読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミニストップでひとやすみなポリ袋サイズエコバッグ

家にいた

ミニストップでソフトクリームをコーンで2本買って、もちおと二人で車で食べることを楽しみにしていた頃があった。ソフトクリームをひとりで2本買うと、コーンを箱に刺してビニール袋に入れて渡される。この袋を断れないかと思って同じサイズのエコバッグを作ってみた。*1

袋が折られている通りに布を折り、ビニールを重ねて一回り大きく切る。

開くとこんな感じ。

端にジグザグミシンをかける。

紐をつける。この両サイドを内側に折るとコンビニ袋に変身する。

こんな感じ。牛乳パックは横に倒すとすっぽり入る。意外に大容量。

作ってみてわかったけれど、さすがにコンビニやスーパーの袋は日用品にジャストサイズで使い勝手がいい。トートバッグを作るならちょうどいいサイズの紙袋を型紙にするといいと聞いたことがあるけれど、ビニール袋をエコバッグの型紙にするのもご便利でしてよ。

 

畳むとこのくらい。

左のエコバッグは三越のノベルティでハロッズのエコバッグ。便利で便利で手放せない。一度紛失してオークションで再入手した。このエコバッグの中にも小さく畳んだコンビニのポリ袋をひとつ入れている。先日温泉で赤ちゃんのおむつを捨てるビニールを忘れておろおろしているおかあさんに差し上げて喜ばれた。おばちゃん力、上がった感あった。

 

ということで、ラストダンスはわたしに的なコンビニの話題に、誘惑の甘い罠、ミニストップも入れてほしいなと思いました。以上です。

セブンイレブンを想いながらファミリーマートに抱かれる - 真顔日記 

kutabirehateko.hateblo.jp

*1:作ったのは2年前。

ナコルルを通して知ったこと

弱者と強者に思うこと

ゲームマナーとヘイトスピーチのことでご相談させていただいている方から、「必ず目を通してください」とメール添付された資料をプリントアウトして読んでいる。A4で47枚。新聞や書籍、中には国立国会図書館経由の資料もあった。ナコルルアイヌ問題、根が深いのね。

 

その資料の中に京都府在住のアイヌ民族研究家、チュプシセコルさんがナコルルの成人向け同人誌、ようするにナコルル同人ポルノの問題を指摘した記述があった。ナコルルと妹のリムルルは薄い本の中でずいぶんな扱いを受けている。「大自然」をキーワードにしたのか、熊を相手にした獣姦ものなどもあるという。

 

「(前略)大阪の人権博物館にもこの前同じ話して、この手の漫画を資料として収集しませんかと言ってあるけど。だって、被差別部落とか朝鮮とかを対象にしたこんな漫画は絶対にあり得ないもの。これは出したらあかんと誰でも思ってるし、例えば、アンネ・フランクが日本の男性と抱き合っていて、いいわ、なんて言ってる漫画描いたら、それこそとんでもないことになるよ。それをアイヌでやってるわけやから」

 

アイヌ、いまに生きる  西浦宏己 p120

 

この手のポルノの書き手は意図的にアイヌの人権を侵害してやれと思っているわけではなく、ただ無邪気にスケベ漫画を描いて仲間内の反応を楽しんでいるのだと思う。日本人のヒロインも獣姦漫画に登場することはある。ある意味で平等、公平にナコルルリムルルも薄い本の被害に遭っている。

 

問題は、もしかしたらこのようなポルノそのもの以上に、和人がアイヌを辱める創作活動を楽しむことがどれほど深刻な差別なのか、作り手がわかっていないということだ。ナコルルが好きだから薄い本にもなっているのだ、自分たちはアイヌを愛しているのだといわれても、アイヌの側は同胞の少女を無残に弄ぶ卑猥な創作物を名誉に思うわけがない。

 

チュプシセコルさんがおっしゃるように、差別構造の自覚がある人は被差別者を辱めるような創作活動を慎む。ドイツ人はユダヤ人の少女を弄ぶポルノをもって、これはユダヤ人への好意だと主張しないだろう。しかしドイツの同盟国であった日本人がアンネ・フランクを薄い本のヒロインとすることのどこが問題かわかる人は、これまで考えていたよりずっと少ないんじゃないかと今回の件で思うようになった。

 

