もちお

愛のバターコーヒー

とても美味しいインスタント珈琲をお見舞いにいただいた。ここ最近、この珈琲にグラスフェッドバターを浮かべて飲むのがもちおの生きる喜びといっていい。先ほど注文履歴を確認して贈り物だったのだといまになってようやく気がついた。ありがとうございます…

お見舞い品 ギー&ココナツオイル

欲しいものリストからギー&ココナツオイルをお見舞いに送っていただきました。ありがとうございます。バターコーヒーにいれていただきます。 胃にやさしくて美味しいらしく、最近のもちおは主食はバターコーヒーといってもいいほどで、グラスフェッドバター…

入院前にすませたいことがあるもちお

雑記がんばるパーソン。 もちおは今週点滴用のポートを入れる手術を受けるために入院する。「湯治へいっておいでよ」と妹からお見舞いが届いたが、入院前にやることをすませておきたいからと家にいて、忙しくしている。そして今日はひとりで宮崎へいった。こ…

一年ぶりの境港と出雲アゲイン

わたしの用事で大阪へいった。帰りにもちおの希望で出雲に寄った。車はこういう寄り道ができるところがいい。わたしが眠っているあいだに決めたようで、目が覚めたら出雲の田んぼがどこまでも広がる夕暮れの通りを車でひたすら走っていた。 神無月にいくはず…

スキルス胃がんステージ4 手術不可能の告知から一年

*1 ブログを休んでいた理由 お久しぶりです。 去年ナコルルのことがきっかけで、アイヌをはじめとする少数民族のことを調べていたら、身近なところにハッとするようなことがたくさんあって、いろいろ考えてしまった。どこかキリのいいところでエントリーを書…

持病息災夫婦からのお礼

抗がん剤を止めて五ヵ月。もちおは月に一度血液検査を受け、二カ月に一度CTと胃カメラの検査を受けている。体調は目に見えてよくなっており、最近はこんなに羽目を外して大丈夫かと心配になる日もある。とはいえ我慢して、あとで「本当は、やりたかった…」と…

今年最初のお弁当

諸事情でもちおがしばらく時短勤務をすることになったので、今年に入ってはじめて弁当を作った。作りなれたおかずを、いまの体調にあうように、少し工夫して入れた。複雑な心境。

祝・ふつう食

告知を受けて食事療法を調べ、もちおの身体の反応もみながら考えた結果、今年に入って主食を減らすようになった。芋類、玄米パスタ、大麦のロティ、十割蕎麦などを中心に、小麦は極力避け、白米も減らしたので2月の入院以来ご飯を炊いていなかった。 糖質制…

「グラフィックボードをオーブンで修理する」をヒートガンで代用した話

最近めっきり書斎から出てこないもちやまさん。仕事で使うアプリの開発をしているのですが、余暇は海外オークションで入手したPC機器を手入れして国内で売りさばくという転売ヤーライフをお楽しみ中です。 わたしはこれまでもちやまが自分のジャケットの埃を…

夫の定期検査 水木しげるとゲームオブスローンズの現実

今日は月に一度の検査日。結果は悪いものではなかったことを最初にお伝えしたいと思います。ああ、よかった。ありがたい、ありがたい。心配の種であった先日の内視鏡検査の画像について前回とは別の医師から説明をもらい、安心することができました。 検査が…

五年目の墓参り

もちおと実家の墓参りにいった。東京にいたあいだは一度もいかなかったが、ここ数年欠かさず参っている。父は墓と仏壇を無視して暮らしており、これまで仏壇は祖父が、墓は弟が手を合わせていた。祖父は一昨年墓に入り、弟は訳あって今年は姿を見せていない…

専業会社員体質の問題点

一か月ぶりの血液検査と2か月ぶりのCT検査と内視鏡検査が終わった。 血液検査は良好、CTと内視鏡検査の結果では告知当初もっとも懸念された問題が解消されていが、見た目が不穏な感じだった。内科医はやんわり問題の可能性を指摘していたが、検査医によれば…

シーツを替えて無力感と戦っていたころ

世界で最も影響力のある100人に選ばれたこんまりが、「毎日がときめく片づけの魔法」の中で、ときめきベッドルームの一助としてシーツを毎日替えていると書いていたのを去年読んだ。 我が家のベッドはサイズがイレギュラーで、サイズを合わせて作ったシーツ…

抱っこしてもらった

2月に検査入院してそのまま化学療法がはじまり、夫は20kg痩せて3月半ばに自宅に帰ってきた。もちおは以前わたしをお姫様抱っこして運んでいて、廊下で激しくつまづいて足の指を痛めたことがある。もちおは廊下のその場所で立ち止まり、「はてこさんを抱き上…

