web日記

お礼と近況報告

お見舞いリストからティムタムと「ミドリムシの力」をたくさん送っていただきました。 本当にありがとうございます。 もちおはなんだか突然食事ができなくなって、水も飲めないことが増えてきました。何とかお腹に収めても吐いてしまう。昼夜を問わず身体が…

兼松信之支持者の問題 女性専用車両は痴漢を減らすためにあるのではない

身障者優先席は身障者を減らすためにあるわけではない。身障者が公共交通機関を利用しやすくするためにある。 券売機の点字や点字ブロックは視覚障害を減らすためではなく、視覚に障害を持つ人が公共交通機関を利用しやすくするためにある。 車椅子利用スペ…

ミドリムシ応援軍

お見舞いに「ミドリムシのちから」をいただきました。ありがとうございます。もちおは固形物の消化が難しくなり、とくに食物繊維は胃に残りやすいのか食後うなり続けているので、ユーグレナは貴重な栄養源。粒も小さく飲み込みやすい。ミドリムシと百草丸と…

お見舞いのお礼

もちおは先日babiさん夫妻に送っていただいた今治のバスタオルと、ほしいものリストから送っていただいたミドリムシの力とマウントハーゲンのフェアトレードコーヒーを持参して抗がん剤投与のため入院し、無事退院しました。 化学療法の副作用で数日体調がす…

夫の寝かしつけ

去年の暮れに、社内ネットワークのトラブルシューティングのため、泊りで県外へいくもちおについていった。 およそ3時間の距離を交代で運転する。道中適当な店で食事をとるが、胃が狭くなっているもちおは食べると身も世もなく苦しがる。こういうとき、痛み…

No swim, No life

平日限定プランにしたので、週末はプールに入れなかった。 そしたら土曜日がまったく精彩を欠いた日になった。 「料金上乗せしたら月の途中でもフルタイム会員になれないかな」と思って日曜日に目覚めた。 そのことだけを考えていたら少し元気が出てきて家事…

はあちゅう主義と睡運瞑菜

はあちゅうさんに興味が沸いて、本を何冊か読んだ。「思い立ったが吉日」を地で行く人で、とにかく行動が早い。「気になったときにやらないと、あとでやろうと思ったときには興味が失せている」と考えて、読みたい本はすぐに買って読む、見たい映画もすぐに…

はあちゅうさんの江戸風ジョーク

眠い。喫茶店でもちおが珈琲飲み終えるのを待つ間に眠ってしまった。 雑記がんばるパーソン。 はあちゅうさんの本を二冊kindleで読んだ。 リンク貼ったり、検索したりすると手間なのでまたいつか。 自分に取材するという本と、ゲスな話題の動画書き起こしの…

ostuneさんとリベンジポルノと♯metooタグ

#meetooタグについて岡田育さんが何やら意見しているのがtweetで流れてきましたが、数年前にやり捨てられたと訴える女性の意見を封じる記事を久谷女子に取り上げ、最後まで個人として謝罪せず、同人グループとしても無責任な対応で風化させた岡田さんがそれ…

自覚のない天使

ひとりで暮らしていた頃のこと。 ある日の真夜中、ひとりで「生きるのがつらい、もう明日を迎えたくない」と身も世もなく泣き崩れていたら電話が鳴った。2時くらいだったと思う。びっくりして涙が引っ込んだ。何事だ。 「いま、電話くれた?」 電話をくれた…

氷の下の深い水

電車の中で幼い兄弟が騒いでいる。乗客はうんざりしながら傍にいる父親の顔を見つめるが、父親は我が子の醜態にまるで気づかない。ついに見かねて父親に声をかける。 「失礼、お子さんが少し騒がしいようですが」 父親は夢から醒めたように顔をあげ、力なく…

雑な一般論を熱く語りたいときの心境

「結婚できない人たち」に苛立つ人たち、というか、人の悩みを話半ばで遮って(あるいは頭の中で遮断して心の中で)アドバイスをはじめたがる人は、聞きたくない話を聞くことへの耐性が低い。 一般論は目の粗いざるのようなもので、一見筋が通っているように…

「結婚できない人たち」にイラつく人たち

「夫は欲しいと思わないけど、お嫁さんはほしい」 「ほしいよね…」 「ほしい。お嫁さんがいてくれたら大事にするし、一生懸命働く」 独身の頃、一人暮らしの女友達同士で集まってこんな話が出たことがある。 クタクタに疲れて暗く寒い家にお腹を空かせて帰る…

浪費図鑑

浪費図鑑を贈っていただき、小躍りしてもちおに見せびらかし、一日持ち歩いて夢中で読んで、とても楽しい時間を過ごしました。ありがとうございました。 面白い本だった。Amazonレビューが異常に厳しいのは何か裏事情があるのか。 「この薄さでこの値段では…

画期的なブックカバー

背表紙のサイズに合わせて、平綴じノートから辞書並みの厚さまで対応できるブックカバーを思いついて、作ってみた。 とてもよく出来たので、よく手紙をくれる友人にひとつ送った。 わかってしまえばなんということはない仕掛けなのだけれど、友人からは使い…