ヘイトスピーチ関係の本を探しにJR博多cityの丸善へいった。書棚の最下段に数冊、背表紙にヘイトスピーチと書かれた本が並んでいた。上段には目に付くように表紙をこちらに向けた嫌韓本がずらりと並んでいた。小学校を襲撃され、商店を襲撃され、チョゴリを切られ、ネットで粘着され、国会議員まで尻馬に乗るこの在日朝鮮人差別の苛烈さに、当事者と支持者はどう抗するかという本の上に、朝鮮、韓国を誹謗中傷するメッセージをでかでかと書いた本が並ぶ。この国に生きる在日朝鮮人の方々はどんな気持ちでこのコーナーに立つだろう。

 

「また頭のおかしい国粋主義者が変な本出してるなあ」と眉をひそめるくらいで自分には関係ないと思っていたけれど、叩かれている側からすれば、わたしもこういう風潮を容認している呑気なマジョリティの一人だったのだなとようやく気がついた。知らないでいいってことないわ。知っておいた方がいいわ。

 

kutabirehateko.hateblo.jp

 

ヘイトスピーチとは「弱いものいじめ」のことではない

弱者と強者に思うこと

最近、いわゆる反差別の人たちと話していて、ちょっとわたしと考えが違うなと思うことがあったので、書いておく。

 

わたしはヘイトスピーチを強者から弱者へのもの、要するに「弱い者いじめ」と解釈していない。実際wikipediaヘイトスピーチの項目には「人種、出身国、宗教、性的指向、性別、障害などに基づいて個人または集団を攻撃、脅迫、侮辱する発言や言動のこと」とあり、マジョリティからマイノリティに対するものと限定していない。

 

「大国や多数派は属性ごと忌避し、断罪してよい、ときに激しい攻撃や糾弾することさえ正義で、少数派に対しては無意識のものもふくめていっさいの攻撃はゆるされない」というなら、これは歴然とした差別だ。多数派を構成するのは少数派同様、ひとりの人間にすぎない。大国に生まれたこと、多数派に属す生理的、文化的な特徴をもっているというだけで、個人の尊厳を踏みにじられてよいわけがない。マイノリティ同様、マジョリティも一枚岩ではない。

 

グレン・サヴァンの小説「 ぼくの美しい人だから」には白人女性のノーラがユダヤ人の祭りハヌッカに招かれ、「白人は反セム系だ」という話を聞かされる場面がある。ノーラ以外のメンバーは全員ユダヤ人。彼らにとって白人社会のユダヤ人排斥主義はいつもの話題で、年寄りはとくに寄ると触るとその話題で怒りを顕わにしている。ノーラはこの話題にちょっとした質問をする。少し長いけれど、考えさせられる場面なので引用する。

 

「そうすると、あなたの考えでは、この国でユダヤ人を憎まない人ってどんな人?」
ホラウィッツ氏*1は少し考慮をはらった。「ユダヤ人だ」
「ユダヤ人の一部だよ」と、ホラウィッツ*2が訂正した。
「それなら、わたしを反セム派だと思っているのね」と、彼女はいった。
 ノーラがとくに非難するでもなく、さらりといってのけたせいか、一同が反応するのに少し間があいた。が、その意味が浸透するのに時間はかからなかった。ホラウィッツ氏がきまじめな顔で彼女を見た。
「冗談にもそういうことは口にすべきではないな」と、彼がいいきかせた。「ここにいる者は誰も、遠回しにもそんなことはいっておらんのに」
 ノーラは笑った。「だって、そうじゃない?あなたがいまいったのよ。ユダヤ人じゃない人間はユダヤ人が嫌いなはずだって。ね?わたしはユダヤ系じゃないから」
 (中略)
 みずから蒔いた種で立ち往生したホラウィッツ氏はため息をつき、しばし目をつぶってから、品定めをするようにノーラを眺めた。「いいだろう」と、彼はいった。「きみはユダヤ人を憎んでいるのかね?」
 ノーラが笑った。「そうね、マックス*3はわたしが憎んでいると思っているかもしれない」といって、ふざけるように彼に肩をぶつけた。「でも、マックスに非難されるまでは反セムなんていう言葉があることも知らなかったのよ、わたし」

 

ぼくの美しい人だから 344~346頁

 