進路変更

大きな決定をしようとしている。いい方向へすすめますように。 kutabirehateko.hateblo.jp

腕の中の骨

もちおが会社に顔を出しはじめた。家でも仕事してる。わたしも仕事してる。この絵は以前住んでいた部屋の絵で、いまの住まいではもちおは書斎、わたしはリビングの一角で別々に仕事してる。 病状は安定しているのだけれど、慢性病だから油断はできない。職場…

休薬延期

もちおの血小板が減り続けている。普通のひとの半分以下になっているということが、昨日わかった。抗がん剤は休薬延期。 抗がん剤を止めるタイミングは3つある。本人が中止を望むとき、抗がん剤が効かなくなったとき、そして副作用が強すぎるとき。 このま…

紫の薔薇のみなさまへ もちやま近況

闘病人であるマイハニーもちやまは先週から休薬期間に入りました。 化学療法、いわゆる抗がん剤治療は身体に堪えるものなので、休薬期間はほっとします。やることがあればなるべくこの間に済ませます。 前回の休薬期間はもちやまたっての希望で、裏日本を下…

「夢でよかった」

先日もちおと鳥取へ湯治へいって温泉宿で布団を並べて眠った。 朝方わたしが目を覚ますのとほとんど同時に、もちおが「あぁ!」と声を上げて起きた。 「…ああ…夢か…夢だったか」 並んだ布団に手を伸ばすともちおがこちらに入ってきた。身体が強ばっている。 …

身体を張ったファンサービス反対

抗がん剤は血液検査を受けながら服薬と休薬を繰り返して使う。服薬、休薬を1セットを1クールとして、数回繰り返してからCTなど各種検査を受け、癌が縮小しているかどうかを調べる。縮小がみられなければ薬を替える。 一般的に抗がん剤投与直後は副作用がキツ…

妻の飯マズで夫の命が危ないらしくて生きるのがつらい

結婚した当初からわかっていたことだけれど、もちおとわたしは味付けの好みが合わない。それでもこれまでは歩み寄りが可能な範囲にあった。しかしガン対策としての食事療法という視点から食事を考えるようになって、味覚の相違は致命的なものになりつつある…

薩摩から届いたさつまいも

*1 薩摩の国に住む方からお芋が届いた。さっそく石焼き芋にして、お昼に出した。もちおは小さく細いお芋を一本食べて寝室へ戻った。ジューサーで絞ったコップ一杯のジュースとカレー二匙、小さなさつまいもでお腹がいっぱいになる。それでもふつうの食事が食…

甥太郎と温泉に

*1 昨日は春休みで帰省してきた妹と高校生の甥が、はてこの父親夫婦とともにやってきた。もちおはすこし調子がよく、ベッドから起きてきていろいろ話をした。 少し前にわたしの実家の近くにいい温泉があると知った。「調子がよくなったらいこう」といってい…

ガン患者への「癌に食事療法、健康法、民間療法は効果がない」発言は自己満足にしかならない

前回のエントリーで食事法や健康法について何も触れていないのに「それは、これは癌に効かない」とブクマに書く人があらわれた。 長文書いたから斜め読みする人が出るのは仕方ない。わたしもするもの、斜め読み。うむ。 こういう発言っておろおろしてると他…

癌患者の家族を助けるもの

進行がんに罹患した家族を支える看護者にとって、何が助けになったかというお話。

晴れたり曇ったり雨が降ったり

「修羅の国のネゴシエーションめんどくさい」って書いたら引越しとか離婚とか言い出す人がいた。離婚も引越しも興味ないんだよ。換気扇が直ればそれでいいんだよ。 引越し 転居費用 +礼金敷金 +仲介手数料 +家賃差額 ※初年度 > バス改築費 +家賃差額×2年 +…

夫が図書館で住民税の元をとっていた話

今回はもちおが図書館に毎月新しい本をリクエストして住民税を上回る利益をえていた話です。 ヒトデさんが図書館に目覚めたそうですね。 hitode99.hatenablog.com 図書館にない本をリクエストすると買ってもらえるということをヒトデさんはご存知でしょうか…

yes,no枕は必要か

「男女が二人きりになるのは肉体関係の合意、それは共通言語だ」というブログ引用がいくつか来ている。いっぽうでトイアンナさんのようにそれは違うと考える人もいる。合意か合意でないかを知る目安としてyes,no枕を採用してはどうかという声もある。 わたし…

禁じられたピンク

同じ年の従妹がいて、母はときどきわたしと従妹におそろいのものを買ってくれた。 よくあったのは色違いで赤とピンクの玩具や小物。わたしはピンクがすきだったのでピンクがほしかったけれど、母はなぜか絶対に赤い方をわたしに選んだ。 ピンクのペチコート …

ワルツでクールダウン

風呂上りのもちお - ハイク以上はてダ未満 もちおの恋愛工学批判 - ハイク以上はてダ未満 kutabirehateko.hateblo.jp