日常

捨てないことにした

半年ほど前に捨てようと思った着物が捨てられず、書斎にいつまでも置いていた。 デスクトップパソコンを台所に移したので書斎に入らず、もちおは「お、ここは物を置きっぱなしにしていいゾーンだな」と思ったようで、書斎は物置と化し、台所はだんだんパソコ…

リソース配分

やったほうがいいんだろうけど、やりたくなくてやっていなかったことをやった。 はじめてのことは時間がかかる。いつかすらすら出来るようになるんだろうか。 出来るようにならなかったとしても、やったほうがいいことだから、今日からやる。 稼ぐぞ、と思っ…

戸籍上親族な女友達

今日は初心に帰って日記です。 人に会うのが苦手。でもここのところ連日出かけて人に会って話をしている。 仕事のやり方を変えようと思い、コンサルの仕事をしている知人や仕事繋がりの人たちにいろいろな話を聞いているのである。しかしなかなかしっくり来…

換気扇問題進捗

id:zaikabouさんへ。 窓がなく換気扇のまわらない風呂場でカビをふせぐ方法 - はてこはときどき外に出る 今更アレだけど、換気扇壊れててもとりあえず穴は開いてるわけで、外付けとかでとりあえず回避はできんものなのだろうか… 2015/11/17 16:15 b.hatena.n…

モモンガの夢

しなくていいことのナンバーワンがブログの更新なんじゃないかと思うんだけど、連続更新しつづけると落とすのが嫌になる。今日はさっき仕事から帰って緊張している。お風呂が沸いたからこれから入る。ふみこふみお先生みたいに14分で書きたい。*1 今朝モモン…

晴れたり曇ったり雨が降ったり

「修羅の国のネゴシエーションめんどくさい」って書いたら引越しとか離婚とか言い出す人がいた。離婚も引越しも興味ないんだよ。換気扇が直ればそれでいいんだよ。 引越し 転居費用 +礼金敷金 +仲介手数料 +家賃差額 ※初年度 > バス改築費 +家賃差額×2年 +…

修羅の国受難

今日は男尊女卑で知られる修羅の国における個人的な受難をグチグチ書きます。 かつて父の口癖は「えらそうな口を利くなら自分で稼いでからいえ」でございました。幼少期、迷子になって警察のお世話になり、ようやく家に帰り着くと「門限破りだ」とぶちくらさ…

結婚記念日雑感

13年前の今日結婚した。もちおは若くしてわたしをすきになってしまったので、世の中にはほかにも魅力的な女性が大勢いると気がついたらがっかりするべなと思っていた。 「ぼくは、この世にたった一つというめずらしい花を持ってるつもりだった。ところが、じ…

初屋台とんこつラーメン

生まれて初めて屋台でラーメンを食べた。550円。安い。でもちゃんとしたラーメンだった。 まわりはみんな飲んでいる。でもおばちゃんは笑顔で「おつかれさま」とお冷を出してくれた。かえって申し訳なくなってウーロン茶を頼んだ。150円。モツ煮も頼んだ。30…

橋が来たら渡るしかない

今日から念願の仕事をする。 同業者のブログやHPをみて、経歴の華々しさにひえーと思う。ブログやHP自体がもう華々しい。わたしの経歴はパッとしない。これまでの人生にパッとしたところがない。でもおもしろい人生であった。そしてわたしに売りがあるとすれ…

家政における孤独な勝利とひそかな楽しみ

洗濯 28 ワイシャツがぎりぎりの枚数しかない。買いに行こうといいながらそのままになっている。「部分洗いとか手洗いとかしなくていいんだよ。洗濯機で洗ってほしておいてくれれば」と、もちおがいうので、「じゃあもう何も考えずに洗濯機へゴーだ!」とも…

ゆきて帰らぬ物語 吉田知子「お供え」

図書館から借りた本の消費が遅れている。やばい。福岡市から怒られる。 寝込んでいた間に吉田知子の「お供え」を読み終えた。 吉田知子の本は二冊目だけれど、いくつかパターンがある。 ヒロインは決まりにうるさく堅苦しい上流階級に属する女性で こまごま…

おばちゃん経験値を稼ぐ

甥介の初運動会を観に行った。 甥介の幼稚園はわたしにとって角銅くんと出会った場所であり、かおりちゃんと出会った場所であり、キリスト教と出会った場所でもある。美しい白い素朴な教会の尖塔には白い十字架があって、兄と弟にはさまれていた幼いわたしは…

おやすみ掃除機 電気いらずで家中使えるじゅうたんタービーが超優秀

戦前の主婦の暮らしを描いたおばあさんの知恵袋を読み返していたら、畳の時代に洋行帰りの夫が絨毯を買って来たという話があった。掃除機のない時代、絨毯の手入れはたいへんだった。 「絨毯はたいへん重く、雪の日に表へひっくり返して裏から踏み、叩いて埃…

モード切り替えパチン

ある人のブログを読んで「そうか、こうすればいいんだ!!」と閃いたことがあって、朝から水も飲まず仕事に打ち込んでいる。水を飲もうと思ってからはや二時間経った。これ書いたら飲む。いや、書いてる間に飲もう。お湯を沸かそう。ほうじ茶を飲もう。 とく…