LGBT関係の用語に「アライ」とよばれるものがある。これはLGBT当事者ではないがLGBTを支持する人たちのことだ。

石壁に百合の花咲くで全世界のLGBTニュースを更新し続けているみやきちさんは、ゲイを激しく糾弾するホモフォビアを舌鋒鋭く批判し続けている。けれども「非LGBTはみんな馬鹿」といった書き方はけしてしない。非LGBTにはLGBTとともに戦うアライもいるからだ。

 

わたしは男社会の構造を支持しない。女性に対して男性ならではの不愉快で失礼な態度をとる人は大勢いる。こういう人が一日も早く生き方を改めてくれることを心から期待している。しかし男性という性そのものは女性の性と同様尊重されるべきだと信じている。いうまでもなくフェミニストには男性もいるし、男社会を支持しているのは男性だけではない。

 

あらゆる場面でマジョリティとして万全の後ろ盾を持つ人はいない。「マイノリティを虐げ、あるいは踏みつけていることに気づかないマジョリティどもが、いつか完全にマイノリティに屈する日が来ますように」と望むなら、それは互いに尊重しあうフェアな社会の到来ではなく、クーデターによって差別構造を逆転させることを願っているにすぎない。わたしは嫌だな、そんな社会。

 

いうまでもなく相互の力関係は配慮する必要がある。マジョリティからマイノリティへの攻撃をマイノリティからマジョリティへのそれと同等に考えることはできない。「お父さんなんか死んじゃえ」という子供と、「おまえなんか死んでしまえ」という父親を同列に語ることができないのと同じだ。しかし一律「親」と「子」で括ってしまうと、「親」に老齢や体力、資力の問題で子供のいうなりにならざるをえない人が含まれること、「子」に成人して親に大きな影響力を持つ立場にある人間がいることを見落としてしまう。属性を理解することは現実認識を助けるけれど、個人を属性で括って物事を判断しようとすると見誤ることがたくさんある。

 

ひらたく考えても、「マジョリティはぼこぼこにしてもいい」と思っているマイノリティを支持したいとは思うマジョリティは、マジョリティとしての罪の意識に囚われた人か、自分を名誉マイノリティだと思っている人だけじゃないだろうか。これでは連帯を強めるどころか分断をすすめるだけだ。

 

わたしは個人として自分に失礼な態度を取る人をゆるさない。そういう態度は非難してしかるべきだと思っている。でもそういう人を非難するときに、たまたま失礼な人と同じ属性を持つ人を巻き込んで、「だから○○は!」とぎゃーぎゃー言わないようにという注意はしているつもり。坊主と袈裟の区別は大切。わたしも巻き込まれたくないからね。

kutabirehateko.hateblo.jp

 

*1:主人公マックスの友人の父親。ユダヤ人

*2:ホラウィッツ氏の息子でマックスの幼馴染み

*3:主人公でノーラの恋人。ユダヤ人

昭和の女が作るポップアップメッセージカード 熨斗つき、その他

web日記 愛とか

机用の椅子を買った。うれしくて深夜までお見舞いのお礼カードを作っていた。*1

f:id:kutabirehateko:20160920162507j:plain

 

リボン仕様ネイルシールがこれでなくなったので違うタイプのカードを考えた。

f:id:kutabirehateko:20160920162512j:plain

 

和紙のシールとお猿。このお猿、とってもかわいい。

f:id:kutabirehateko:20160920163159j:plain

 

ごんぎつね。熨斗つきの箱に粗品を同封。どうやったかは届いてからのお楽しみ。

f:id:kutabirehateko:20160920160918j:plain

 

鳥シールも和紙シールもなくなったのでお花とふくろう。

f:id:kutabirehateko:20160920162526j:plain

 

入園祝いっぽい。

f:id:kutabirehateko:20160920162531j:plain

鳥シール、ニューバージョン。リボンが荷紐風。 

これで住所のわかる方へのお礼は書き終えたはず。まだお礼が届いてない方は今週いっぱいお待ちください。来週になっても届かなかった方、紫の薔薇の人として遠くから感謝の気持ちを送ります。いちばん辛かったころ支えてくださったみなさん、本当にありがとうございました。いただいた猶予の時間を大切に暮らしていきます。

 

