読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

昭和の女が作るポップアップメッセージカード リボン仕様

春にいただいたお見舞いのお礼を細々書き続けて夏になってしまった。前回使っていたシールが品切れになったので、今回は鳥と花。ウェディングカードっぽい。 このペースで出すならお礼に賞味期限のあるものはアカンと学んだので、いまは極めて実用的なものを…

いわたくんに飯を奢ろう

出典書いて引用してリンクしてする時間がないので、またつらつらと。 就職活動で40社落ちた大学生がフリーで何かして糊口をしのぐと宣言して、えらい叩かれていた。フリーで食べてる人らが我も我もとこぞって勤め人でないことの苦労を語り、しまいには顔出し…

サイモントン療法と先取り疾病利得

調子が悪くてあちこちいってあれこれしてみたんだけれども、あるところからまったく効果が出なくなった。そんなときサイモントン療法の本に疾病利得対策をしておきなさいと書いてあったのを思い出した。それで意識して自分の「疾病利得」が何なのかを探った…

置き鍼デビュー

漢方薬を扱うという病院へ甥太郎の通院についていったら、「はてこちゃん、調子悪いんでしょ?ついでに診てもらえば?」と継妹が言うので診察を受けた。 気さくなおいちゃん先生で、甥太郎は病院へいくよといわれて大喜びしていた。クリニックの隣の自宅から…

お友だち夫婦とカレーを食べる

お友だちご夫婦が帰郷して顔を見せてくれたので、糸島へカレーを食べに行った。よく考えたら彼女は現在わたしに自発的に連絡をくれるたったひとりの女友達だ。子供のころから交友といえばだいたいこっちから声をかけ、先方の都合にあわせて約束を取り付け、…

女性のエンパワメントとハイヒール、そして男子とネクタイ

「ハイヒールを履く女性を増やして女性をエンパワメントするハイヒールを美しく履きこなすことで、日本人女性にもっと自信を持ってほしい」という活動目的を掲げた福岡の団体が欧米で強く批判されているというニュースを読んだ。 news.livedoor.com *1 欧米…

「家事の手伝い」から「家事分担」までの距離

「Cook Do」を使うのは手抜きかどうか、ゴミ捨て担当はどこからどこまで担当すべきかとさいきんネットで家事の話題が続いているのを見た。激論になるようなことか?と思って眺めていたけど、根底に男女問題があることがわかって納得。 分担するとは「全部覚…

抱っこしてもらった

2月に検査入院してそのまま化学療法がはじまり、夫は20kg痩せて3月半ばに自宅に帰ってきた。もちおは以前わたしをお姫様抱っこして運んでいて、廊下で激しくつまづいて足の指を痛めたことがある。もちおは廊下のその場所で立ち止まり、「はてこさんを抱き上…

知らないでいる権利

文春じゃない方の週間なんとかに長年勤めていた伯父がいる。 わたしには叔母の離婚で会えなくなった従姉弟がいた。叔母が離婚するまで親しく育った従姉弟に会いたくて、あるとき「あの人はいま」的番組の参加者募集に応募してみたらテレビ局から電話が来た。…

イギリスと7王国

昨夜の夫との会話。 「イギリスがEU離脱するかもっていってるじゃん」 「いってるねえ」 「イギリスが抜けると、『ゲーム・オブ・スローンズ』の続編ができなくなるらしいね」 「え」 「ゲーム・オブ・スローンズ」の主な撮影地は、英国の構成要素の一つであ…

古希と妹

父の古希の祝いの品のことで妹と揉める。 「ブログ書いてる暇があったら」 と妹が書いてきたのでげんなりする。 このブログは妹に監視されている。 一時期、妹の隣に部屋を借りて住んでいたことがあったんだけれど、妹は通りすがりに窓から部屋をのぞいてPC…

サラダ蕎麦

サラダ蕎麦。ニンニクとオリーブオイルで軽く炒めた葉物、水で戻した海草類、プチトマト、汁気をきったツナ、白髪葱をゆでた蕎麦にのせ、ツナ缶のスープに麺汁と亜麻仁油を混ぜて回しかける。好みでマヨネーズや柚子胡椒を添える 美味しゅうございます。 kut…

