つまり美人が美人として評価されるとは限らないわけですね。
 だから美人なのにブス意識の強い人って結構いるんじゃないだろうか)
 
私はよしもとばななは美人ではないと思う。魅力的な顔立ちとも思わない。
よしもとばななって美人だよねぇ、いいなあ」
よしもとばななって文章ダメなくせに顔で売れてるよね」
っていう人がいたら同意する人はあまりいないんじゃないかな。
  
でもね、よしもとばななさんを前にそのことを論じようとは思わない。
もしかして彼女が自分を美人のひとりと思っていた場合たいへんなことになると学んだから。
エッセイを読む限り恋人探しに苦労するタイプの人では決してないと思うしね。
  
人を惹きつける魅力があれば、美人かどうかはあまり問題じゃない気がするけどな。
美人だったらいい人生送れるというのは痩せたらキレイになれるみたいな幻想だと思う。
 
けれども、このことを口にするときは相手をよく見ないといけない。
人心掌握に長けた美人意識の高い人に恨まれると、長期に渡ってひどい目に合うから。

広告を非表示にする