家族親族

11日経った

夫が息を引き取った。 8月30日深夜のこと。 ハイクとTwitterに散発的な投稿をした。 まとまった話を書くだけの集中力と気力がない。 大変な苦しみようで、拷問の末に薬でとどめを刺すような最期だった。 声すら出ないほど衰弱した身体で「苦しい、苦しい」と…

御無体満足

もちおは胃に物が通らないので自分の唾も吐いてしまうようになり、点滴で栄養を摂ることになった。薬も経口摂取できないので、昨日からブドウ糖と痛み止めを絶え間なく点滴し続けている。退院後は点滴を24時間繋いで寝起きすることになるらしい。少なくとも…

してあげたいこと

治してあげたいと思うと無力感に苛まれる。 わたしは腎臓が弱いのだけれど、不思議なもので心が辛くなっても血尿が出る。 そばにいてあげようと思うことにする。 そばにいられるあいだは。

夫の寝かしつけ

去年の暮れに、社内ネットワークのトラブルシューティングのため、泊りで県外へいくもちおについていった。 およそ3時間の距離を交代で運転する。道中適当な店で食事をとるが、胃が狭くなっているもちおは食べると身も世もなく苦しがる。こういうとき、痛み…

はあちゅう主義と睡運瞑菜

はあちゅうさんに興味が沸いて、本を何冊か読んだ。「思い立ったが吉日」を地で行く人で、とにかく行動が早い。「気になったときにやらないと、あとでやろうと思ったときには興味が失せている」と考えて、読みたい本はすぐに買って読む、見たい映画もすぐに…

自覚のない天使

ひとりで暮らしていた頃のこと。 ある日の真夜中、ひとりで「生きるのがつらい、もう明日を迎えたくない」と身も世もなく泣き崩れていたら電話が鳴った。2時くらいだったと思う。びっくりして涙が引っ込んだ。何事だ。 「いま、電話くれた?」 電話をくれた…

入院前にすませたいことがあるもちお

雑記がんばるパーソン。 もちおは今週点滴用のポートを入れる手術を受けるために入院する。「湯治へいっておいでよ」と妹からお見舞いが届いたが、入院前にやることをすませておきたいからと家にいて、忙しくしている。そして今日はひとりで宮崎へいった。こ…

正気の余地

「妹子に聞いて読んだけど、はてこはいい文章書くわ」 と母にいわれ、読んだって何を読んだの?!と思ったあの日からブログを書く気になれずにいました。お久しぶりです。 妹は「はてこブログについては何もいってない、仕事の方でしょう」というのですが、…

百まで生きたお母さん

もちおのがんが進行していると診断された日に、母方の祖母が入院したという知らせがあった。 祖母は庭を持たないターシャ・チューダーのような人で、今年の春で102歳。いまだかくしゃくとして叔母の離れで暮らしている。手先が器用で、レース編みとちりめん…

一年ぶりの境港と出雲アゲイン

わたしの用事で大阪へいった。帰りにもちおの希望で出雲に寄った。車はこういう寄り道ができるところがいい。わたしが眠っているあいだに決めたようで、目が覚めたら出雲の田んぼがどこまでも広がる夕暮れの通りを車でひたすら走っていた。 神無月にいくはず…

母の手料理を買う

「掃除の仕事募集に申し込んだら電話で断られた」と70歳を超えた母がいうので切なくなって、「わたしの稼ぎから手間賃を払うからときどき食事を作ってほしい」と頼んだ。有料で家に呼ぶ口実と自慢の料理をふるまう機会ができて母大喜び。 母は昔から1円単位…

ドアがほしくて舅頼み

仕事場のワンルームは玄関から部屋までひとつづきなので寒い。ドアがほしい。 検索すると枠を作ってポリカーボネイトをはめて引き戸を作る方法が出てくる。 お義父さん、作ってくんないかな。 いや、さすがにそれは図々しいか。 じゃあ本棚の天板を長くして…

スキルス胃がんステージ4 手術不可能の告知から一年

*1 ブログを休んでいた理由 お久しぶりです。 去年ナコルルのことがきっかけで、アイヌをはじめとする少数民族のことを調べていたら、身近なところにハッとするようなことがたくさんあって、いろいろ考えてしまった。どこかキリのいいところでエントリーを書…

持病息災夫婦からのお礼

抗がん剤を止めて五ヵ月。もちおは月に一度血液検査を受け、二カ月に一度CTと胃カメラの検査を受けている。体調は目に見えてよくなっており、最近はこんなに羽目を外して大丈夫かと心配になる日もある。とはいえ我慢して、あとで「本当は、やりたかった…」と…

縦書き便箋に少し慣れた

レターセットを切らしたので、祖父が遺した縦書きの便箋を使って手紙を書いている。縦にまっすぐ文字を書くことが少なかったので、慣れるまで字が「おっとっと!」という具合によろよろしていたが、最近はまっすぐ立てるようになってきた。 縦書き便箋だと文…