手紙を書きたくなったら」は紙の手紙の楽しさを綴ったエッセイ。ディック・ブルーナに会うために木下さんが画策して野望を達成した話と、郵政省の取材が面白かった。

kutabirehateko.hateblo.jp

*1:はがきにカッターを入れるところがいちばん面倒なんだけれども、今回はそこをもちおがやってくれたので一気に片付いた。

フンべシスターズのライブへいく ~十六夜~ アイヌ音楽をあなたへ

外に出る 弱者と強者に思うこと web日記

イショロレ~。*1歌って踊って鳴らして語るアイヌ民族トリオ、フンべシスターズのライブへいってきました。スマホを車に忘れてきたので画像はない。前半はこちら。

kutabirehateko.hateblo.jp

昼のムックリワークショップを終え、夜の平塚川添遺跡公園に戻ると広々とした駐車場は車でいっぱい。中庭の屋外ステージにはざっと100人ほどのひとが集まっていました。ワークショップのときに見かけたキャンドルに紙を巻いた手作り灯篭が道中足元を照らし、会場ではステージと客席をぐるりと囲んでぼんやり輝いている。スタッフの方々がみなさん微笑をたやさず親切で、このキャンドルもスタッフの方々が用意されたのだろうなあと手作りライブのあたたかさを感じた。

 

ちなみに川添遺跡公園は、弥生時代中期から古墳時代初頭にかけての邪馬台国の暮らしを再現した実物大の住居や倉庫が広い敷地に点在する。レキシが「狩りから稲作へ feat. 足軽先生・東インド貿易会社マン」で「高床式!ねずみがえし!」と歌っているアレです。

福岡県朝倉市「平塚川添遺跡公園」!Vol.1 ぶらり散策紀行 /ウェブリブログ

しかし我々はそんなことはつゆ知らず、ワークショップのあとはイオンへいってニトリのソファなど眺めていたのであった。大失敗。

 

アイヌ民族衣装にみられる和人との交流

さて、「イショロレ~」という挨拶とともにヤキフンベさん、ケネフンベさん、ノコロフンベさんとその息子さんがアイヌの民族衣装で登場。フンべシスターズは帯のない対丈の着物のような衣装にマタンブシと呼ばれるターバンを巻き、息子さんは陣羽織に手甲と脚絆。それぞれアイヌ独特の図案が刺繍されている。

 

会場から「刺繍の模様には意味がありますか」という質問が出たけれど、衣装の刺繍はおばあさまから受け継いだ模様だということで、意味があるのかどうかはわからなかった。(手甲や脚絆の刺繍には魔物が入らないようにと魔除けの意味があるそうです。)和服は麻の葉、よろけ縞といった反物ごとに人気のある伝統的なパターンがあるけれど、アイヌは無地の布を接いだり、刺繍をしたりして衣装を完成させるようで、より家ごと、集落ごとの特徴が出るみたい。

 

ちなみにこの衣装は和人の着物から作っていたそうで、いわゆる小千谷ちぢみなど、ちぢみから変化して「チヂリ」と呼ばれている。(と、暗闇で書いたメモに残っているけれど、いまアイヌ語辞典を見たら確認できなかった。)和人の文化とアイヌ文化、日本語とアイヌ語は互いに影響しあっている。もちろんアイヌ模様は和服にも影響したみたい。なんでもかんでも着物の柄にしちゃう大正時代の乙女らが放っておくわけがない。

和服に使われたアイヌ文様の謎 – 独学北方文化

 

少し前にUNIQLOイスラム教徒の女性向けファッションを展開することになったが、和人がアイヌとその文化を尊重し、敬意を払う歴史をもっていたら、いまごろUNIQLO無印良品アイヌがデザインしたアイヌ衣装のラインナップがあったかもしれない。

UNIQLO x Hana Tajima Interview - YouTube

 

インテリアショップやインテリア雑誌にも欧風、アメリカンテイスト、アジアンテイストと並んでアイヌ調家具とインテリアが出ただろう。マリメッコみたいな人気ブランドが世界を席巻していたかもしれない。と、思ったけど、これから出てもいいんだよね。そういうお店が。なんちゃってじゃなく、アイヌが企画制作に携わったもの、お土産品としてじゃなく生活品、日用品としてのアイヌデザインが手に入る日がくるといいな。

ミニマルな文様がイケてる!アイヌ民族衣装 - NAVER まとめ

 

ウポポとヤイサマ

アイヌ語でウポポは歌、ヤイサマは抒情詩だそうです。

 

アイヌ、歌がほんとにすきだな!