やせた

子供のころから「痩せている」「痩せすぎだ」「もっと太らないと」と言われながら大きくなった。学生時代のあだ名は「ルパン」と「オリーブ」だった。でもこれといった持病もなく*1食欲旺盛で風邪もそんなにひかなかったので大きなお世話だと思っていた。 身…

進路変更

大きな決定をしようとしている。いい方向へすすめますように。 kutabirehateko.hateblo.jp

できたよ、できた

長引いていた仕事が完成した。ばんざい。 伝手を辿ればブログを見ることが出来ないわけではない人なので、「仕事終わってないのにブログの更新かね」と思われるべな、と思ってブログ更新すると疚しかった。それもあってブログ更新できんかった。 すーーーー…

腕の中の骨

もちおが会社に顔を出しはじめた。家でも仕事してる。わたしも仕事してる。この絵は以前住んでいた部屋の絵で、いまの住まいではもちおは書斎、わたしはリビングの一角で別々に仕事してる。 病状は安定しているのだけれど、慢性病だから油断はできない。職場…

親戚系のお友だち

こちらのモデルになっているネットアイドル猫チコちゃんの飼い主で、妻と猫と息子に囲まれ、動物を追って暮らしているid:complex_catさんのお宅でご飯をごちそうになった。 complexcat.exblog.jp ネットで知り合ったことをきかっけに、季節のお便りや美味し…

夫に手作りバッグインバッグBIND PLANETをプレゼントした

画期的なバッグインバッグを見て、ぜひ作りたいと思っていたら材料を送っていただいた。ありがとうございました。小躍りしてすぐに作り始めました。 バッグインバッグというのは鞄の中に入れ子にして荷物を整理するためのもの。でもわたしがほしいと思ったid…

ハーブガーデンプティール倶楽部のチキンカレーが美味しい

温泉の行帰りによく食べに行くお店。チキンカレー目当てでいく。 田畑の真ん中にとつじょ出現する。 敷地内で作っているハーブを積み立てでふんだんに使った料理とハーブティーが美味しい。糸島市の観光スポットは店じまいが早いのだけれど、ここはラストオ…

父の古希

父の馴染みの寿司屋の親方が「古希の箸置きよかったね。あの作家、尊敬する」と笑顔でいった。「誰が古希なの?」「俺だよ」と父がいうのでちょっと慌てた。考えもしなかった。先日継母の還暦祝いをしたばかりだったと思ったらもうそんなイベントが。 継母の…

糸島ブルーベリーガーデン伊都へいったよ

糸島市のブルーベリー農園へいった。 わたしのブルーベリーファーストミーティングは「ブルーベリーもりでのプッテのぼうけん 」という絵本を通してのものだった。当時日本ではブルーベリーは食卓に浸透していなかった。 ブルーベリーもりでのプッテのぼうけ…

はてな村ハイク集落

いただいたお見舞いのお礼をようやく何通か投函できた。 手紙をなかなか書けず、書いたはいいが出すのが遅れるということが続いて、ふと気が付くと末尾の日付けが4月の手紙を投函していない。加えて送ろうと用意したものの賞味期限がせまっていることに気付…

「動悸け!」

どうということのない雑記blogをまいにちのように読んでいる。*1 わたしも雑記でいいから書こう、と思って今日もいちにち慌ただしく半べそで過ぎた。もう深夜だけど今日の雑記。 「GO WILD」という本を送って下さった方がいて、芋づる式に「Born to Run」を…

休薬延期

もちおの血小板が減り続けている。普通のひとの半分以下になっているということが、昨日わかった。抗がん剤は休薬延期。 抗がん剤を止めるタイミングは3つある。本人が中止を望むとき、抗がん剤が効かなくなったとき、そして副作用が強すぎるとき。 このま…

美術館の図書室はいつも穴場

週末、夫が今年はじめての麻雀をしに出かけたので、わたしも人と会うため車で出かけた。緊張したので帰りにどこかでお茶を飲もうとカフェを探し、通り道にある福岡市美術館に寄った。美術館にはたいていカフェがある。そして無料か、安い駐車場もある。 わた…

あいたくて あいたくなくて ふるえる はてな村の寄合い

初心に帰って雑記。 ちるどさんがJR博多cityのくうてんでオフ会開いてたらしいじゃないですか。去年姫姉様こと堀井みきさんも博多阪急のエルカフェでレンタル姫姉様やってたらしいじゃないですか。そいでこないだ天神に来てたんでしょ、秀吉さん。 わたしは…

