モテとナンパをめぐる話

サークラ、モテ、恋愛工学にはまる人

<前回までのお話> 藤沢数希の恋愛工学に批判が集まるなかで、「男性は美女を連れ歩いてまわりの男性に自慢したいもの。そのゲームに乗ってあげるのもモテの秘訣。本命になったあとこそ露出度の高い服を着て美人風に」と余裕のモテ指南をする蜜の国の蜜さん…

恋愛工学と蜜の国のモテメソッドの相性の良さ

なんかすごく固い文体で書いてきちゃったけど、大丈夫ですかね。 前回の続き。 <a href="http://kutabirehateko.hateblo.jp/entry/2015/08/10/131628" data-mce-href="http://kutabirehateko.hateblo.jp/entry/2015/08/10/131628">「…

「神さまが教えてくれた、しあわせに愛される女性になる秘密」に見られるモテと封建主義

井内由佳は大山ねずの会から派生した富士和教会福岡支部の支部長で、木花咲耶姫のお告げとするメッセージをもとに人間関係や仕事、お金に関する本を多数出している。井内は幻冬舎から出したデビュー作「わたし、少しだけ神様とお話できるんです。」の中で、…

イケダハヤトさんがモテるために必要なこと

魔性系モテの人は農夫のようにマメだと書いた。 魔性の女と悪魔のような男は働き者の農夫に似ている - ハイク以上はてダ未満 そして魔性の基本は絶望的な人間不信、これこそモテの基本だと書いた。 失恋ショコラティエ最終巻で考えるモテ農夫の孤独 - ハイク…

失恋ショコラティエの最終巻で考えるモテ農夫と非モテ

漫画喫茶にいって失恋ショコラティエ最終巻を読んだ話の続き。「漫画は本に入らない」と親によく言われたけど、今週のお題「読書の夏」に入れてもらうことにする。 漫画喫茶にいくのは人生で三度目なんだけど、すっかり清潔感あふれる静寂なスペースになって…

モテ人間夫婦の子育て

どこへいってもモテてモテて仕方がない。肉や魚を買いに店に入れば店主にはポーッとされ、子供をぞろぞろ連れているのに所帯じみていない、奥さんとは思えないと言われ、授業参観では毎回注目の的で後から子供らの噂になる。 夫の長年の友人は夫の留守を狙っ…

不愉快な「かわいい」

モテ指南、ナンパ指南の極意は相手を人として見ていないのではないかという話を続けて書いている。アクセスを見ると需要0だということがよくわかる。でも考えれば考えるほどあれこれ腑に落ちてひとりユリイカな日々が続くのでまだ書く。 「じいちゃんはかわ…

失恋ショコラティエ最終巻で考えるモテ農夫の孤独

今週のお題「読書の夏」にエントリーしました。 漫画喫茶で書いた続き。 漫画読まなずにブログ更新してるなんて病気なのかなって思う。 「魔性の女、悪魔のような男と呼ばれるレベルのモテ人間って、人を人じゃなくてキャベツかなにかのように思ってるんじゃ…

農夫モテと失恋ショコラティエ

ただいま漫画喫茶におります。いつまでたっても近所のGEOに失恋ショコラティエの最終巻が入らないので、漫画喫茶で読みました。たったいま読み終えたところ。今週のお題「読書の夏」にエントリーしました。 すこしまえに蜜の国の蜜さんによる漫画「モテキ」…

魔性の女と悪魔のような男は働き者の農夫に似ている

人を人だと思わない人はモテるという話を書いた。 <a href="http://kutabirehateko.hateblo.jp/entry/2015/08/04/115023" data-mce-href="http://kutabirehateko.hateblo.jp/entry/2015/08/04/115023">モテとナンパを語る人は…

モテとナンパを語る人は冷酷無情なのになぜひとにやさしくしろと言うのか

「よくあるモテ指南、ナンパ指南を熱く語る人は、相手をキャベツか何かのように思っているのではないか」と書いた。 <a href="http://kutabirehateko.hateblo.jp/entry/2015/08/02/182451" data-mce-href="http://kutabirehateko.hateblo.jp/entry/2015/08/02/182451">モテ指南ナンパ指南の谷山浩子っぽさ - ハイク以上はてダ未満</a> そしたらホッテントリ入りしていた2chのまとめが、まさに「相手を人間じゃな…

モテ子の仮面とブス山さん

前回に続いて演劇の世界で考えるモテ指南界隈のこと。 「人と思わずキャベツだと思えばいいのよ。自分の演技に集中しなさい」の後半部分について。 &amp;amp;amp;amp;lt;a href="http://kutabirehateko.hateblo.jp/entry/2015/08/02/182451" data-mce-href="…

モテ指南ナンパ指南の谷山浩子っぽさ

「人と思わずキャベツだと思えばいいのよ。自分の演技に集中しなさい」という言葉は、演劇の世界だけでなくモテ道界隈にも通じるもののようだ、というのが、ここ数日モテ系ブログを読んだ感想。ナンパ界隈もそうだな。 キャベツ相手に緊張しなくていい。キャ…

モテない男性というブルーオーシャン

仕事じゃないんだけど、仕事中に知り合った半分お客様という関係の方のお店にいったら、近所のおっさんが軽トラでやって来た。 このおっさんがめっぽう面白い人で、カウンターに座るわたしを明らかに意識しつつ店主に向かって聞こえよがしに色々な話をする。…

恋愛論とか婚活論とか

婚活中とか彼氏彼女募集中の人の話を聞く機会がちょいちょいある。 「そりゃーダメだろ!」ということをしている人、「うーん、微妙・・・」ということをしている人 いろいろいる。 こないだふと 「いま独身になったら、自分は婚活とか恋活とか成功できるんだろ…

理想の夫&理想の妻

病院で出た薬を珍しく律儀にぜんぶ飲んでいるので朦朧としている。だで、うまいことまとめて書けるか自信がないけれども書くわ。 先日じぶんとこのタイムラインに 「低学歴な男に用はない」 っていう一文が流れてきて、うぉ?!ってなった。遡ってみたら、初…

おかんの呪い、息子編

おかんが娘に呪いをかけるのは娘が自分から自立することを阻むためじゃないかな。 だとしたら息子を呪う時はどうするだろう。 と、つらつら考えてみたところ、身近にたくさんの実例があることに気付きました。 それは「息子がモテない!彼女がいない!結婚で…

対象外の宝石

「背が低い・禿げてる・顔立ちがよくない・年がいってるから 恋人、結婚相手として対象外にせざるを得ない」 というのをときどき目にするけど、 「本当にそういう理由で排除する人がいるのか?ネタじゃないのか?」 と、かなり長い間疑問に思っていました。…