 

労働歌、豊作を祝う歌みたいなのは民謡あるあるという気がする。しかしアイヌはなんでもかんでも歌にして、いつでもどこでも歌っていたようで、反物を広げてキャッキャウフフするお嬢さんの歌とか、和人が踏み臼を踏んでいる様子を見て作った歌とか、日常の何気ないことを歌にしたものがたくさんあった。お酒を作って、飲んで、酔って、くだをまくまで段階ごとに7曲も歌がある。たぶんこの文化がいまも盛んならポケモンGOをする若者の様子を歌った歌とか、Twitterで揉めた歌とかすぐ出てきたと思う。

 

しかも今回のセットリストは十勝独特のものが中心だそうなので、全土では文字通り数えきれない歌があったのだと思う。わたしは60のゆりかご というアイヌの子守歌がすきなんだけど、アイヌの子守歌は家ごとにフチ(ばあちゃん)に教わるそうで、実姉妹のヤキフンベさんとケネフンベさんは違う子守歌を別のばあちゃんから教わっている。子守歌だけでだいぶありそう。

 

・クサナンテ 山にいる夫に熊が迫っていることを麓でウバユリを摘む妻が知らせる歌

・シチェチェチェイナ 種まきと収穫、豊作を祈願した踊り

・エリリムセ 粟まきの様子を模した豊年祈願の歌と踊り

・フミウス フミウスは文字通り踏み臼で、和人が踏み臼を使う様子から作った歌と踊り

・酒つくりの歌 シントコを祭壇からおろす歌 →酒をこす歌 →酒粕(シラリ)が出始めたときの歌 →こし終わったザルを躍らせる歌 →女性が酒を男性に渡す歌 →飲んで酔ったときの歌 →酔ってしゅんとした酔っ払いがあれこれ語りだす歌

・ノコロフンベさんのおばあさまが残した抒情詩

・トカチの歌 メドレー

・イフンケ 子守歌

・クモのオイナ 叙事詩youtubeで聞ける。

www.youtube.com

このほかケネフンベさんのムックリ演奏とノコロフンベさんの息子さん(イケメン)による弓の舞があった。

 

アンコールでは呼びかけに応じた観客とフンべシスターズのみなさんで、歌いながら輪になって踊った。「これは、いかないけんやろ」と数時間前ムックリに目覚めたもちおが力強くいうので、わたしたちも輪になって踊った。

 

歌とことば

わたしの人生でもっとも輪になって踊った曲は「炭坑節」だ。かつて町のどこからでも見えた香春岳は炭鉱の町、筑豊の象徴だった。石灰採掘ですっかりすり減ってしまった香春岳。子供の頃は運動会になるとまいかい無理やり炭鉱節を踊らされるのが嫌だった。でもいまになって、炭鉱で働くため全国から人がやってきたあの寄せ集めの町で、炭坑節はそこで働く大人と、そこで生まれ育った子供たちにとって、ただの流行歌ではなかったのだとわかる。東京へ出て盆踊りに炭坑節が流れているのを見てびっくりした。わたしたちの歌がこんなところで使われているなんて、と思った。

 

「明治に入って、大勢の和人の方が北海道へ入植されて」

アイヌは和人のもとへ、アルバイトにいったんですね」

ノコロフンベさんは歌の背景を説明するときそんな風に語った。アイヌと和人のあいだに何が起きたかを知らなかったら、わたしはいまもこの言葉をどこまでも続く大地で牧歌的に暮らすアイヌと入植者というイメージでしか想像できなかったと思う。

 

「私はアイヌ語を話せません。祖母がアイヌ語を話せることも知りませんでした。祖母は私の前で一度もアイヌ語で話すことがなかったからです。祖母は、きっとわたしがみなさんと同じように育つことを望んでいたのだと思います」

「けれどもある日、いとこの家にいったら、祖母が残した歌のカセットテープが大量に出てきたんですね。『ばあちゃん、アイヌ語話せたんだ!』ってびっくりして。それから一生懸命練習して、覚えて、こうしてみなさんの前で歌うようになりました」