紫の薔薇のみなさまへ もちやま近況

闘病人であるマイハニーもちやまは先週から休薬期間に入りました。 化学療法、いわゆる抗がん剤治療は身体に堪えるものなので、休薬期間はほっとします。やることがあればなるべくこの間に済ませます。 前回の休薬期間はもちやまたっての希望で、裏日本を下…

ラジオで自分を取り戻していたときのこと

もちおが入院していたころ、面会時間が終わる20時に始まる「HKT48 渡辺通り1丁目FMまどか まどかのまどから」という番組を聴くのが習慣だった。森保まどかちゃんがたどたどしく司会進行し、ゲストのHKTメンバーとキャッキャするのを聴いて楽しむ番組。 去年…

三朝温泉 もみの木の宿 明治荘で湯治

温熱医療のメッカ、鳥取三朝温泉へいってきました。古くからある湯治場です。 伝説によれば1163年に発見されたという歴史的な温泉で、源義朝の家臣、大久保左馬之祐(さまのすけ)が源氏の再興を祈願し、三徳山三仏寺に赴いた折に命を救った白狼が夢枕に立っ…

水木しげる記念館をたずねて境港の大漁丸で寿司を食べた

鳥取県境港駅から続く水木しげるロードへいってきました。境港の駅には鬼太郎仕様の電車が走り、沿道には妖怪ブロンズ像が立ち並び、撮影スポットは盛りだくさん。でも目で見るのに夢中で写真はあまり撮れなかったよ。 境港駅前の様子。看板の巨大な妖怪たち…

昭和の女が作るポップアップメッセージカード Amazon段ボール仕様

中原淳一が「贈り物のマナー」というエッセイに「贈るものと相手を考えて包装せよ」「リボンをかけよ」「メッセージカードを添えよ」「これらの配慮は贈り物が高価、華美であることよりよほどたいせつである」というようなことを書いていた。 たくさんの方に…

身体を張ったファンサービス反対

抗がん剤は血液検査を受けながら服薬と休薬を繰り返して使う。服薬、休薬を1セットを1クールとして、数回繰り返してからCTなど各種検査を受け、癌が縮小しているかどうかを調べる。縮小がみられなければ薬を替える。 一般的に抗がん剤投与直後は副作用がキツ…

妻の飯マズで夫の命が危ないらしくて生きるのがつらい

結婚した当初からわかっていたことだけれど、もちおとわたしは味付けの好みが合わない。それでもこれまでは歩み寄りが可能な範囲にあった。しかしガン対策としての食事療法という視点から食事を考えるようになって、味覚の相違は致命的なものになりつつある…

薩摩から届いたさつまいも

*1 薩摩の国に住む方からお芋が届いた。さっそく石焼き芋にして、お昼に出した。もちおは小さく細いお芋を一本食べて寝室へ戻った。ジューサーで絞ったコップ一杯のジュースとカレー二匙、小さなさつまいもでお腹がいっぱいになる。それでもふつうの食事が食…

梯子を外す母

魔性の女、はてこ実母のお話です。まとめきれないので箇条書きにします。 こわい病気になった娘婿に自分が熱烈に信奉する漢方医を推奨し、断られる。 理由:薬の値段が異常。HPが怪しい。プロフィール写真の人相が悪い ↓「このお金を使って。治ったら働いて…

甥太郎と温泉に

*1 昨日は春休みで帰省してきた妹と高校生の甥が、はてこの父親夫婦とともにやってきた。もちおはすこし調子がよく、ベッドから起きてきていろいろ話をした。 少し前にわたしの実家の近くにいい温泉があると知った。「調子がよくなったらいこう」といってい…

超おすすめ携帯食 土鍋で作る石焼き芋

さいきんの主食はもっぱら石焼き芋。春になってもずっと食べる予定。 パレオダイエット的に最強の炭水化物、それは「サツマイモ」 栄養価もさることながら、石焼き芋は携帯食としてとても優秀。火が通れば味付けいらずで、素手で食べられて、新聞紙やキッチ…

お見舞いありがとうございました

今朝amazonの箱を持った馴染みの宅配便のお兄さんがやってきた。 「これはこちらでよろしいんでしょうか…?」 宛名は「kutabirehateko様」であった。 レキシのCD*1を、そして四穀のつゆ*2をありがとうぞんじます。 お会いしたこともない方からこんなに気遣っ…

