「もうレシピ本はいらない」ではじめるぬか漬け暮らし

岩田屋リブロでこの本を買った。手料理を作るだけの頭と手足の連携が取れてきた今日この頃、非常に魅力的な書名だった。本を要約すると、「日々の料理は旬の野菜を切って干すか、ぬか漬けにしておけば、あとは炊いたご飯とみそ汁で食事は済む」ということだ。おしまい。

 

2年前ぬか漬けキットを買ったものの、夫の看病に伴う食生活の変化と調理スタイル、生活スタイルの激変で糠漬け生活はとん挫しいていた。半袋だけ残った糠と青磁のぬか漬け容器は捨てる踏ん切りもつかずそのままになっていた。 そもそもわたしはぬか漬けが好きではない。夫の身体にいいかと思って闘病熱に浮かされて買ったのだ。しかしぬか床を育てるだけの手をかけることができなかった。

セットは違うけどこの容器。

 

しかし今回はなんとなくいける気がした。著書である稲垣えみ子さんの「アバウト!万歳!アバウトよ!永遠なれ!」という熱い思いに背中を押されたのだ。近所のスーパーで糠が無料配布されていたのも幸先がいいと思った。かくして人生二度目のぬか床チャレンジがはじまった。

 

「ぬか床が育つまで1~2週間から数カ月かかる。それまで野菜くずを捨て漬けせよ」とwebや本には書いてあるが、打倒几帳面アバウト派の精神に則って最初から食べるつもりで大根を漬けた。あらかじめ塩や椎茸粉、唐辛子など混ぜ込んであるキット付属の糠に水を混ぜ、耳たぶくらいの固さになったところで輪切りの大根を突っ込む。糠を早く発酵させるため、容器は冷蔵庫に入れない。

 

果たして翌日ぬか床から掘り出した大根は間違いなくぬか漬けと化していた。何をもってぬか漬けとするのか定義は人によって違うようだけれど、掘り出した大根は明らかに単なる塩漬けとは違う奥深い味がした。いける。続けて人参、茄子と王道の野菜を漬けた。人参も大根も皮のまま、茄子はヘタつきのまま漬けた。美味い。鰻屋の、とまではいかないが、店で出されるぬか漬けとも、昔親戚の家で出された古漬けとも違う新鮮な味がする。

f:id:kutabirehateko:20180331003253p:plain

粥を炊く小さな土鍋に無洗米と雑穀を適当に入れ、打倒几帳面アバウト派らしく適当な水加減でガスで飯を炊く。稲垣さんは「玄米でないなら浸水しないでいい、米より一関節分水を多めに入れて火にかけ、蓋を開けたまま水が減るまで加熱して、水気がきれたら蓋をして一瞬強火、そのまま消して蒸らす」という水加減ガン見炊飯をすすめていた。

 

これまで土鍋で飯を炊くことはあったが、「何分水浸、沸騰したら何分強火、弱火何分、蒸らし何分」に気がとられ、鬱陶しく気ぜわしい思いをしたので、「蓋を開けて様子を見ながら水気が飛ぶまで加熱」は肩の荷が下りるようだ。

 

何度か試したが、やはり白米もしばらく浸水した方が炊き上がりがいい。みそ汁と漬物の支度をしながら少し米を水に漬けておき、蓋をした鍋を中火にかけ、吹きこぼれない程度にごとごとやる。水気がなくなって鍋が大人しくなったら火を止める。それだけ。

 

味噌汁は干し野菜、干し茸を中心にあるものを鍋で煮て、火が通ったら味噌を溶かす。鰹節や煮干し、昆布などの出汁も要らないと稲垣さんはいう。わたしは鰹節で出汁を取るのがすきなので沸騰した鍋に鰹節を入れて弱火で煮だして味噌をとく。米を蒸らすために火からおろし、空いた火口にみそ汁の鍋をかける。

 

