階段の曲がり角

子どものころ住んでいた家の階段には踊り場があった。 下から二段、東向きの段があって、踊り場で突き当たりを右に曲り、南に向かってさらに上がると子供部屋と両親の寝室に続く。階段の色は焦茶。壁の色はアイボリーだった。 階段は脚立のように平らな板を斜めの板で支える構造になっていて、段と段の間に脚を入れたり、…