ガン患者への「癌に食事療法、健康法、民間療法は効果がない」発言は自己満足にしかならない

前回のエントリーで食事法や健康法について何も触れていないのに「それは、これは癌に効かない」とブクマに書く人があらわれた。 長文書いたから斜め読みする人が出るのは仕方ない。わたしもするもの、斜め読み。うむ。 こういう発言っておろおろしてると他…

連続更新しっぱい

ああ、終に当日更新できなかった!*1明日からまたがんばります。 あまり読まれていないんだけど、このカーペットスイーパーが本当に優秀なので未読の方はぜひ目を通していただきたいわん。じゅうたんすいすいキレイにする機会が増えてすっきりよ。 kutabireh…

ランサーズ受難

今日という今日は本当に時間がない。 ランサーズのテキスト募集に応募してみたのだけれど、テキストだけでなく画像を選んで添付しなければならず、それがたいへん。先にテキストを書いてしまってから画像を探すとなかなかしっくりくるものがない。さくさく書…

「同性愛は気持ち悪い」という色眼鏡

生理的にぞっとするものにも文化の影響は色濃くあらわれている。 南国福岡にはでかい蜘蛛が出る。女郎蜘蛛ってやつ。あのくらいになるとびっくりするけれど、わたしは基本的に蜘蛛が好きだ。子供のころ蜘蛛が出ると、母がいつも「蜘蛛はいい虫なのよ。害虫を…

日本ミサンドリー話「ロミオメール」

「教訓:女が悪い」に対抗馬となる「教訓:男が悪い」系フォークロアはロミオメールだと思った。 「ロミオメール」は元彼が送ってくる叙情的でメロドラマのような、あるいはポエミーでJ-POPのような未練たらたらの復縁依頼メールのこと。興味のある人は「ロ…

あらためて、左利きが右手障害じゃないなら自閉症は?

「障害者」の障害は自身の体じゃなく社会にあることもあるという話。 九州男児の母が嫁について嘆くのを聞いていたときのこと。 嫁から常識で考えてありえないことをされたと彼女はたいへんなショックを受けていた。仮にTさんとする。Tさんは、嫁が姑にそこ…

不倫は経済を活性化する

不倫する人が社会に蔓延すると経済が活性化するので、それで潤っている人は不倫を肯定するだろうというお話。ぱぷりこさんがはじめての不倫学について書いていた。 papuriko.hatenablog.com「本気不倫はよくない →遊びでベッドを共にすればOK」という本みた…

たのしい図書館

本屋には新書を探しにいくけれど、図書館へは名作を探しに行く。 兄は「中学校の図書館のSFはすべて読んだ」といっていたが、果たして入学してみると図書館のSF小説の貸し出しカードにはことごとく兄の名があった。これは土俵をかえるしかないと思った妹は児…

換気扇問題進捗

id:zaikabouさんへ。 窓がなく換気扇のまわらない風呂場でカビをふせぐ方法 - はてこはときどき外に出る 今更アレだけど、換気扇壊れててもとりあえず穴は開いてるわけで、外付けとかでとりあえず回避はできんものなのだろうか… 2015/11/17 16:15 b.hatena.n…

「男性という性の加害性」とかいう話に共感できない

今日はブログを書く時間がないのであとで推敲しようと思っていたものをそのまま出します。 ------------ 「健全な男の性欲は強すぎるから男は自分で自分で抑えきれない」 という俗説がある。 ここから派生して 「だから男は頻繁に女と性関係をもっていないと…

窓がなく換気扇のまわらない風呂場でカビをふせぐ方法

昨日のエントリーで「それじゃカビだらけだろう」「カビキラー三昧じゃん」と思われた方へ。 現在カビらしいカビは風呂場に生えていない。カビキラーも使っていない。「カビかな?水垢かな?」という黒ずみが天井の角にいちぶあるけれど、歯ブラシでこすると…

芸名、匿名、ハンドルネームのweb活動としがらみ

ブログやゲーム、チャットやSNSなど匿名でのweb活動はオフラインのアイデンティティとしがらみから人をどこまで自由にできるだろうか、と考えた話です。 4年前の自分と現在の自分 2015年11月7日ではてなブログはオープン4周年だそうですね。 blog.hatena.ne.…