BABY METAL WORLD TOUR 2015 in JAPAN をZeppFukuokaで観たよ

BABY METAL九州初上陸だそうですね。 ライブとか昭和記念公園で山崎まさよし見て以来で、なにを着ていけばいいのか、作法的なものはあるのか、いろいろ緊張しましたが、Zepp Fukuokaはヤフードームの敷地内にあり、うちから自転車でいける距離なので移動は楽…

夢が叶った日

ここ何年か憧れていた仕事があったんだけど、遂にその座をゲットした。やったー。 ほいで、時間までにお風呂に入ってその仕事用のよそいきを着て、入念にお化粧して髪をセットして、なんなら開始時刻前に美容院で髪を切って、いい匂いで出かけようと、思って…

にしてつ天神駅の前で公道を走るマリオをみたよ

にしてつ天神駅前で信号待ちしているマリオを見ました。 マリオの前にいる女性はスマホで撮影した画像をどこかへアップしている模様。 「イヤッフー!(信号変るからはよ渡れ!)」と女性を追い立てるマリオ。 にしてつバスをあとにエンジン全開で走り出すマ…

図書館で本を借りました

図書館に予約していた本が届いた。 今年の8月30日に世を去ったオリヴァー・サックスの「心の視力」。 オリヴァー・サックスは「妻を帽子とまちがえた男」と「火星の人類学者―脳神経科医と7人の奇妙な患者」を読んでこころのよすがにしている。もうこの世にい…

珈琲

今日は仕事でお客様にお会いした。 わたしは知らない人に会うと緊張して黙っていられなくなるタイプ。いちばん苦手なのはまったくの他人ではないけれど、気の置けない関係まではいっていない人と内密な話をすること。でも仕事のつきあいはすべてこれなので、…

おやつを待つ猫

ポストカードを二枚、横に繋げて作った立体カード。 「おやつの時間はまだかしら」 開くと室内はこんな感じ。窓の下にメッセージが書ける。 切手を貼るマークがなかったらもっとよかった。

小麦粘土と漫画喫茶

洗濯機ごっこで遊んだ例の甥介と、今日は小麦粘土で遊んできた。 高校生の甥太郎がこのくらいの歳だったころを思い出す。妹が離婚して甥太郎と二人で暮らすようになったので、もちおに頼んで当時住んでいた横浜から妹が住む東京に越した。*1妹が働く間、甥介…

カラーボックスでキッチンカウンター

※タイトル変更 近年かたづけのカリスマといえばこんまりこと近藤麻理恵だけれど、わたしにとって片付けのカリスマは近藤典子。近藤典子はカラーボックス使いだったので、一時期我が家にはカラーボックスがたくさんあった。作りつけの収納がない部屋、あって…

洗濯機ごっこ

実家で甥介3歳と遊んでいたら、興奮した甥介に突進され、甥介は抱きとめたがわたしは仰向けにフローリングの床に激突して後頭部を激しく打った。さいわいわたしの頭部は強度が十分にあったので痛いだけで済んだが、実家のリビングはタイル張りなのでそっちだ…

すきなひとの実家のお墓

夫と母と三人で実家の墓参りにいった。父に見つかったら大目玉だし、継母に見つかったら離婚騒動になると思う。しかし母は前からいまは亡き舅姑の墓にいちど参りたいと言っていたので、お忍びでいった。父はわたしの知る限り一度も墓参りをしたことがない。 …

どうしちゃったのかしら

10日でここと仕事と増田と合わせて40個もエントリー書いてる。頭おかしい。 下書き入れたら50個くらいある。そのうち8割は長文。 はてなの中の人から「こんなに書いて頭おかしいんじゃないの」と思われるかなと思ってセーブしてるつもりだったけど、こんなに…

ポリ袋をしばったのを白兎と間違えちゃうみたいなやつ

id:Ta-nishiさんのアイコンは、水中眼鏡みたいな眼鏡をつけて空を仰ぎ見ている髭面のおっさんの、サイバーパンクっぽいイラストだって、今日まで思っていた。 そうか、腕時計だったのか。 と書いてから、再度画面に近づいてまじまじ見たら違った。 みなさま…

モテない男性というブルーオーシャン

仕事じゃないんだけど、仕事中に知り合った半分お客様という関係の方のお店にいったら、近所のおっさんが軽トラでやって来た。 このおっさんがめっぽう面白い人で、カウンターに座るわたしを明らかに意識しつつ店主に向かって聞こえよがしに色々な話をする。…

耳鼻科にかかって一週間

ハイクの方がたくさん人に心配かけそうなので、こっちに自分メモ。 どこも痛くないんだけど、生理かと思うような血尿が出た。腎炎持ちなので高熱を出すと血尿が出るんだけど、熱はない。 4月から鼻の中が切れて膿んで、かさぶたが出来たりはがれたりを繰り返…

小遣いが増えた夫の買い物

もちおの小遣いには昼食代が含まれている。 なので弁当を家で作った日は弁当代として翌月の小遣いから日数分を引かせてもらって食費に充てていた。もちおは起きてすぐ食事をするとお腹を壊すので、朝食代も入っている。 弁当を作る日はお茶と昼の弁当と朝食…