フンべシスターズにムックリを習う

アイヌ音楽グループ、フンベシスターズのライブを聴きに朝倉市へいきました。ライブ前のムックリ演奏ワークショップにもちおと二人で参加したざんす。 フンべシスターズは2009年に結成されたアイヌの女性三人組による歌と踊りとムックリ演奏グループ。フンべ…

義父工房 可動式リバーシブルサイドテーブル

昨日は先日手紙で依頼した可動式書棚を義父が届けに来てくれました。 書棚というより収納付きサイドテーブルでしょうか。リビングで使っているわたしの机の脚元に入るサイズの収納がほしいので、どうかお願いします楽しみに待っていますお義父さんの腕信頼し…

花森安治&中原淳一症候群の母がワンルームに住んでいたときの部屋

みなさんお部屋の写真はすきですか。わたしは大好きです。猫写真や犬写真好きな人と同じくらい好きなんじゃないかな、と思います。部屋雑誌にいいと思う写真があるとそこを眺めるために買うこともあります。何年もはあはあしながら見ます。図書館で借りた雑…

舅にIKEAの鏡で鏡台を作ってもらう

IKEAが出口付近のレジ手前でジャンクアイテムを投げ売りしているのをご存知でしょうか。わたしはあそこから掘り出し物を見つけるのがすきなんだけれど、昨年そこで蝶番で壁に取り付ける大きな鏡を買いました。とっても重い。壁に取り付けるつもりだったのだ…

祖父が残したパンチの屑

祖父の机を形見にもらったとき、引き出しの写真を撮っておいた。 実家で甥助と追いかけっこをしていたら、本棚の上に祖父が使っていた穴あけパンチがあることに気がついた。分厚いものに穴をあけるときに便利そうだと思って下してみると底に丸い屑がどっさり…

祝・ふつう食

告知を受けて食事療法を調べ、もちおの身体の反応もみながら考えた結果、今年に入って主食を減らすようになった。芋類、玄米パスタ、大麦のロティ、十割蕎麦などを中心に、小麦は極力避け、白米も減らしたので2月の入院以来ご飯を炊いていなかった。 糖質制…

リボルバーにはまる甥助

むかし、横浜の駅ビルに歌いながら踊るウサギの人形が売っていた。 その人形の歌が、何度聞いてもこんな風に聞こえる。 へにょへにょへにょへにょ へにょへにょへにょり へにょへにょへにょへにょ へにょへにょへにょり へにょへにょ%&#”$& へにょへに…

夫の定期検査 水木しげるとゲームオブスローンズの現実

今日は月に一度の検査日。結果は悪いものではなかったことを最初にお伝えしたいと思います。ああ、よかった。ありがたい、ありがたい。心配の種であった先日の内視鏡検査の画像について前回とは別の医師から説明をもらい、安心することができました。 検査が…

小公女コンプレックス

「底辺とはつきあえないという底辺出身者に理解を」というエントリーを読んで、「本当ならつきあうような相手やないんよ」が口癖だった祖母を思い出した。 祖母は藩の御殿医の娘で、蝶よ花よと育てられた。両親を早くに亡くしたけれど、子供好きの夫婦からぜ…

五年目の墓参り

もちおと実家の墓参りにいった。東京にいたあいだは一度もいかなかったが、ここ数年欠かさず参っている。父は墓と仏壇を無視して暮らしており、これまで仏壇は祖父が、墓は弟が手を合わせていた。祖父は一昨年墓に入り、弟は訳あって今年は姿を見せていない…

伯母をおどかす甥助

幼稚園が夏休みで甥助が家にいる。甥助は最近迷路のドリルにはまっており、台所のテーブルで熱心に迷路を鉛筆でなぞっている。わたしは反対側に座って甥助が完了させた迷路に色鉛筆で色を塗る。日本語が通じるようになってきたのでやりとりができて面白い。 …

専業会社員体質の問題点

一か月ぶりの血液検査と2か月ぶりのCT検査と内視鏡検査が終わった。 血液検査は良好、CTと内視鏡検査の結果では告知当初もっとも懸念された問題が解消されていが、見た目が不穏な感じだった。内科医はやんわり問題の可能性を指摘していたが、検査医によれば…

妻の飯マズで夫の命が危ないらしくて生きるのがつらい

結婚した当初からわかっていたことだけれど、もちおとわたしは味付けの好みが合わない。それでもこれまでは歩み寄りが可能な範囲にあった。しかしガン対策としての食事療法という視点から食事を考えるようになって、味覚の相違は致命的なものになりつつある…

ガン患者への「癌に食事療法、健康法、民間療法は効果がない」発言は自己満足にしかならない

前回のエントリーで食事法や健康法について何も触れていないのに「それは、これは癌に効かない」とブクマに書く人があらわれた。 長文書いたから斜め読みする人が出るのは仕方ない。わたしもするもの、斜め読み。うむ。 こういう発言っておろおろしてると他…

毒親と絶縁しろっていわないで

性暴力被害にあった人をどう支援するかを書いた本に「支援したいと思うひとは本人に代わって物事を決定しようとしてはいけません」と書いてあった。レイプは人の尊厳を蹂躙し、暴力的に個人の決定権を奪う。性暴力被害を被った人が、再び自分の意思で人生を…