アイヌ語の名前はありません。でもいまは若い人がアイヌ語の名前を子供につけることがあります。『ミナ』とか『サク』とか。ミナは笑うという意味です」

 

「共に大自然に立ち向かう入植者とアイヌ」というイメージを固定化したままこういったお話をうかがっていたら、「なぜおばあさまはアイヌ語を教えなかったんだろう。『国際化に向けて英語が話せる方が有利』みたいな感覚かな」とか「古風な名前を嫌がるのはかつてのアイヌも現代の和人も同じなのねえ」とか、とんちんかんなことを考えて、そこからさらに飛躍した論理を組み立てていたかもしれない。

 

その言葉を話せると知られることが、どの民族かを名前で知られることが、直接身の危険につながるような世界で、孫ではなくテープレコーダーにむかってひっそり子守歌を歌うひとりのアイヌ女性のことを思う。

 

炭坑節を歌うことが禁止され、知られたら何をされても仕方ないという世界だったら、自分の人生はどんな風だっただろう。あの町に寄せ集まった人たちは何で繋がっていっただろう。id:say-01さんのこの言葉を思い出した。

 

say-01

say-01 オケラとの暮らし CommentsAdd Starkutabirehateko (green)a-cup-of-snow16dominique1228

部落差別については子供の頃大人たちからエセ同和の話ばかり聞かされていたこともあって「寝た子を起こすな」がなぜダメなのかよくはわかっていなかった。学校で見せられた同和教育ビデオは同情を煽ろうとするひどいものだった。
数年前に同和活動家の方にお会いして、どういう活動をされているか聞く機会があった。
「私たちは地域の子供達に、古くから土地に伝わる歌や遊びを教えています。マジョリティに紛れてわからないように暮らしていこうとすれば、これらの文化は失われてしまうのです」
ハッとした。
その土地独自のわらべ唄を大事に受け継いでいきたい気持ちって、理解できるはずじゃん。
私は私の出身地の文化を破棄することも守ることも自分の意思でできるのに、同和地区の人には選択権を与えず破棄しろと言っているに等しかった。

 

知ることは偏見に対する武器

会場の出口にアイヌ文化振興研究推進機構から出された「アイヌ民族 歴史と現在」という冊子があった。小学校高学年向けの教科書のような、絵や図が豊富で読みやすいものだった。手に取った60代くらいの女性が「縄文文化のあとに、アイヌ文化があったのね!知らなかったわ」といった。

 

オホーツク文化も聞いたことがないわ。学校で教わらないものね。こういうの、いけないわよね。沖縄の人のことも、教わらないから、知らないのよね」

「そうですよね。わたしも知らないことだらけなんですよ」

わたしは「アイヌ文化振興研究推進機構」とメモを取りながらこたえた。

 

「知らなければ差別と無縁でいられる」「差別の歴史を知ることは偏見の助長になる」と思っている人がいる。これは間違いだ。イノセントであるとは差別と無縁でいられることの保証にならない。真実を知らない人はしばしば容易にデマに踊らされ、善意から不当な差別構造に加担して、それに気づかない。

 

固有の歴史と文化を完璧に理解してからでなければ、その民族の人を尊重できないと思うのも間違いだ。どこの国のどんな人にもしてはいけないことがある。しかし知らないままでいると、空気のように蔓延するデマと偏見が思考力を鈍らせる。そして、一定の条件のもとでなら無礼で不躾なふるまいもゆるされる、ときに無情で残酷な行為すら正当化できると思わせることになる。

 

一度のライブでひとつの民族を完璧に理解なんてできるわけがない。けれども、わたしともちおは帰りの車のなかで、いままで自分たちがどれほど視野が狭く無知であったかを大いに恥じ、今後どう生きるべきかについて、長々と語り合ったのであった。歴史的な背景を抜きにしてもアイヌ文様はナイスだし、ムックリびょんびょんは不思議な魅力がある。*2その文化を生み出し、受け継いでいる民族に敬意を払うためにも、もっとたくさんのことを知りたいと思った。

 

kutabirehateko.hateblo.jp

*1:イショロレというのはトカチ地方のアイヌの挨拶だそうです。

*2:シチリア系らしいけれど、ゴッドファーザー3にも口琴は出てくるそうですよ。