何が楽だといって、野菜は漬物を切るだけですむということだ。これがどんなに楽なことなのか、やってみてはじめてわかった。野菜料理は焼くだけ、煮るだけの肉や魚料理と比べて大変なのだ。肉や魚も捌くところからなら大変だろうけれど、いまどきの肉や魚は皮も鱗もはいで内臓もとって食べやすい大きさに切られている。一方野菜は洗って(流しの泥を流して)皮を剥いて(皮をまとめて捨てて)食べやすい大きさに切って(まな板と包丁を出して洗って片づけて)煮炊きして(煮炊きした鍋窯を洗って片づけて)ようやく皿にのせられるようになる。

 

一方漬物はぬか床から出して切るだけ。他に何も要らない。ぬか床に納まりさえすればかなりのものが何でもぬか漬けになる。茹でた人参の葉、茹でたほうれん草、干し椎茸、トマトなんかも美味しく漬かる。赤カブは色も形も可愛らしい。そしてどれも生の時とは違う、なんとも深みのある味わいがある。

f:id:kutabirehateko:20180331001850p:plain

f:id:kutabirehateko:20180331005438p:plain

古漬けは炒め物にしても美味しい。エリンギのぬか漬けが美味しいと聞いて、いま生椎茸を漬けている。茹で卵や蒟蒻も美味しいそうだ。

 

ビタミンB!や乳酸菌をはじめぬか漬けによって摂取できる栄養素はさまざまにあり、快腸、快便にもってこいだと誰もが書いている。これはわたしも身をもって体験したので断言できる。ぬか漬けは腸を喜ばせる。それだけでなく、女性の場合は膣の炎症やトラブルにも効果が期待できる。こんなに便利で美味しいのに身体にもいいなんて一大発明なんじゃなかろうか。なぜもっと注目されないのか不思議なくらいだ。

 

不思議ではない。なぜ注目度が低いかといえばいうまでもなくぬか床の管理が大変だからである。「美味しかった、美味しくなあれ」と毎日せっせとぬか床をかき混ぜては野菜を漬けながら「いうほど大変でもないな」と思っていたが、漬け始めて10日を経て何が大変なのかようやく少しわかってきた。

 

わたしが買ったぬか床容器は2.5Lほどの容量で、糠と野菜1kgずつほどしか入らない。1kgくらいのぬか床は野菜を取り出すたび、かき混ぜるたびにみるみる糠が減る。漬けだして3日ですぐに糠を足しはじめ、すでに1kgくらい追加したのではないかと思う。いまの味に不満はないが、こんなに入れ替え激しくてじっくり熟成する日が来るのだろうか。

 

また少量のぬか床は底が浅く、空気に触れない部分が少ないため、過発酵しやすい。過発酵するとアルコール臭がするし、ぬか漬けが不味くなる。これを防ぐためには塩を増やしてかき混ぜる回数を増やすことだが、塩が増えすぎると塩辛くなるし、かき混ぜる手が荒れる。またかき混ぜすぎると菌が増えない。

 

5kgくらいの容器になるとぬか床が安定するそうだが、これ以上大きくなると冷蔵庫におさまらないので、暑くなると管理が大変になる。そして我が家はマイニングマシンの放熱で半裸で冬を過ごしたほど暖かい。おかげでぬか漬けがどんどん漬かるが、過発酵まで一直線だ。

 

が、この程度の悩みで止める気になれないほどぬか漬けは美味しい。そして尾籠な話で恐縮だけれど、腸と膣の調子もいい。腸の状態は気分を左右するというが、「ぬか漬け食べよう!」と思うときのあの高揚感は腸内細菌の喝采から来るものだろうか。このところぬか床に漬ける野菜を見繕わなければという意気込みで野菜売り場を覗いている。

 

いまは野菜を取り出したあと、数日置きにぬか床をボールへ開け、縁に着いた糠をきれいに洗い落とす。様子を見て塩と煎り糠を足し、よく捏ねて新しい野菜とともに容器に戻している。外出する日やアルコール臭がする日は冷蔵庫に入れる。