愛のバターコーヒー

とても美味しいインスタント珈琲をお見舞いにいただいた。ここ最近、この珈琲にグラスフェッドバターを浮かべて飲むのがもちおの生きる喜びといっていい。先ほど注文履歴を確認して贈り物だったのだといまになってようやく気がついた。ありがとうございます…

スクーンカップはつぼみ型挿入がおすすめ

姫姉こと堀井みきさんも愛用しているというスクーンカップをLOVE PEACE CLUB で買って使い始めた。直径はニベアチューブより一回り大きいくらい。 はじめて実物を見たときはこれを使うのはどう考えても無理だと思ったし、実際試してみるとさらにその思いは強…

お見舞い品 ギー&ココナツオイル

欲しいものリストからギー&ココナツオイルをお見舞いに送っていただきました。ありがとうございます。バターコーヒーにいれていただきます。 胃にやさしくて美味しいらしく、最近のもちおは主食はバターコーヒーといってもいいほどで、グラスフェッドバター…

本とラジオと人との出会い

今日、ひさびさに近所の本屋行ったんだけど、僕らにとって本屋は未知の物語や知識と出会うものというよりは、実生活に即した情報(健康、料理etc)や自己啓発本などを通して、自己をチューニングする、というか再帰性の場になりつつあるんじゃなかろうか。 — M…

入院前夜のレイトショー Hidden Figures ドリーム

前回書いたもちおの入院予定日だけれど、当日の朝に電話があって、病院の都合で手術が延期になった。いよいよ明朝入院する。今夜はレイトショーでHidden Figures, 邦題ドリームを見てきた。NASAがロシアと宇宙計画で競争していた時代に計算係として働いてい…

入院前にすませたいことがあるもちお

雑記がんばるパーソン。 もちおは今週点滴用のポートを入れる手術を受けるために入院する。「湯治へいっておいでよ」と妹からお見舞いが届いたが、入院前にやることをすませておきたいからと家にいて、忙しくしている。そして今日はひとりで宮崎へいった。こ…

夢か呪いか

初心にかえって雑記。 先週amazonでゲーム・オブ・スローンズのシーズン7を見終わった。 来シーズンまでノースローンズデー。 もちおは服薬タイプの抗がん剤がさっぱり効かなかったので点滴になった。 時間をかけていれると副作用が和らぐので2時間のところ…

女友達と女装と女子会の楽しさ

8月にTwitterで知り合った@Tomicajpnこと阿部悠さんと@naka__35こと中さんでお茶会をした。阿部さんは北原みのりさんのLOVE PIECE CLUB ラブグッズ&マガジンでボールクラッシャーと呼ばれて を連載中の面白い人で、中さんは少し前に少年ジャンプの表紙に問…

正気の余地

「妹子に聞いて読んだけど、はてこはいい文章書くわ」 と母にいわれ、読んだって何を読んだの?!と思ったあの日からブログを書く気になれずにいました。お久しぶりです。 妹は「はてこブログについては何もいってない、仕事の方でしょう」というのですが、…

百まで生きたお母さん

もちおのがんが進行していると診断された日に、母方の祖母が入院したという知らせがあった。 祖母は庭を持たないターシャ・チューダーのような人で、今年の春で102歳。いまだかくしゃくとして叔母の離れで暮らしている。手先が器用で、レース編みとちりめん…

金的の思い出

幼稚園のとき某少年漫画の影響でスカートめくりが流行っていた。やられた女の子は怒ってぶつか逃げるかぐらいしか対抗手段がなかった。やり返そうにも男児は吊りズボンだったしね。わたしは男児の両手を掴んで股間を蹴り上げればいいよ、と思って、実際にや…

堀井みきさんのトークショーを聞きにサンクチュアリ出版へいく

東京出張の期間に風の他人の姫姉様こと堀井みきさんがサンクチュアリ出版主催のトークショーを開催するというので、これも何かの縁だと思ってのぞきにいきました。 minimote.hateblo.jp わたしは堀井さんのブログ、とくに雑記ブログを読むのがすきで、ほぼ毎…

ドアがほしくて舅頼み

仕事場のワンルームは玄関から部屋までひとつづきなので寒い。ドアがほしい。 検索すると枠を作ってポリカーボネイトをはめて引き戸を作る方法が出てくる。 お義父さん、作ってくんないかな。 いや、さすがにそれは図々しいか。 じゃあ本棚の天板を長くして…

思い出の抗がんライフブログ

新しいブログをはじめました。 lovemochio.hateblo.jp 去年のことはもう思い出だけれども、現在もこの先も油断せず戦っていく所存です。 肥満大敵。ガンは脂肪に宿る。BMI要チェックですわ。 わたしは痩せすぎでがん保険の加入を断られたんだけど、体重低下…

塞翁的日常

去年もちおがアレだったので、所属先との契約をひとつ切った。 秋に入ってもちおの容態が安定してきたある日、数年前から受講したいと思っていた講座の受講案内が届いた。 期間が長くて受講費がお安くない*1。そしてこれまで所属先と曜日がかちあっていたの…