「神さまが教えてくれた、しあわせに愛される女性になる秘密」に見られるモテと封建主義

井内由佳は大山ねずの会から派生した富士和教会福岡支部の支部長で、木花咲耶姫のお告げとするメッセージをもとに人間関係や仕事、お金に関する本を多数出している。井内は幻冬舎から出したデビュー作「わたし、少しだけ神様とお話できるんです。」の中で、流産の経験を書いている。そして流産の原因は「自分が舅姑に対し…