 

「人生の危機は歯痛のようだ」とマリラ・カスバートはアン・シャーリーにいった。「痛いときは地獄のように思えるが、痛みが治まっているあいだは人生のこだまを楽しむ余裕があるものだ」と。我が家はいま危機にあるけれど、ぬか床には人生のこだまがある。糠もぬか床も人生も捨てるには惜しい。

お礼と近況報告

お見舞いリストからティムタムと「ミドリムシの力」をたくさん送っていただきました。

本当にありがとうございます。

 

もちおはなんだか突然食事ができなくなって、水も飲めないことが増えてきました。何とかお腹に収めても吐いてしまう。昼夜を問わず身体が痛いと苦しがる。今週薬を変えるために入院して、一昨日帰ってきたところ。

 

よくなるように死に物狂いであれもやってほしいし、これもやってほしいと思うけれど、もちおは死に物狂いで暮らしたくないのでそうはいかない。

もちおはただわたしと何気なく家で普通に暮らしていきたいだけ。

行きたいところも、やりたいことも、ほしいものもとくにない。ただ妻と顔をあわせて話したり笑ったり出掛けたりできる日が一日でも長く続くことだけを望んでいるだけ。

 

春の日差しはうららかで、もちおとわたしはいつものように話をするけど、食べられなくなってからいつも冷たくなった指先に、水も飲めないほどなのに病院へ入院してできることがないという現実に、もちおが重い病に侵されているということを繰り返し思い知らされる。

 

入院も退院も急だったので、先週は仕事をいくつか直前で断った。先方には申し訳ないことをしたけれど、去年自分の裁量で収まる規模に仕事を整理しておいてよかった。

 

「どのくらいの規模で仕事をしたいかによってやるべきことは変わってくる」と知人に言われた。仕事が最優先にできるのは家族が健康でこれといった問題がないときだと思う。一方で、そんなことを言っていられるのは贅沢はできないまでも生活費の心配をしなくて済む状況だからでもあり、あれやこれやで恵まれているなと請求書を見て思う。各種控除で自己負担金は1/10程度だけれど、5日間の入院で90万円近い請求額だった。

 

これから近所に花見にいってきます。

兼松信之支持者の問題 女性専用車両は痴漢を減らすためにあるのではない

身障者優先席は身障者を減らすためにあるわけではない。身障者が公共交通機関を利用しやすくするためにある。

 

券売機の点字点字ブロック視覚障害を減らすためではなく、視覚に障害を持つ人が公共交通機関を利用しやすくするためにある。

 

車椅子利用スペースは車椅子利用者を減らすためにあるのではなく、車椅子利用者が公共交通機関を利用しやすくするためにある。

 

女性専用車両は女性が公共交通機関を利用しやすくするためにある。痴漢を減らすため、車内の性暴力を減らすためにあるのではない。車内の性暴力を含めた数々のハラスメントによって通勤、通学、通院、その他社会生活を送ることが困難な女性たちが公共交通機関を利用しやすくなるように、電車やバスに乗って学校へいき、勤め先で働き、病院で適切な治療を受け、離れた町で暮らす親族や友人知人に会い、買い物をしたり映画を観たり、当たり前の暮らしを送るためにある。

 

女性の性暴力被害は通勤、通学時間帯の公共交通機関の中が圧倒的に多いと、去年の夏に都内で開かれた渡邉葉さん主催のタウンミーティングで学んだ。女性専用車両が通勤、通学の時間帯に増やされているのはこうした犯罪が女性たちの公共交通機関を利用する権利を妨げないよう、いくらかでも軽減できるようにと用意されたものだ。

 

昨日までランドセルを背負っていた子供たちが制服で通学するようになったとたんに下劣で卑劣な大人から的をかけられる。制服の上から撫でるだけではない。服の中に腕を入れる、脱がす、下着に手を入れ、性器に指を挿入し、嫌がって身をよじる子供を四方から囲い込む。声を上げた子供を恫喝する、移った車両へ追いかけてくる、ホームで待ち伏せする、これが少女たちの通学風景である。

 

痴漢に遭ったことがある女性は9割というのは大袈裟な数字ではない。「自分は遭ったことがない」という人に「あなたは10人に1人のラッキーガール」と返していた人がいたが、本当にその通りだ。中学、高校と制服を着て暮らす6年間、一度も痴漢に遭わない日本人女性はラッキーガールなのだ。

 

男性の性暴力被害者ですら一度の被害で同じ場所、同じ状況に身を置くことを恐れる。成人後も体格的にも社会的な立場の点でも不利な女性として、子供だったころにこうした被害に遭った場合、その後にどれだけハンディを負うことになるか、考えてみてほしい。そうした不安に苛まれながら公共交通機関を利用する人があなたの隣にもきっといる。彼女たちは平然とした顔で駅のホームやバス停に立っている。誰彼構わず何が起きたかを逐一話したりはできない。彼女たちは勇気を出して話した仲間がどれほど口汚く罵られてきたかを知っている。

 

言うまでもなく、女性専用車両は性暴力被害者のためのものではない。運賃を支払っていれば誰でも利用できる。身障者席や車椅子利用者席を誰でも利用できるのと同じだ。強行乗車を繰り返す兼松信之とその支持者たちのためにこの制度が改変されることがあってはならない。男性間違えて乗ってしまうこともあるし、女性の連き添いが必要な男性や親子連れもいる。公共交通機関が不安な女性も女性専用車両なら男性に付き添って移動できる場合もある。しかしこれを根拠に男性からの嫌がらせを容認するのは間違いだ。

 

故意に女性専用車両に強行乗車し、車内で盗撮行為を繰り返し、悪意ある編集をして動画を無断で公開し、再生回数を稼ぐような悪質な集団を容認しないでほしい。声をかけてきた女性を恫喝し、降車しろと言い募り、駅員の指示に従わず業務を妨げる集団にしかるべき姿勢で対峙してほしいと心から思う。*1

 

女性専用車両は痴漢を減らすためにあるのではない。痴漢を撲滅するにはすべての人が安心して公共交通機関を利用することを社会全体が心から望むこと、それを故意に妨げる行為を黙認しないという意識が必要だ。

 

視覚、聴覚に障害を持つ人、車椅子利用者、高齢者や身障者、在日外国人にとって公共交通機関の利用はまだまだ敷居が高い。一部の男性にとっては信じがたい話かもしれないが、女性にとってもそれは同じなのだ。女性専用車両を非難するのは優先席を撤去しろ、点字ブロックを撤去して外国語表記をなくせというのと同じだ。

 

女性専用車両を頼りになんとか通勤、通学、通院、その他の日常生活を安心して送る人々にも、その必要がない人々と同様の人権があることを、どうか理解してほしい。

 

兼松信之は山口敬之による暴行、それに関係する様々な不審を訴えている伊藤詩織さんやAV強要被害者、また在日朝鮮人についても侮辱的なツイートを繰り返している。彼の支持者には排外主義的なアカウントが多い。わたしは彼らが国粋主義を謳いながら同じ国籍、同じ民族の女性の苦境すら自分たちへの攻撃だと解釈することに異常さを感じる。女だけの街をゆるさず、男のいる街で電車やバスでの安全すら贅沢だというなら、いったいどうやって社会を作っていくつもりだろう。

 

*1:女性専用車両を攻撃する動画はyoutubeに山ほどある。泣き叫ぶ女性の手首を掴み、延々と絡み続けるもの、声の限りに恫喝するもの、女性の駅員の指示に長々反論し続けるものなど悪質なものが多い。何度かアカウント削除を食らったものもあるが、すぐに復活している。youtube規約が変わり、広告制限がかかって何よりである。